”薬”にたよるということはどこまでいっても”うそ”をつくことになります

DSC_0661[1]
(本文とは関係ありません)


==============================引用はじめ

BS朝日収録ヘリウムガス 少女意識不明に
< 2015年2月4日 18:53 >

 テレビ朝日は4日午後、緊急の記者会見を開き、BS朝日の収録でアイドルグループの女の子がヘリウムガスを吸って一時、意識不明になっていたことを明らかにした。

 テレビ朝日は会見の中で、BS朝日で放送している「3B juniorの星くず商事」の中で出演者で、アイドルグループ「3B junior」のメンバーの1人の女の子(12)がヘリウムガスを吸って一時意識不明になったことを明らかにした。

 先月28日に、5人1組でヘリウムガスが入った声を変える市販のパーティーグッズを使ったゲームを行っていた際、メンバーの女の子が突然倒れ、意識を失ったという。意識は現在も十分に戻っていないという。

 テレビ朝日によると、メンバーの女の子を診断した医師は「ヘリウムを一気に吸ったことが意識を失ったことの直接の原因であるとは断定できない」と話しているという。

 警視庁は今後、業務上過失傷害の可能性もあるとみて捜査を進めることにしている。

==============================引用終わり

昔からあるおもちゃですが、
このお正月あたりでも、まだテレビでやってた!!
これ私もヤバイと思ってました。


テレビ朝日によると、メンバーの女の子を診断した医師は「ヘリウムを一気に吸ったことが意識を失ったことの直接の原因であるとは断定できない」と話しているという。

じゃあ原因はなんなんだよ!!


風船用ではヘリウム100%らしいですが、
パーティー用では酸素が混ぜてあるといっても、
テレビで使って見せるなんていうことは、やるべきではないです。

実際、事故は多発しているみたいだし、
ネットでは自殺用にヘリウムが使えるというサイトがたくさんあります。

ムトーハップとかは禁止にするくせに、
テレビではこういう映像垂れ流しとは?、神経を疑います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



==============================引用はじめ
てんかん薬で4人死亡=用量守らず、
注意喚起指示―厚労省

時事通信 2月4日(水)20時26分配信

 厚生労働省は4日、抗てんかん薬「ラミクタール錠」(一般名ラモトリギン)を投与されるなどした患者4人が重い皮膚障害を発症し、死亡したと発表した。いずれも定められた用法・用量を超えており、製造販売元のグラクソ・スミスクライン(東京)に対し、添付文書の改訂と医療機関への速やかな注意喚起を指示した。
 同省によると、4人は40~80代で、昨年9~12月に死亡。複数の医療機関で、規定の倍の量を投与されたり、定められた間隔を空けずに増量されたりしていた。 
===============================引用終わり

ラミクタール錠で重篤な皮膚障害?
ただの薬疹とは違う死亡率の高い
スティーブンス・ジョンソン症候群かも?

http://matome.naver.jp/odai/2139512533059408701

ラミクタールって、てんかん薬と書いてありますが、
うつ病にも使われているらしいです。
てんかんの薬が5万5000人にも使われているって、どういうことでしょう?

それに皮膚障害といえば、
普通の感覚だと子どものアトピーのようなものか
虫さされのようなものかと想像すると思いますが、
スティーブンス・ジョンソン症候群や、ライエル症候群だとすると、
命にかかわるたいへんな症状です。

スティーブンス・ジョンソン症候群は誤診も多いといいますから、
ラミクタールの使用と副作用の関係について
正しい実態が、つかめているとは到底思えません。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


日本のお姉さまたちには、それほど有名ではない元自転車競技選手ですが、
この人わかりやすいから記事にしています。

================================引用はじめ
アームストロング氏、自動車事故を起こすも
恋人が身代わりに 米報道


AFP=時事 2月4日(水)14時43分配信

【AFP=時事】自転車競技からの永久追放処分を受けたランス・アームストロング(Lance Armstrong)氏が、飲酒運転で事故を起こした上に、同行していた恋人が身代わりとなって罪をかぶっていたことが3日、米メディアの報道で明らかになった。

img_d47ef7f2ad6eb352ee318c3e8cef3b66222653[1]

永久追放のアームストロング氏、「再び違反行為をするだろう」

 アームストロング氏は昨年12月、米コロラド(Colorado)州アスペン(Aspen)で恋人のアンナ・ハンセン(Anna Hansen)さんと酒を飲むなどして一晩遊んだあと、駐車中の2台の車に突っ込んだ。

 そのときの警察の事情聴取に対し、ハンセンさんはハンドルを握っていたのは自分だと話していた。ところが、現地紙デンバー・ポスト(Denver Post)によると、ハンセンさんはその後、警察に運転していたのはアームストロング氏だと認めたという。

 昨年12月28日に事件を最初に報じたアスペン・デーリー・ニューズ(Aspen Daily News)紙によれば、ハンセンさんは、アームストロング氏が飲酒運転で事故を起こしたことが明らかになれば大騒ぎになると考え、うそをついたとしている。

 状況が明らかになったことを受け、ハンセンさんを対象に切られていた2枚の違反切符は、今年1月12日にアームストロング氏のものに変更されたという。

 デンバー・ポストは、アームストロング氏が報告義務違反と速度超過の罪に問われ、最大で禁錮90日および罰金300ドル(約3万5000円)の刑に科される可能性があると伝えている。

 アームストロング氏は2012年に、米国反ドーピング機関(USADA)からツール・ド・フランス(Tour de France)のすべてのタイトルのはく奪と、競技からの永久追放を言い渡されている。

 アームストロング氏はその後、オプラ・ウィンフリー(Oprah Winfrey)氏が司会を務める米トーク番組に出演し、ドーピングを行っていたことを正式に告白した。【翻訳編集】 AFPBB News

==============================引用終わり



アームストロング氏は
病気の治療に薬を使い、それで味をしめてドーピングがやめられなくなってしまい。
薬物依存、アルコール依存にもなっていたようです。

それから20代でがんになって、治療をし、
アームストロング財団というがん患者のための、慈善団体を作り、
製薬会社の広告塔を務めます。

その後ドーピングをやっていたと告白します。
当然永久追放。

ですが・・・当然といえば当然ですが、その後も行動がおかしいです。

=================================引用はじめ
2013*01*20 Sun
08:57
ランス・アームストロングがドーピングをして
一番得をしたのは誰か


http://aoamanatu.blog.fc2.com/blog-entry-438.html

「ただ勝ちたかっただけ、病気の治療の時にそもそも使ったことで、その味をしめてしまい、後はもう流れだった。癖になり離れることができなくなってしまった。ほとんど中毒状態だった。ドーピングと勝利はワンセットになっていたんだ。」

病気したあとさらに自分勝手になっていった。今思えばとても自分勝手だったと思う。


=============================引用終わり

日本の人気アスリートでも、病気の人が多いですよね。
そして、ドーピングに使えそうな薬を使用していますよね。
若いのに怪我だとか病気と縁が切れない人がいますよね。

処方薬であっても、いったん依存してしまうと、
立ち直るのがむずかしいといえるのではないでしょうか。

narukis[1]
現実を見ないで、他人の評価(水に映った自分の姿)ばかり気にしている人って多くないですか?
こういう人は、付き合いにくい


依存症の人は、自分にウソをついているんです。
それは処方薬物であろうがアルコールであろうが糖質であろうが・・・
・・・少なくても私の知っている人たちは同じです。
自分にウソをついているから、他人にもウソをつきます。
大切な人(大切な事実)、が見えていません。

まるで、うどんのようにつかみどころが無くて、
箸の先からするすると滑り落ちてしまう・・・そういう人いますよね。
そうして最後には、自分自身の依存症と
人間関係で、苦労することになります。

スポンサーサイト

コメント

はじめまして

とても勉強になるブログだと拝見させていただいております。主人を肺癌で亡くした経験があり、そのご縁でガン友も沢山出来ました。主人は見つかった時点で転移もあり、余命半年、手術は出来ず抗がん剤治療でした。半年は効果も見られ元気でしたが、その後はどんどん治療も辛くなり、苦しみながら亡くなりましたので、ホスピスにすれば良かったと
いつまでも抗がん剤治療を続けた主治医にも抗がん剤にも疑問ですし自分の無知にも後悔しております。
ただ、ガン友や親類には、末期と言われたり、手術や抗がん剤治療しても長生きしている人も沢山おり、また、早期と言われても、すぐ転移再発して早く亡くなる人もいて、この違いは何だろう?と思います。また私の父親はヘビースモーカーでしたが、高血圧や軽い糖尿はありましたがガンとは無縁で93才で老衰で亡くなりました。父親はとてもリンゴと緑茶が好きで、その効果も?とも思うのですが、父親やガンでも長生きしてる人を見ていますと、性格がポジティブでくよくよせず、あっけらかんとしていますので、そういう面も免疫力アップに良かったのかな?とも思います。また私は主人を亡くした事で色々悩みうつ病になってしまい、精神科のお世話になりましたが、3年経っても改善が見られず、処方薬でボーっとしたり、睡眠薬に頼るようになってしまい、これではいけない!自分で治さなければ!と、自分の考えで薬をどんどん減らし、パートに出たり、趣味を楽しむ事に目を向け、病気の事を考えず「病と縁を切る」と強く念じていたら、何とか治る事が出来ました。もし、ずっと病院通いをしていたら、どんどん悪くなる一方だったと思います。結局は病院はお金儲けで、本当に患者を治すなんて考えてない、とつくづく実感しました。

  • 2015/02/06 (Fri) 11:57
  • あや #AaV8bHlE
  • URL
No title

あやさん、

体験談をありがとうございます。
きっと皆さんの参考になると思います。

ご主人様は、残念なことでしたね。

>父親やガンでも長生きしてる人を見ていますと、性格がポジティブでくよくよせず、あっけらかんとしていますので、そういう面も免疫力アップに良かったのかな?とも思います。

そうかもしれないと私も思います。

あやさん自身が、うつ病が治ってよかったです。

私もリラックスするようにし、
好きなことをしていいんだよと自分に言い聞かせていたら、
パニック発作は起きていません。

お互い長生きしましょうね。

  • 2015/02/06 (Fri) 14:52
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
ありがとうございます

丁寧なお返事、ありがとうございます。うつ病の時はマイナス思考の固まりで、体調もあちこち悪く、それを心配する、ストレスがたまる、体調が悪くなる、のまさにグルグル悪循環でした。うつ病で入院の経験のある知り合いも、入院している時、このままでは治らない、と、薬をこっそり吐き出したりして強引に退院したら、治ったそうです。彼女の口癖は「医者は信用出来ない」

どんな病気も、病気になったのは自分ですから、自分が治す!という意志が一番大切だと思います。

  • 2015/02/06 (Fri) 20:22
  • あや #AaV8bHlE
  • URL
No title

あやさん、

>どんな病気も、病気になったのは自分ですから、自分が治す!という意志が一番大切だと思います。
私もそう思います。

  • 2015/02/07 (Sat) 12:47
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
勉強させていただいております

はじめまして
田中研一と申します
今後とも宜しくお願い申し上げます
衣食同源といいますが
病院を観察すると解りますが
スタートが間違っております
食事とは必要とされる栄養素と
思われがちですが
老廃物を出す(運ぶ)ものです
洗濯機のすすぎ洗いです
スーパーの店頭をはじめとした
作られた食材には100%薬が入っています
防腐剤です
これを出すのが『食物』です
医者は先ず始めに
『何故この症状?』と疑うべきですが
「罹ったなら治しましょう」から始めます
直る訳がない
『因』が判らないからです
私は高校当時と同じ体形です
背は2センチほど縮まりましたが
平熱は36,9度です



貴方こそ医者になるべきでした。

  • 2015/02/11 (Wed) 09:28
  • ハシビロコウ・ウナ #-
  • URL
No title

ハシビロコウ・ウナさん、

コメントありがとうございます。
励みになります。

こちらこそよろしくお願いします。

>老廃物を出す(運ぶ)ものです
洗濯機のすすぎ洗いです

なるほど!!

私も、食事とは、
”新陳代謝”に必要なものと思っています。


>私は高校当時と同じ体形です
背は2センチほど縮まりましたが
平熱は36,9度です

すばらしいですね。

ブログの方の、健康についてのご意見も
共感できる部分があります。

  • 2015/02/11 (Wed) 13:41
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する