がんの恐怖に取り付かれないこと・・・ 大橋巨泉さんの闘病記はわかりやすいので、参考になると思います 。その2

RIMG0521.jpg
(鉄板焼き?が楽しくなる都市ガスまたはプロパンガス仕様の
本格卓上コンロ持ってます。火力の安定性が良いです。
ホムセンで買った1500円の大きな鉄のフライパン、または鉄板で
1人焼肉、鍋~多人数まで対応できます。)



27日に食べたもの、
朝、目玉焼き1コ、ウィンナー1本、牛乳100ml、バター10g
昼、会食、しいたけ料理
 (しいたけたくさん、刺身、鮎の塩焼き、豚肉煮物、茶碗蒸しなどいろいろ、
 揚げ物は衣をはずし、フルーツは食べましたが、デザートは付いていませんでした
 写真に撮るほどの料理ではありませんでした。)
 帰ってから、友達とコーヒーを飲みに行き、牛乳100ml、バター20g
夕、しつこくバターたっぷり豚肉80gのトムヤム風、スモークチーズ20g、
  牛乳150ml、バター20g


28日に食べたもの、
朝、オムレツ卵2コ、ウィンナー1本牛乳100ml、バター10g。
昼、豚うす切り冷しゃぶ100g、ゆで汁の卵スープ
  牛乳100ml、バター30g
夕、2人焼肉、(米国牛バラ90g、黒毛和牛小間90g、
  牛レバー60g、たまねぎ小半分/1人分)
  禁断のエバラ黄金の味と、ライム果汁(笑)
  甘味なしのミルクセーキ(牛乳100ml、卵1コ)
  もらったおせんべい、1枚


気持ち悪さがなくなって、だんだん食べられるようになって来たようです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



大橋巨泉さんが、またがん手術をやったんだって。
81歳ですよ!!
みなさん、これ以上苦しいがん治療が必要と思いますか?

==============================引用はじめ

大橋巨泉3度目がん手術していた、
体調良ければ永六輔ラジオ出演へ


サンケイスポーツ 5月21日(木)5時0分配信

enn1505211140012-n1[1]
大橋巨泉(写真:サンケイスポーツ)

 タレント、大橋巨泉(81)が18日に東京都内の病院で肺がんの手術を受け、22日に退院予定であることが20日、分かった。

 巨泉は過去に2度のがん手術を受けているが、さらに肺がんが発見されたことを4月に公表していた。関係者によると、17日に入院し、翌18日に右肺にできたがん細胞を摘出。術後の経過も順調のようで、22日に退院する見込みという。

 手術前の今月9日にTBSラジオ「土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界」(土曜前8・30)に出演し、永六輔(82)に「(退院後に)電話で『元気ですよ』って言おうか」と予告していた。体調が良ければ23日放送の同番組に電話出演する。

 巨泉は2005年に胃がん、13年に中いん頭がんの摘出手術を受け、昨年12月には肺と食道の間のリンパ節に転移していたことも公表。リンパ節のがんは手術ではなく放射線治療で「消えた」(巨泉)としていた。

===============================引用終わり


がんの恐怖に取り付かれないこと・・・
大橋巨泉さんの闘病記は
わかりやすいので、参考になると思います

http://aoamanatu.blog.fc2.com/blog-entry-784.html

この人は、性格が太っ腹に見えても、がんをとても怖がっていたようです。
好物はあんパン。

これまでに、がんになったのは4回で
手術を3回受けて、1回は放射線治療をしているようです。
放射線の副作用がものすごく辛かったと語っています。
この人は、まだ死んでいないだけましですが、
治療をやってもやっても、転移しまくっているわけです。
過去3回のがん治療が功を奏したとは思えません。


こんなニュースもありました。
っていうか、ニュースになるほうがおかしいのじゃないかと思います。
=============================引用はじめ

2年以上がん治療放置=リンパ節に転移
―新潟県立中央病院


時事通信 5月22日(金)16時19分配信

 新潟県立中央病院は22日、食道がんと診断した80代男性患者の治療が約2年5カ月間放置されていたと発表した。この間、男性の食道がんはステージ1から2に進行し、リンパ節にも転移したという。男性は4月に再入院し治療を受けている。
 男性は2012年10月、下咽頭がん治療のため同病院耳鼻咽喉科に入院。同月、内科で内視鏡検査し食道でもがんが発見された。下咽頭がんの治療を受け同年12月に退院したが、食道がんについては耳鼻咽喉科、内科いずれの医師も他科で治療が行われると思い込み放置していたという。
 今年3月下旬に下咽頭がんの経過観察でコンピューター断層撮影(CT)検査を行った際、食道がんが未治療であると発覚。同病院は原因について「内科医による主治医(耳鼻咽喉科)への内視鏡検査結果の報告が不十分だった」としている。 

===========================引用終わり


笑っちゃうようなニュースですね。
80代の男性、2年半放置で、ステージ1から2に進行しただけですよ。
放置で最終段階にいたるのに、何年かかるのでしょう?

食道がんの手術であっけなく死んでしまう人は多いです。
後期高齢者になってまで、がん治療をやるのはやめた方がいいと思います
スポンサーサイト

コメント

面白い記事ですね

やはり、癌は放置が一番長生きするといったことが証明されたような記事ですね
この方、治療されてたら、多分今頃死んでますよ(^o^;)

  • 2015/05/26 (Tue) 22:49
  • やんさか #XtDHfxHE
  • URL
No title

やんさか さん、

>この方、治療されてたら、多分今頃死んでますよ(^o^;)

私もそうじゃないかと思います。

  • 2015/05/27 (Wed) 06:09
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する