スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

植物を主食にしているとナイアシンが足りなくなる話と、低血糖症の検査について

いつも回転式本部さんがすごすぎて、後追いばかりしております。

これって↓釈迦に説法ですよね(笑)

回転式さんのほうで、ナイアシンについての話題が出ていましたが、
当ブログの過去記事にも、ナイアシンについて調べた記事があるので、
リンクを貼りました。

お時間ありましたら読んでやってください。
http://aoamanatu.blog.fc2.com/blog-entry-685.html


ボブ・マーリーの、ノーウーマンノークライには、
”俺たちはとうもろこしのお粥を作ったんだ”、というくだりが出てきます。



ボブ・マーリーは足のけがが元で皮膚がんになって若死にしましたが、
とうもろこし(トリプトファンが少ない)を
主食にするということはひじょうに危険といわれています。
脳に悪影響があるとも言われています。

ナイアシンというのはビタミンBの一種で、
これは私たちの体で合成されるものなんです。
(もちろん肉などで直接摂る事もできます)
しかしナイアシンの合成には、
トリプトファンというアミノ酸(たんぱく質)が必要なんですね。

トリプトファンはアミノ酸組成の中でも、比率が少ないので、
動物性食品でたんぱく質をたくさん摂る必要があるのではないかと思います。
またビタミンB全体、鉄、ビタミンDが関係あるかもしれません。
私の推測ですが
動物性のたんぱく質、ビタミンB2、6、12、鉄、
ビタミンD(陽にあたる)の摂取が少ない状態が続くと、
ナイアシンを合成する能力が衰退してしまう人がいるのではないでしょうか?


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ところで今はいろんな食事法があるんですね。
ベジタリアン、ビーガン、フルータリアン、マクロビ、ローフーディスト、
ナチュラルハイジーン、ファスティング、パレオダイエット
(パレオダイエットは白いご飯や果物を食べてもいいらしいですよ)
・・・カッコいい名前のものはほとんど糖質を主なエネルギー源にしていますね。

単糖類、二糖類、多糖類どれも原則禁止なのは、
糖質制限食、MEC食。

完全禁止はケトプロ食、アミーチョサロン、釜池式?ぐらいでしょうか?


”不食”なんていうのもあります。

私の友人はまだ50代ですが、食事が摂れなくなって、
ほとんど動けなくなり要介護になりました、

もともと依存傾向があったのですが、
腰痛でデパスやロキソニンにたよるようになり、
内臓が弱って、食事ができなくなった・・・と私はみています。

食べものより、排泄物の事ばかり考えるようになり、
本格的におかしいのでは? と思ったときにはもう話が通じません。
入退院を繰り返すうち、取り返しが付かなくなりました。

不食が健康的だと主張している人たちは、
私の友人のような人たちを助けてやれるでしょうか。

拒食症で苦しんでいる人は大勢います。
食べれない人を助けられないのなら、”不食主義”は意味ないです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


コメントで低血糖の検査についてわかりやすいサイトを
紹介してくださいましたので、コピーを貼ります。

http://www.shinjuku-clinic.jp/trouble/596.html

============================引用はじめ
低血糖症

低血糖症という病名を聞いたことがありますでしょうか?
低血糖症には、特定の症状はありません。多くの症状を呈します。

そのために誤った診断をされる事が多く、特に精神疾患領域では、統合失調症、うつ病、パニック障害、慢性疲労症候群、登校拒否、ADHDなど、さまざまな病気に診断されている事があります。正しい診断には、5時間糖負荷検査を受けなければなりません。しかしこの検査から得られる結果は、患者さまの症状を説明するために有効なものである事が多く、治療のために必要な情報になります。

これまで当クリニックで行った5時間糖負荷検査を受けた患者さまが、来院時につけられていた病名は表のようになります。

このように、低血糖症と診断された多くの患者さまには、多くの症状や病気の診断を受けている方がいらっしゃいます。そのような患者さまに、5時間糖負荷検査の結果をもとに治療することによって、すでに言われていた病気や、長期間お悩みになっていた症状が改善されることがあります。

医師のあいだにも一般には低血糖症という病態は知られていません。

血糖値は、厳密にコントロールされているため、インスリンの過剰な注射やインスリンを産生する腫瘍などの特殊な病態でなければ血糖値が下がりすぎることは無いと理解されているからです。

そして低血糖症という言葉にも若干の問題があります。それは、低血糖症は血糖値が低くなる病気であると思われているからです。低血糖症とは、血糖のコントロールが不良になり適切な状態に維持できない病気であるということを理解する必要があります。

当クリニックでは、統合失調症・うつ病・パニック障害・神経症などの精神疾患の診断のために5時間糖負荷検査を行い、それぞれの病態の評価をおこなっています。低血糖症は、5時間糖負荷の検査結果によって診断されます。

正常の血糖曲線

黄色の折れ線グラフが血糖値の変動を示します。水色の棒グラフが血糖を下げる働きを持つインスリンの濃度を示します。
空腹時に採血を行い、その後75gのブドウ糖が含まれた医療用のジュースをお飲みいただきます。その後は定期的に採血をおこない、5時間に合計9回の採血をおこないます。

血糖は、30〜60分後に最高値を記録し、その後は緩やかな下降を示します。約3時間で空腹時の血糖と同程度まで下がり、その後はほぼ一定の値を保ちます。
インスリンは、強力に血糖を下げる働きをもつホルモンであるため、血糖が下がり始めるとインスリン濃度もすぐに減少します。この検査中の2〜3時間以降 は、自律神経の働きによって血糖値は一定に維持されます。血糖を維持するために必要なグリコーゲンなどの物質が枯渇すると、空腹感が感じられ物を食べるこ とを指令するのです。

反応性低血糖症

当クリニックで5時間糖負荷を行った患者さまのうち、約40%がこのタイプの血糖調節異常を示しました。このタイプの曲線を示す場合には、急に生じる不安感やイライラ感、幻覚や幻聴などの症状を呈することが多く、統合失調症やパニック障害などの診断を受け、治療されていることが多くあります。

teiketu-300x223[1]

正常の血糖曲線と比較して、ブドウ糖入りのジュースを飲んだ後の血糖値の上昇が急激であり、最高値も高くなっています。その後、血糖値は急激な下降を示しています。
血糖値は、その絶対値も大切ですが、急激に低下することが脳にとって大きな問題になります。つまり血糖値が低くなくても激しい症状を呈するということです。

この患者さまは、20歳代の方です。
外出時に急激にめまいや動悸、頭痛、不安感などが生じるため、定職に就くことができず家の中にいることが多い状態でした。この検査中、2時間半〜3時間を 経過した頃には、発汗、手指のしびれ、動悸などを自覚されました。その時の血糖値は35mg/dlまで低下しており、大変重篤な血糖調節の異常を示してい ました。一度上昇した血糖値が急激に低下するためには、血糖値を下げる働きをもつインスリンとの関係に注目しなくてはなりません。

この患者さまは、血糖値が低下している時間帯にもインスリン分泌が増加していることと、インスリンの分泌量が過剰であることが大きな原因です。血糖値の変 化とインスリン分泌の関係は複雑であり、そのメカニズムを詳細に検討し評価することが、治療方針に大きく関わってきます。

無反応性低血糖症

5時間糖負荷検査を行った患者さまのうち、約15%がこのタイプの曲線を示しました。
疲労感や、抑うつ感を強く訴えられることが多く、慢性疲労症候群やうつ病などと診断されていることがあります。

また、このタイプの曲線は、10歳代の若い患者さまに多く、特になかなか眠れない、朝方に腹痛や頭痛が生じるなどの症状が多いため、不登校や引きこもりなどの原因になることがあります。不登校や引きこもりなどの状態の時には、自律神経との関係を検査するためにも、5時間糖負荷検査はとても重要な情報を与えてくれます。

75gのブドウ糖入りのジュースを飲んだ後にも、正常の曲線で見られるような血糖値の上昇がありません。5時間の検査中に、活動的に身体を動かすために必要な血糖値を示す時間帯はなく、強い疲労感を継続して訴えられることが多い状態です。

このような曲線を呈する病態は、非常に複雑であることが多く、低血糖症の中でも重症に分類されることが多く見られます。交感神経の働きを同時に検査すると、脳内の交感神経由来のホルモン分泌が亢進していることが多く、強い疲労感と同時に常に緊張した状況におかれていることが理解されます。

この曲線を呈する病態には、次のような複雑な状態が関係していることが考えられます。
1.小腸の腸管から、栄養素が血液中に吸収されるまでに時間がかかる。そのために正常な血糖値の上昇が得られない。
2.小腸の腸管から、栄養素が急激に血液中に吸収され、急激な血糖値の上昇にインスリンが過剰に反応する。過剰なインスリンの作用によって充分な血糖値の上昇が得られない。

上記の2つは、相反する病態であることがご理解いただけるものと思います。
血糖値の曲線としては同じように見えるものでも、全く異なる反応が身体の中で起こっているため、治療においても正しく評価しなくてはなりません。

===============================引用終わり

これはドクター江部さんのブログに時々出てくる検査ですよね。
自分でできない検査でもありません。

このような検査は病院では保険適用外でお金もたくさんかかるみたいです。
自覚症状のない人にボッタグリ抗がん剤をやるより
苦しんでいる人の多いこちらを保険適用にすればいいのに。

どちらにしろ低血糖の治療は、糖質摂取をやめるしか方法はないので、
糖質セイゲニスト、ケトプロ実行者続出では、
砂糖業界、飲料業界、穀物業界、製薬会社は儲からないからテレビでもやらないのでしょう。
もう健康保険は意味ないですね。

スポンサーサイト

コメント

No title

いつも素晴らしいエントリーありがとうございます!

低血糖症の怖いところは、本人が自分で低血糖症だということを
まったく知らないで苦しんでいること。
病院へ行っても「低血糖症」について、きちんと学んで知って診断出来る医者がすくないこと。

そしてそして

うつ病と診断される8-9割の人は実はうつ病ではなく
「低血糖症」であること
(低血糖症は精神症状が欝っぽくなるので、みんな勘違いして
・・・というか、低血糖症というものを知らないがため)
心療内科や精神科へ行ってしまう ⇒ 精神薬の処方 ⇒ 服用 ⇒ よくならない ⇒ 薬が増える ⇒ 中毒 ⇒ 止められない
もちろん本当のうつ病(精神病)ではないので、薬を飲んでも決して治りません。
低血糖症は言わば栄養失調なので、食事を変えなければ治療出来ないのです。
ですが、逆に考えれば、薬なしで食事で治療出来るのです。
それには「糖質制限食」が唯一の方法です。

栄養が満たされてくれば、欝っぽい症状は消えてゆくのですごく楽になります。
低血糖症は治療薬などないので、製薬会社もtvも啓蒙は一切しません。食事で治るのでお金にならないです。
製薬会社はわかっています。
分かっていて、低血糖症者を偽の「うつ病患者」にして儲けています。

だから世間に蔓延っているダイエットはみんな「栄養失調」になるための食事になっています。
まずは栄養不足にして低血糖症にしてしまわないと、いろいろな不定愁訴が起こらないからです。


多くの人に知って欲しいです。
その「欝っぽい症状」は鬱ではないと!

私が糖質制限をする前は、ひどい低血糖症に苦しみました。
別に何も大きな事件が起きたわけでもない、ストレスもない、
悲しいことも寂しいこともない
なのに、急に涙が出たり、つらくなったり、悲しくなったり
ひどい時は死にたくなるのです。
いらいらが止まらなく、家族に当たってしまうのです。
そしてそんな自分に自己嫌悪になるのです。
まったく自分自身の感情がコントロール出来ないのです。

しかし、糖質制限を始めて、そのような症状は1ヶ月内で消えてゆきました。
「糖」に支配されなくなって、自分の感情が落ち着いて来たのを感じました。
まだまだ栄養不足でしたので、波はありましたが、1年たった後は
非常に安定して、ほとんどいらいらすることもなくなり、穏やかになりました。
人との関係もとてもよくなりました。
精神科へ行こうかと真剣に思ったこともありますが、行かなくて本当によかったです。

あと、怖いのが、低血糖症による犯罪や自殺です。
tvや新聞を賑わす殺人事件や凶悪な犯罪は
精神薬を飲んでいたか、または犯行時低血糖症だったと言われいます。
「低血糖症 犯罪」で検索してみてください。
低血糖症は自殺も誘発します。
低血糖症はとても深い問題です。
糖尿病より怖いかもしれません。
低血糖症=栄養不足 すべての病気の起源はここかもしれません。






  • 2015/05/09 (Sat) 01:10
  • すみれ #ql4Ssy4Q
  • URL
No title

すみれさん、

いつもありがとうございます。

「低血糖症、犯罪」で検索してみました。
これについて書いてあるサイトはたくさんありました。
しかし「砂糖」だけや「お菓子とジュース」だけが悪者扱いだったりしますから、
解決にならないんですよね。

お米もいけない、にんじんなど糖質の多い野菜や果物も同じである、
そしてその分のカロリーを補うために、たんぱく質、
特に動物性の脂肪を取らなくてはいけないという
大切な部分がすっぽりと抜け落ちているので、信憑性がないので、
私を含めて、真剣に取り組んでこなかったという
ことではないでしょうか。

  • 2015/05/09 (Sat) 07:09
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
ありがとうございます

貴重な情報ありがとうございます。
前々の記事から、何度も読み返して学ばせて頂いています。

年のせいか、なかなか噛み砕いて覚える事が出来ず、トンチンカンな文章になってしまったらすみません。

自己流制限食の為、疲労感と動悸が続き、家事が捗りません(^^ゞ
実は数日前から、寝起きの頭痛も起きています。
貼って下さったサイトやコメントの皆様のご意見等で、やはり急激な自己流糖質制限の実施による症状だと思いました。
脂質とカロリーも足りない気がします。

タバコもお酒も断つ事が出来たので、口のブレーキは掛かると思います。
石鹸ライフも順調です。
使い方はやや面倒な部分がありますが、とにかく泡切れが良くて気持ちが良いです。

  • 2015/05/09 (Sat) 16:18
  • バタクリム #/PJkZu52
  • URL

不食は誰でもできるもんじゃないですね。不食で有名な森さんは「1日2400kcal食べてる人が1400kcalにする場合、1年で100kcal減らし、10年後に1400kcalになるのが良い」と言ってますね。
少食は、亀の歩みのように行わなければ、栄養失調になりかねないとの主張ですね。

まあ、自分は不食なんて絶対にしませんけど、どんな食事法でも、変化は徐々にする方がいいでしょうね。

  • 2015/05/09 (Sat) 17:44
  • 小米粥おいしい #ZIgbSyeQ
  • URL
No title

バタクリムさん、

今まで糖質や野菜ばかり食べていた人が、
糖質をやめていくとなると、
肉や脂をたくさん食べる必要があるようです。

肉1キロとか食べている人がいるようです。
低血糖の症状が出る場合は、
バターを食べた方がいいです。

口のブレーキは糖質だけにしてください。
脂質たんぱく質の、
口のブレーキはかけないほうがいいと思います。

  • 2015/05/09 (Sat) 18:46
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
No title

あきさん、

低血糖って、薬剤師さんも知らないんですね。


ナイアシンの推奨量は成人女性で11~12mg。
ぶたロースには100gあたり
ナイアシン7.3mgで、トリプトファンが240mgあります。
トリプトファン60mgから1mgのナイアシンが作られますから4mg、
7.3+4=11.4

ぶたロース100gで、だいたい摂取できますね。


ただ、回転式さんの掲示板に書き込みをしていた人は、
グラム単位で摂取して、調子がよいというのですから、
そういう人もいるのかもしれません。

メガビタミン療法とかそういうのはよくわかりませんが、
それでよくなるのであれば、サプリは必要なのかもしれません。


  • 2015/05/09 (Sat) 19:02
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
No title

小米粥おいしいさん、

>不食で有名な森さんは「1日2400kcal食べてる人が1400kcalにする場合、1年で100kcal減らし、10年後に1400kcalになるのが良い」

森さんはそんなこと言っているんですか。
2400kcalは、普通の中年女性では多くないですか。
1400kcalなんて、ダイエットをやっている女性なら
びっくりするほど少ないとは思えませんが・・・

それより
森さん自身はどれぐらいのカロリーを摂っているのでしょうか、
不食というからには、500kcalぐらい??

  • 2015/05/09 (Sat) 19:11
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
No title

毎度おおきに
私のブログには
玄米(五分つき)人参がよく貼ってありますが
お米を一切口にしない日の方が
実際には多いのです
ヒレステーキやケパブは
食べても貼りません
何故か不健康に感じるからです
でも
好きなのでよく食べます
サプリ好きな友人が居りますが
どれほど体に取り込んでいるのでしょうか?
さほど効き目はないのでは?とも
思います
低血糖で病気がち
・アトピー
・蓄膿症
・通風
・糖尿
漫画みたいな不調が満延しております
全て
無知に因るものです
フォミさんの鳴らす警鐘は
彼等の耳には届きません


引き続き勉強させていただきます
かしこ。

  • 2015/05/09 (Sat) 20:50
  • ハシビロコウ・ウナ #-
  • URL

あ、森さんはたしか1日100kcal以下だと思いますw
不食の言葉を作った山田鷹夫氏は毎日食べないようですが。
ガリガリの秋山氏は0kcalで6年間水ものんでないとかww
一般人だとすぐに餓死でしょう。

  • 2015/05/09 (Sat) 21:57
  • 小米粥おいしい #ZIgbSyeQ
  • URL
No title

ハシビロコウ・ウナさん、

そうでしたか、

私も毎日食べている肉よりも、
誕生日に食べる高価なケーキや、
頂き物のめずらしいお菓子のほうが、
自分的に楽しいので、画像をUPしてましたが、
そういうものを日常的に食べていても痩せられると
誤解されても困るので、最近は載せないようにしています。

サプリはぶっちゃけ効かないでしょうね。

女性の鉄分とかは仕方がないかもしれませんが
これとて、食事で摂る事ができますから~

  • 2015/05/10 (Sun) 07:04
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
No title

小米粥おいしいさん、

>あ、森さんはたしか1日100kcal以下だと思いますw
そうですか、

普通の人でもそれほど難しくないであろう、
2500kcalを1400kcalにするのに10年かかる。
これとは比べ物にならないぐらい難しい、
1400kcalを100kcalにするのに何十年かかるのでしょう?
80歳をすぎてしまったりして?

  • 2015/05/10 (Sun) 07:11
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
No title

こんにちは。

>ベジタリアン、ビーガン、フルータリアン、マクロビ、ローフーディスト、
ファスティング、パレオダイエット

出版界でも最近コラボビジネス企画が全盛みたいで同じ系統の料理研究家や医療
ジャーナリスらと組んで健康ビジネスの商いの臭いがプンプンしますね
不食で有名なモ○さんも全国をセミナー巡りでお忙しいみたいですが、お見受け
したところ福与かな健康体という印象でビジネスとして不食を装ってる感じです
ね。

私も色々やってみましたが現在は一日2食ケトプロ食腹8分目が一番調子良い
ですね。

  • 2015/05/10 (Sun) 07:47
  • ふるたか #-
  • URL

少食にすることが気持ちよくて減らしていったらいつの間にか不食になった。そういう状態でないと到達できないそうです。
空腹に耐えるようだとそれは断食であり、駄目なんだとか。
不食の彼らは、不食が最高の健康法とは考えてないようです。人に積極的にすすめられるものじゃないと。だから森さんも、ああいう言い方になったのかも知れません。

  • 2015/05/10 (Sun) 07:50
  • 小米粥おいしい #ZIgbSyeQ
  • URL
No title

ふるたかさん、

森さんは、やっぱりビジネスですよね。
きれいな着物を着てアメリカへビジネスに行ったみたいです。

うらやましい(笑)

自分に合う食事法が見つかってよかったですね。

  • 2015/05/10 (Sun) 12:39
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
No title

小米粥おいしいさん、

>不食が最高の健康法とは考えてないようです。人に積極的にすすめられるものじゃないと。

そうですか。
それにしては、みんな知ってますよね。

  • 2015/05/10 (Sun) 12:41
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。