スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今朝の紙面から

朝刊を読んでいたら、こんな本の宣伝がありました。

運動指導者が教える 食事10割でヤセる技術 (美人開花シリーズ)運動指導者が教える 食事10割でヤセる技術 (美人開花シリーズ)
(2014/12/10)
森 拓郎

商品詳細を見る

・あなたの飲んでいるソレ、“元"酵素ドリンクですよ!
・あなたは糖質依存症なのかも?
・主食を抜くから、あなたは太る!
・お菓子を食べていてもヤセることができる
・アルコールはやめなくていい
   ・・・ですって!!(抜粋)

森拓朗さんはブログをやっているので、たま~に読みますが、
イケメンだけがトリエで、いつ読んでも意味不明。
結局ファスティングをやれっっていう事?

m_E58699E79C9F204-f319d[1]


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

それよりですね。
私は2月25日に、アマゾンに
MEC食の渡辺信幸さんの本を注文したのに、いまだに来ていません。

「野菜中心」をやめなさい ~肉・卵・チーズのMEC食が健康をつくる「野菜中心」をやめなさい ~肉・卵・チーズのMEC食が健康をつくる
(2014/12/08)
渡辺 信幸

商品詳細を見る


長年生きてきて、こんな事は初めてです。
出版界はくだらない本を宣伝してまで売らなくてもいいから、
こういう本は、ちゃんと売ってほしいです。
なべちゃんは乳製品を食べて良いって言ってるから、
なんか圧力でもあるのでしょうか?

まさか出版社が倒産したとかないですよね?
キャンセルしておこうかな。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



20_ph001[1]

こんな恐ろしいニュースもあります。
============================引用はじめ
生体肝移植、患者7人中4人死亡
…神戸の新病院


読売新聞 4月14日(火)3時45分配信

 神戸市が進める「医療産業都市構想」の一環として昨年11月に設立され、生体肝移植を行っている「神戸国際フロンティアメディカルセンター」で、3月末までに移植手術を受けた国内外の患者7人のうち4人が手術後1か月以内に死亡していたことがわかった。

 肝臓移植医らでつくる日本肝移植研究会(会長=上本伸二・京大教授)が診療に問題がないか調査を始めた。移植医療の専門家から「非常に高い死亡率。手術を止めて検証すべきだ」との声が上がっている。

 同センターは、生体肝移植を2000例以上手がける田中紘一・京大名誉教授(73)を院長に開院。来日した外国人患者への生体肝移植を目的の一つにしている。

 同センターによると、昨年12月~今年3月の4か月で国内外の計7人に親族からの生体肝移植を行った。このうち胆道閉鎖症の患者ら4人(日本人2人、インドネシア人2人)が手術後、腎臓や肝臓の状態が悪くなるなどして死亡した。複数の関係者の話では、死亡者の2人は15歳未満だった。
.
最終更新:4月14日(火)3時45分
============================引用終わり

私たちの税金で、立派すぎる病院を建てて、大勢の人を雇い、
途上国の人や子どもの命を犠牲にして、お金を稼ぐ人がいる。

安倍さんはこういうのが経済発展と、推奨しているみたいですね。
残酷すぎます。

半年、1年後に死んだ人はいませんか?
1件の手術で、本当に犠牲者はひとりですか?
ドナーはどうなっているんでしょうか?
ドナーになって死んだ人、健康を損ねた人、
家族関係、人間関係が壊れた人の話は、ネット上にいっぱい出ています。

脳死・臓器移植の本当の話 (PHP新書)脳死・臓器移植の本当の話 (PHP新書)
(2004/05)
小松 美彦

商品詳細を見る


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


これもひどいですね。
糖尿病利権は油断もすきもありません。
============================引用はじめ
糖尿病悪化なら睡眠の質も低下 
大阪市立大のグループ

2015年4月14日

 糖尿病の症状が悪くなると、深い眠りができなくなるなど睡眠の質も悪くなりやすいことが分かったと、大阪市立大の研究グループが発表した。糖尿病に伴う高血圧などの病気を防ぐには、血糖値をコントロールするだけでなく、睡眠を改善することも重要だという。

 十分に眠れていない睡眠障害の患者は、糖尿病になりやすいことなどが知られていたが、睡眠障害と糖尿病のつながりは詳しく分かっていなかった。

 研究グループは、約50人の2型糖尿病の入院患者を対象に、脳波計を使って睡眠の質を精密に分析。その結果、糖尿病の悪化を示す数値が悪くなるほど、脳を休める睡眠が十分にとれていない傾向が確認された。

 これまでの研究では、睡眠障害だと、高血圧や動脈硬化になりやすく、心臓や血管の病気につながりやすいことが分かっていた。今回の研究結果からは、糖尿病患者が睡眠障害を防ぐ薬を使うことで、睡眠の質だけでなく、糖尿病の症状も改善させることが期待できるという。

 大阪市大の稲葉雅章教授(代謝内科)は「糖尿病の治療は、血糖値をコントロールするだけでなく、睡眠障害を改善させることでより効果があることが示された」と話す。

 (今直也)

(朝日新聞 2015年4月14日掲載)
===============================引用終わり

これも症状しか見ていません。
睡眠障害を防ぐ薬(たぶん精神薬と思われる)を飲めば
糖尿病の合併症が防げるかのような、印象を与える記事ですね。

精神薬で血糖値が上がる人、太る人がいます。
ほとんどの薬が、血糖値に関係してきます。
副作用がどうこういう前に、糖質依存に、処方薬依存を追加することになりかねません。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。