陽子線治療はやっぱり無駄、これは近藤誠さんも教えてくれています。

2012年に、食道がんの
陽子線治療(自費で約300万円もかかる放射線治療)を
受けて、がんが治った治ったと・・・
陽子線治療はすばらしいすばらしいと・・・
無邪気に宣伝していた、なかにし礼さんが
今年の2月にがんの再発で、手術をされていたようです。

=============================引用はじめ

なかにし礼氏がん再発 
背中25センチ切る大手術

[2015年3月7日7時15分 紙面から]

AS20150307000711_commL[1]
リンパ節にがんが再発した、なかにし礼氏

 作詞家・作家なかにし礼氏(76)が、がんを再発していたことが6日、分かった。2012年に見つかった食道がんは、放射線治療で消せたが、食道横にあるリンパ節に再発し、4時間に及ぶ大手術を受けていた。今後は休養をしながら闘病生活をしていくといい、文化放送「なかにし礼『明日への風』」(金曜午後7時半)で状況を報告した。

 「実は以前から恐れていたがんが再発しまして。詳しいことはともかくとして、今回手術をいたしました。少々休養させていただきながら、番組に1日も早く復帰したいと思っております」。番組(収録)の本編終了後、なかにし氏はボイスメッセージでがん再発と、闘病のために番組を一時休むことを報告した。同局によると、復帰まで他の出演者で番組を続ける。

 事務所関係者などによると、12年2月に見つかった食道がんは、放射線治療の一種、陽子線治療を4カ月で30回受けたところ、がんが消え、同年10月に仕事復帰した。その後も3カ月に1度の定期検査を欠かさず、今年1月には作詞家・作家生活50周年記念のアルバム「なかにし礼と12人の女優たち」を発売。精力的に活動を続けてきた。

 検査で異常が分かったのが1月下旬だった。2月上旬に精密検査を受け、食道の横にあるリンパ節にがんが再発していることが判明した。同24日に入院して翌25日に手術。当初は体に負担の少ない胸腔(きょうくう)鏡手術の予定だったが、がんのある場所への考慮などから、背中を約25センチ切る手術に変更した。

 この日、なかにし氏は日刊スポーツに手術の状況を説明した。「(92年に)心筋梗塞をしていて、半分ぐらい心臓が壊死(えし)している。心臓が長時間の全身麻酔手術に耐えられるか。やれるところまではやったけど、取り切れなかった」。今後については「主治医と対応を考えながらやっていく」とした。

 創作意欲や食欲などは、再発判明の前と変わらないといい、ボイスメッセージでは「どうぞ私の健闘を見守ってください。皆さまと、またちゃんとした形でお仕事がご一緒できることを楽しみにしております」と結んでいる。

===========================引用終わり

なかにしさんは原子力発電に反対しているにもかかわらず
何百万円と自費がかかる陽子線治療を大絶賛しているんです。
成長産業になるからじゃんじゃんやりなさい。
小児がんの幼児にじゃんじゃん使いなさい、とまで言っています。

おかしいでしょ?

このおっさんやっぱり変・・・
放射線の影響でもっとも怖いものは、
脳の萎縮らしい

http://aoamanatu.blog.fc2.com/blog-entry-661.html


なかにしさんは、日本記者クラブの会見でこんな事を言っています。
がん治療の〝ゴッドハンド〟には頼らない
2013年4月22日
http://www.jnpc.or.jp/activities/news/report/2013/04/r00025618/
===========================引用はじめ(抜粋)

(前略)
「紹介されるままに医師巡りをしていたが、自分の意思で生きる手だてを探していないことに気づいた」というのだ。
それからは手術をしないで治す方法を、インターネットを活用して探し始めた。そして夫人が陽子線療法の存在を見つけた。この陽子線療法というのは、放射線療法と違ってエネルギーを絞ることができ、他の組織に障害を与えない新しい療法だ。この療法を国立がんセンター東病院で受け、死の淵から生還できた。
こんな素晴らしい治療法があるのに、がん治療のゴッドハンドたちはなぜ紹介してくれなかったのか。「日本の医療は伝統に縛られて、新しい医療が進まない」と怒りを訴える。
日本ではがんの治療は、まだ外科医が中心の病院が多い。手術だけでなく、抗がん剤の投与も、放射線の照射も自らやってしまう。最近ようやく欧米のような腫瘍内科医が出始めている状況だ。なかにし氏の話は、自分の死の淵からの生還物語から日本の医療批判に及んだ。

日経BP参与 澤井 仁
=============================引用終わり

なかにしさん、
言っておきますが、陽子線治療でがんは治らない、
つまり原発のがんが消えたとしても、再発や転移はありうる、
そんなものに自費で何百万もお金を払うのはばかばかしいから、
紹介しないだけなんです。

近藤誠さんはちゃんと教えてくれているんです。
がん宣告をされてから、ネットで情報を探すのではもう間に合いませんよね、
健康なうちに本を読んでおかなくては。
作家ならなおさらです。

なかにしさんは陽子線治療から、3年弱で再発して、
結局のところ手術をした。

心筋梗塞をやっているんだから
高い買い物をした・・・で、すみませんよ。
正真正銘の老人なんだから、もう手術もやめればいいのに・・・

「自分で選んだんだ」と、
危険でお金がかかる治療をやっている人は、
たいていこう言います。

世の中そんなに甘いものではありません。

ゴッドハンドには頼らないといいながら、
ゴッドハンドだか、迷医だかしらないけれど、
その手の内にはめられたどころか、
あり地獄にはまってしまったことに、
自分が気が付いていないという事でしょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

犬劇場
RIMG0480.jpg
ふあふあくらぶの会長さん(マルチーズ)
そんなところで○○を舐めないでください

RIMG0486.jpg
ほら、画面がおかしくなっちゃったぢゃないかーー。
どうやって設定変更したんだよーー。

RIMG099.jpg
なんか文句、あるでつか?
スポンサーサイト

コメント

203「日本の防衛宣言」
前編

現在の防衛省、防衛論というものは、優秀な官僚が長い年月をかけて作り上げたものである。歴代の総理をはじめとした閣僚も、これを踏襲している。
しかし、時代は刻々変わってきているのだ。
官僚に政治が呑み込まれている。これでは、駄目なのだ。
政治家の手に取り戻さなければならない。
「チェンジ、チェンジ」なのだ。
誰かが変えなければならない。重大な決断は、総理交代時にしか、あり得ない。
私は、次期総理に期待している。
政策の中で、示せば良い。
私の考えは、こうだ。
何事も、"曖昧"というのが、一番よろしくない。
日本の、"防衛姿勢"を明確にし、国内外に公表する必要がある。ただ、それだけのことだ。そうすれば、私の提唱する、"何の役にも立たない防衛省の解体"も実現化する。
戦闘機も戦車も、基地さえも不要になる。
日本は戦争を放棄したのだから、平和に向けて大胆に踏み出して欲しい。
私の、"新防衛論"は、以下のようになる。

   日本の防衛宣言


1 日米安保条約は堅持する。
2 日本から他国を攻撃するこ  とはない。
3 日本が他国から攻撃を受け  た場合、わが国は報復す  る。
 レベル1
わが国の排除警告にもかか  わらず、他国の戦闘機も  しくは艦艇が10隻以上、  5日間以上にわたり継続  してわが国の領空、領海  を侵犯した場合
 レベル2
  上記状態において、他国  の兵士もしくは民間人   が、わが国の領土に上陸  した場合 
 レベル3
  他国の兵士もしくは民間  人が、わが国の領土に上  陸し、わが国の国民を殺  傷した場合

 報復内容
 レベル1
グァムのアンダーソン基  地からミサイルを発射す  る。ただし、砂漠などの  殺傷を伴わない場所とす  る。 
 レベル2
  グァムのアンダーソン基  地からミサイルを発射す  る。場所は軍事施設とす  る。この場合は、殺傷を  伴う可能性を有する。
 レベル3
グァムのアンダーソン基  地からミサイルを発射す  る。場所は、最高指導者  を含む閣僚の自宅とす   る。  
4 日本は、この防衛宣言に  伴い、全ての戦闘機、戦  車等の武器を破棄し、平  和国家を宣言する。

          以上
    

*シンプル イズ ベストだ。
役人に任せると、例外規定などを書き込んで訳がわからなくなる。

*私は、国民の声を代弁したつもりだ。
「真の平和国家」を目指すなら、それだけの覚悟が必要だ。
思い切った政策を打ち出して欲しい。

*この防衛宣言は、自衛隊の救助活動費(これは他の省庁に移管する)と米国への支払い(本土の道路や橋をバーターで作る)をのぞいて、実質ゼロになる。
五兆円の防衛費を継続していくのか、実質ゼロを選択するのか、真剣に討議して欲しい。

*私は以前、南の島を例にとり、あそこには軍事力はないんです。でも攻めてくる国なんかないんです。日本も同じなんです。少し大きくしただけなんですと記述しました。南の国がそうであるように、日本は丸裸になっても、どこも攻めてこないと思う。
だが必要以上に心配する人達がいる。そうした人のために作成した。
一体、どこの国が攻めてくると云うのだ。それは、杞憂というものではなかろうか。
そんな声につられて軍事費を増やしていいものだろうか。
国民は戦争したくないと声をあげている。残念ながら、現政権には聞こえないらしい。


追伸
*先日の国会での、"安保法案論議"を聴いていても、ややこしい事、この上ない。
中谷防衛大臣も、しどろもどろだ。完全に、"言葉遊び"の世界だ。"論議時間が足りない"などと指摘する議員もいるが、私に言わせれば、「何をか言わんや」である。
防衛論の中身が、ぐじゃぐじゃになっている。だから、聞く方も聞かれる方も、意味不明になる。
そんな時には、どうするか。
そう。今まで作り上げてきた法律を、一旦白紙に戻せばいい。簡単なことだ。
自国の専門家が明快に答えられない法案を、他国の首脳が理解できる訳がない。
そんな法案を論議しても、時間の無駄というものだ。
その意味でも、新たな防衛法案は、ごくごく単純化したシンプルなものが望ましい。

*賢明なる読者よ。
紛争している案件も、解決策を提示してやれば解決できるのだ。沖縄の基地も辺野古も関係ない。

*日本は、沈みゆく巨大艦船だ。なのに、五兆円もの防衛費が必要でしょうか。
私は、一石を投じたつもりである。しかし、私の声は、ごくごく小さい。
政治家やジャーナリストが取り上げて、論議してもらえば幸いです。

  • 2015/10/20 (Tue) 12:01
  • #-
  • URL
No title

上の方、

読ませていただきました。
コメントありがとうございました。

  • 2015/10/20 (Tue) 15:35
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する