子どもへの虐待がいけないのは子どもが死ぬからではありません、時として国家をも転覆させられかねないようなモンスターを生み出すから問題なのです。



top[1]

曾野綾子のヘイトスピーチがあまりにもひどいです。
朝日新聞もこれは無視できなかったようで、記事になってましたが、
産経新聞も曾野綾子と同罪でしょうね。

こちらのブログにわかりやすく書いてあったので、
コピーを貼ります。

http://yuzawaheiwa.blogspot.com/2015/02/blog-post_32.html

曽野綾子氏の人種隔離容認に非難が集中
2015年2月15日日曜日

===========================引用はじめ

 作家の曽野綾子氏が、産経新聞に毎週水曜日連載の「透明な歳月の光」第629回「労働力不足と移民」で、“「適度な距離」保ち受入を”と題して、高齢者の介護のための人手を補充する手段としての労働移民を取り上げ、「高齢者の面倒を見るのに、ある程度の日本語ができなければならないとか、衛生上の知識がなければならないとかいうことは全くない」ので、労働力として受け入れることに問題はないが、「居住区だけは白人、アジア人、黒人というふうに分けて住む方がいい(要旨)」と書いたことに対して多くの批判が寄せられました。


 外国人の介護労働者に対する蔑視も相当なものですが、海外からはまず人種隔離(アパルトヘイト)の思考に対して非難が集中しました。
 アメリカのウェブメディア『デイリービースト』は、首相のブレーンが「日本にアパルトヘイトを望む」、『ロイター』は「政府のブレーン、アパルトヘイトを賛美し、首相に恥をかかせる」とそれぞれ書き、『ウォール・ストリート・ジャーナル』は、曽野氏のコメントとして、「私も人間ですから、過ちを犯します。しかしこの記事について、誤りがあるとは思いません」と述べたことを報じています。

 そうしたところ南アフリカのモハウ・ペコ駐日大使が、アパルトヘイトを許容する内容が含まれているとして、産経新聞に13日付で抗議文を送っていたことが分かりました。
 また、アフリカに関する活動を行っているNGO「アフリカ日本協議会」も13日付で、産経新聞と曽野綾子氏に対して抗議文を送りました。

 曽野氏は安倍首相に重用され、内閣のブレーンの一人として政府諮問機関委員などを多く務めています。
 そのうえ2014年の道徳教科書には『誠実の人』として登場※していますが、その評判は決して芳しくはありません。
※ 2014年10月31日 曽野綾子が新版の道徳教科書に載る
http://yuzawaheiwa.blogspot.jp/2014/10/blog-post_30.html 

 毎日新聞の記事とアフリカ日本協議会の抗議文を紹介します。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
産経新聞:曽野氏コラム、南ア大使も抗議文 人種隔離許容
毎日新聞 2015年02月14日
 産経新聞が掲載した作家の曽野綾子氏のコラムにアパルトヘイト(人種隔離)を許容する内容が含まれているとして、南アフリカのモハウ・ペコ駐日大使が同紙に抗議文を送っていたことが14日分かった。同紙によると抗議文は13日付。

 問題視されているのは、産経新聞11日付朝刊の「労働力不足と移民」と題したコラム。曽野氏は労働力不足を緩和するための移民受け入れに言及し、「20〜30年も前に南アフリカ共和国の実情を知って以来、私は、居住区だけは、白人、アジア人、黒人というふうに分けて住む方がいい、と思うようになった」などと書いた。

 同紙によると、ペコ大使は「アパルトヘイトを許容し、美化した。行き過ぎた、恥ずべき提案」と指摘。アパルトヘイトの歴史をひもとき、「政策は人道に対する犯罪。21世紀において正当化されるべきではなく、世界中のどの国でも、肌の色やほかの分類基準によって他者を差別してはならない」としているという。

 一方、NPO法人「アフリカ日本協議会」(東京都)も抗議文を送り、コラム撤回を求めている。
 同紙は公式サイトに、小林毅・執行役員東京編集局長名で「当該記事は曽野綾子氏の常設コラムで、曽野氏ご本人の意見として掲載しました。コラムについてさまざまなご意見があるのは当然のことと考えております。産経新聞は、一貫してアパルトヘイトはもとより、人種差別などあらゆる差別は許されるものではないとの考えです」とのコメントを掲載した。【町田徳丈】


産経新聞 曽野綾子さんのコラムへの抗議文
2015年2月13日 
「アフリカ日本協議会」
このコラムが掲載された2015年2月11日は、故ネルソン・マンデラ氏が釈放されて、ちょうど25年目にあたる日でした。その記念すべき日に、南アフリカの人びとが命をかけて勝ち取ったアパルトヘイトの終焉と人種差別のない社会の価値を否定するような文章が社会の公器たる新聞紙上に掲載されたことを、私たちはとても残念に思います。
(中略)
曽野綾子氏と産経新聞社には、当該コラムの撤回と、南アフリカの人々への謝罪を求めます。また、このような内容のコラムが掲載されるに至った経緯、および人権や人種差別問題に関する見解を明らかにすることを求めます。

================================引用終わり

ひどいですよね、
日本で奴隷制度をやれって言ってるようなものです。
介護職にたずさわる日本人にも失礼な話ですよね。
言葉が通じなくても衛生の知識が無くてもできる仕事だなんて・・・


実際にはに介護報酬が低く下げられていて、
施設の運営もままならないと言ううわさも聞かれますから、
人手不足というのもおかしいです。
労働に見合った給料がもらえるのであれば、
日本の若者だって、介護の仕事をやるはずです。

”奴隷”になりたくないから、介護職に就く若者が少ないというだけです。

欧米での奴隷や移民がどうなったか・・・
その国のお荷物になっていくんです。



当ブログでも、曾野綾子はダメだよと言い続けています。
2年も前の記事がこれです。
==============================引用はじめ
2013*02*04 Mon  16:41
http://aoamanatu.blog.fc2.com/blog-entry-451.html
週刊現代に、曾野綾子、体罰容認の意見。

この人だめですよ、
子どものころ父親に、殴る蹴るの暴力を受け、母親は自殺未遂をしたらしく、
30代で不眠症やうつ病を長年わずらっていたそうじゃないですか。
この人はどれだけ無駄な苦労をしてきたのでしょうか。
暴力を受けたことはことはつらかったから、やめましょうというべきではないでしょうか。

教育再生実行会議だかなんだか知らないけれど
無駄に金がかかるだけで何の役にも立っていない人物と言うだけでなく

曾野綾子は、言葉の暴力中毒になっています。
弱い立場の人に、言葉の暴力をふるい、その結果、
ここまで、くそばばあとネットで叩かれまくる女性もめずらしい。
自分から叩かれるネタをつくっておいて、それでも何も感じないなんて何たる鈍感。

(以下略)

=================================引用終わり

はっきり言って、子どものころに親から虐待を受けてきて、
その事実と向き合えなくて、
臭いものにふたをする事で対応してきた人は、
暴力(精神的暴力を含む)の加害者としてしか生きていけません。

物心付く前から、
強い立場の人間(親)が弱い立場の人間(子ども)を虐待するのがあたりまえ、
と、骨の髄まで刷り込まれているからです。
正真正銘の洗脳をうけているからです。

子どもを守ろうとしない母親も同罪です。
http://arinopapa.arinomamachurch.com/2010/04/.../作家・曽野綾子さんのこと/

沈黙の壁を打ち砕く―子どもの魂を殺さないために沈黙の壁を打ち砕く―子どもの魂を殺さないために
(1994/03/20)
アリス ミラー

商品詳細を見る


虐待を受けてきた人々に困った問題があることは、
すでにアリス・ミラーによって明確にされていますから、
覆しようがないのです。

つまりヒトラーと同じということです。

子どものころ父親から虐待を受けていたにもかかわらず
母親に守ってもらえなかったヒトラーは、
弱い立場の人々を迫害しました。

ヒトラーはユダヤ人だけでなく、身体障がい者、精神障がい者、病人、老人にいたるまで、
弱い立場の人を殺しまくったのです。
ヒトラー自身が弱かったから、弱い人を殺したんです

ですからその”政策”が行き詰ると、結局自殺するしかなかったのです。

曾野綾子は、国内、海外から批難されても、何も感じていません。
絶対に反省なんかしない、誤りを認めないということです。
誤りを認めてしまったら、”人生終わり”だからです。
”ク○ンボは家畜”ぐらいにしか思っていません。
”何も知らないバカタレに、今こそそれを教えてやっているんだから感謝すべき”
ぐらいにしか思っていません。


日本という国も地に落ちたものです。
曾野綾子が政府のブレーンですか・・・
道徳の教科書ですか・・・類は友を呼ぶといいます。
ヒトラー安倍とはお似合いのカップルかもしれませんが、
想像すると気持ちの悪いカップルですね。

B9uneytCYAIO6WY[1]
スポンサーサイト

コメント

No title

こんにちは。
移民受け入れること自体、奴隷を入れることですよ。
日本人が奴隷になりたくないから他国の人を奴隷にというフォミさんの意見に賛成。
それぞれ自分の国でその民族らしく豊かに暮らせるようにするべきですよ。
権力者は気が狂ってる!

フォミ様、お美しい!しかも40キロ台・・・ああ羨ましい。

  • 2015/02/16 (Mon) 20:27
  • アイスバーン #-
  • URL
No title

アイスバーンさん、

>移民受け入れること自体、奴隷を入れることですよ。
結局そういうことになりますよね。


画像は、去年から卵や牛乳をしっかり摂るようにしたら、
なんとなく髪がまっすぐになって、
まとまりがよくなったような感じがしたので、UPしてみました。

でも目の周りのシワやシミソバカス、たるみには効いてないようで、
ピンボケ画像でちょうどいい塩梅に、カモフラージュできているようです。

  • 2015/02/17 (Tue) 08:26
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する