スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糖質制限系の食事法でも、カロリー摂取量は守るべき。

先週末は超高級ステーキを食べたので(当記事の最後↓に記載)、
バストアップの期待が膨らむ、
フォーミディブルですこんにちは。




糖質制限食の、江部康二さんのブログからです。

糖質制限食系の食事法では、
カロリー不足になりがちです。
糖質をやめると、あまり食事を食べたくなくなるので、
体力のないお年寄りや女性は気を付けたほうがいいと思います。

==============================引用はじめ
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-3415.html
血糖コントロール良好だが
体重減少し過ぎ。間食は?


2015年06月12日 (金)

こんにちは。

糖質制限食を始めた方からたまにいただく質問の一つに、

「血糖値は良くなったが、体重が減って力が出ない」

というものがあります。

今までの経験では、このような場合、ほとんどの人が結果としてカロリー不足になっていました。

常識の壁はなかなか拭いがたいものがあって、無意識に脂肪制限もしてしまう人がいるのですね。

こうなると「糖質制限+脂肪制限」のダブルとなってカロリー不足となってしまいます。

特に年配の方で、もともと少食のタイプではカロリー不足対策が必要です。

具体的には、間食としてナッツ類(アーモンド、カシューナッツ、ピーナッツ等)を20-30粒程度なら糖質が約3-4gですので、一日に2-3回は大丈夫です。

1gの糖質が、体重64kgの2型糖尿人の血糖値を約3mgの血糖値を上昇させ、1型糖尿人なら約5mg上昇させますので、自分で計算してみましょう。

ナッツ類のなかで、糖質含有量が特に少ないのは、くるみ、松の実、カボチャの種で、100gあたり5g以下です。

厚生労働省の決まりでは、100g中糖質含有量が5g以下のものを低糖質食品と呼んでいます。

一般的なミックスナッツで、100g中に約16gの糖質が含まれています。
1/3袋弱なら、せいぜい5gの糖質ですね。

ちなみにバターピーナッツ40粒が40gで、その内糖質が4.5gです。
また、アーモンド35粒が50gで、その内糖質が4.7gです。

あと、糖質制限食でやせて力が入らないという人には、通常糖尿人には奨めないのですが、敢えて果物がお奨めです。

アボカドは、100g(1個)あたりの糖質含有量が0.9gと圧倒的に少ないので糖尿人にも問題なし、とてもいいですね。

その他、可食部100gあたり糖質10g以下の果物は、

いちご7粒、
パパイア1/2個
グレープフルーツ1/4個
夏みかん1/4個
はっさく1/3個
メロン1/8個
もも1/2個

などがあります。

7粒、1/2個、1/4個というのは、可食部が約100gとなる量です。

・グァバ 4.8g
・ラズベリー 5.5g
・アンズ 5.5g (いずれも100g中)

なども低糖質ですが、ちょっと手に入れにくいかもしれません。

果物に含まれる糖質は、「果糖・ショ糖・ブドウ糖」などです。

このうちメインの果糖は、血糖値をほとんど上昇させないので、穀物の糖質に比べると、食後高血糖にはややなりにくいです。

従って、100g食べて10g以下の糖質の果物は間食としてOKなのです。

しかし果糖はブドウ糖よりも速やかに中性脂肪に変わるので、最も太りやすい物質の一つです。

果物の中のショ糖やブドウ糖は血糖値を上昇させますので念のため。

===========================引用終わり
(こういう人って、江部粉使用の糖質制限麺とか
食べてそうな気がしないでもありませんが…苦笑)

・・・だからというわけではありませんが、
これ以上体重を落としたくない私としましては、メロンを少々食べています。
今の時期のメロンが安くてとてもおいしい、というのが本音でもありますが・・・
(もちろん私は糖尿病ではないし、過食でもありません)




痩せたい人でも、カロリー不足はいけません。
たとえばMEC食の基準量、
豚ロース脂身付200g、卵3個、プロセスチーズ120gでは、
1200キロカロリーぐらいにしかなりません。
これでは、少なすぎます。
ほかに何か食べたくなります。
(私の場合過食がなくても、肉300gはほしいところ)

========================引用はじめ(抜粋)
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-3418.html
大食漢タイプと
倹約遺伝子タイプは痩せにくい

2015年06月14日 (日)



#1 普通の人
スーパー糖質制限食を実践した場合、
ほとんどの人が、
カロリー制限なしで、
厚生労働省のいう推定エネルギー必要量くらいを摂取して
順調に減量できます。

「日本人の食事摂取基準」(2015年、厚生労働省)
に示す推定エネルギー必要量の範囲、
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-10904750-Kenkoukyoku-Gantaisakukenkouzoushinka/0000041955.pdf
推定エネルギー必要量/日
              男性                  女性
15-17才        2500 2850 3150          2050 2300 2550kcal
18-29才        2300 2650  3050          1650  1950   2200
30-49才        2300 2650  3050            1750  2000  2300
50-69才        2100 2450  2800           1650  1900 2200 
70才          1850 2200  2500            1500  1750 2000

身体活動レベル    低い 普通 高い         低い  普通  高い

くらいが目安です。
ですから、通常はスーパー糖質制限食実践なら、カロリー制限は必要ありません。
普通の人は、スーパー糖質制限食を満腹するまで食べると、調度、
厚生労働省のいう推定エネルギー必要量くらいになるのです。

これは、魚や肉や卵など脂質・タンパク質の摂取が多いので、満足度・満腹度が得られやすいからだと思います。


しかし、約1割くらいの人が、スーパー糖質制限食でもなかなか痩せません。

痩せない場合、以下のの2つのタイプがあります。


#2 大食漢タイプ

 これは文字通り、普通の人の1.5倍~2倍くらい食べる大食いの方々です。
スーパー糖質制限食においても、カロリー無制限というわけではありません。
大食いの方々は身体活動レベルが低いときのエネルギー必要量、

男性1850~2300kcal/日
女性1500~1750kcal/日

くらいを目安にすれば、目標体重にダイエットできると思います。

#3 倹約遺伝子タイプ

基礎代謝が体質的に低い方々です。

この場合は「スーパー糖質制限食+カロリー制限食」が必要です。

身長にもよりますがおよそ

男性1600~1800kcal/日
女性1200~1400kcal/日

くらいが目安でしょうか?

倹約遺伝子タイプは、女性が多いと思います。

==============================引用終わり



MEC食の本や、ツイッターには、
「肉。卵。チーズはおなかいっぱい食べていい!」とか、
「カロリー理論の間違い」とか
「お肉食べ放題」とか
書いてありますが、
誤解を招きかねません。

ちゃんと摂取カロリーは守るべきです。

もちろん、
どうしても食べると吐き気がするとか、
長らくマクロビなどをやってきて、栄養不足で過食になっているときとか、
増減しても致し方ない時は一時的にはあると思いますが、

基準量への切り替え時を誤ると
変な風に太ったり(痩せない)、食べれない人もいるようです。

原則「摂取カロリー」、「1日3食」、を守るべきです。

マクロビや玄米菜食の提唱者だけでなく
糖質制限食の亜流の提唱者で、食品成分表無視の人もいます。
これは大変危ないです

ちゃんと食品成分表の重要な要点は守るべきです。

516IglPhhSL._SX258_BO1,204,203,200_[1]




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私は、先日は高級ステーキを食べました。
お店はこちら・・・
潜龍
http://www.senryu.co.jp/

imgb9e8b527zikbzj[1]
(岐阜観光..COMよりお借りしたイメージです)

歴史ある和風建築、手入れの行き届いた庭園、
部屋の正面に岐阜城と、鵜飼が見られるという、
完璧なロケーションです。

niku_steak[1]
(HPからお借りしたイメージです。)

岐阜市内のお店ですが、最近テレビのグルメ番組などでもよく出てくる、
飛騨牛ではありません。
飛騨牛は潜龍より歴史が浅いので、使わないそうです。

オリジナルの三重県産、「潜龍牛」なんだそうです。
やっぱり牛肉は三重県が最高峰なんですかねーー
厚くて大きな鉄板に、牛肉の大きな塊を載せて、
お姉さんが、好みの焼き加減に合わせて切り分けてくれます。

口に入れると、脂がとろっと溶けて赤身が口の中でほどけていきます。

小細工がないというか、
厳選された肉と野菜を鉄板で焼いて、、
岩塩か、シンプルなしょうゆベースのたれをつけて食べるという
原始人的な料理なので、お値打ち感は薄いかもしれませんが、

セイゲニストにはうれしいですね、
前菜、スープ、ご飯、お口直しが小さめなのも、グッド。

スポンサーサイト

コメント

本来の効果を考えると、それ相応の効用でしかない。

糖質制限の趣旨は「糖質の過剰摂取及び常習化による弊害の解消」です。
はっきり言って、「それ以上でもそれ以下」の何物でもありません。

それなのに、何故曲解が生まれ、更にそれがまかり通っているのか。
私には理解できないと同時に、強い憤りを感じます。

・糖質以外なら、何をいくら食べても大丈夫。肉・脂質を多量に摂取しても太らない。
・アルコールも糖質0なら大丈夫。
・完全ケトン代謝になれば、食事回数・量を減らせる。また、ある程度の絶食にも耐えられるようになり、むしろそのほうが健康に良い。
・糖質を完全遮断し、その代わり肉1kgを食して持病が治癒。

まだまだありますが、キリがないのでこの辺で。
枚挙に暇がありません。

下にいくほど話が怪しくなっていきます。
ただ、論証ができないので、虚偽だと断じることは私にはできません。


繰り返しますが、糖質制限の趣旨は「糖質の過剰摂取及び常習化による弊害の解消」です。
また、しつこいようですが「それ以上でもそれ以下」でもありません。

未病や健康維持の補助にはなりますが、医療行為には該当しませんし、ましてや「超能力」ではありません。

まだライザップの方がかわいいですよ。
「宗教化」していませんから。
糖質制限の亜流・派生の提唱者の曲解の方が、タチが悪いかと個人的には思います。
そこには「信者」が存在し、糖質制限から徐々に話がそれておかしな状態になっています。
確かに、糖質制限はセンセーショナルであり、未実施者からしてみれば異質に映ります。
しかし、それを「奇怪なもの」にしてどうするのでしょうか?

今回の解説と、「大病を患ってから厳しい糖質制限を含めた代替療法は無理」を合わせて、糖質制限実施者はもちろんですが、提唱者・関係者は今一度原点に立ち戻るべきだと思います。


余談ですが、潜龍牛は美味しそうですね。
脂身がほろりと口の中でほどけそう。


  • 2015/06/15 (Mon) 23:16
  • ぐうず #-
  • URL
No title

ぐうずさん、

糖質制限食をめぐる怪しげな諸説・・・

>・糖質以外なら、何をいくら食べても大丈夫。肉・脂質を多量に摂取しても太らない。
・アルコールも糖質0なら大丈夫。
・完全ケトン代謝になれば、食事回数・量を減らせる。また、ある程度の絶食にも耐えられるようになり、むしろそのほうが健康に良い。
・糖質を完全遮断し、その代わり肉1kgを食して持病が治癒。

自分でやってみてこれらがおかしいとわかってきたのは良かったです。

私も、牛乳や果物、調味料では糖質を摂ったり、たまにはお寿司を食べたりしていますが、
カロリーを減らしたり増やしたりするのだけは、恐ろしくてできません。
これは基本中の基本ですから・・・


>糖質制限の趣旨は「糖質の過剰摂取及び常習化による弊害の解消」です。
また、しつこいようですが「それ以上でもそれ以下」でもありません。
未病や健康維持の補助にはなりますが、医療行為には該当しませんし、ましてや「超能力」ではありません。

その通りです。

ケトプロだけでなく、
MEC食もなぜか最近は宗教色を帯びてきているような感じがします。

  • 2015/06/16 (Tue) 09:06
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

MEC食も宗教色を帯びてきている、に同感です。自分が実践して満足しているだけなら良いのですが、離乳食にまで「炭水化物を与えるのは虐待と同じ!」と言ったり、MEC食を否定する人は「バカ」と上から吐き捨てるように見下した発言をする育児中のお母さんのブログを見て常々感じました。

こういう親に育てられた子供は、以前フォミさんが紹介されていた「マクロビで育った子供」のようになってしまうのではないかと感じています。

  • 2015/06/16 (Tue) 11:14
  • ぴっぴ #ADoekhiM
  • URL

「脂質はいくら食べても不要な分は排出される」とか「カロリー神話。カロリーは全くのデタラメだから計算する必要なし」とかよく見かけますが、そんなわけないですね。確かにカロリーはピッタリ数字通りに体に変化をもたらす訳じゃないですが、目安にはなりますし。

私はケトプロ食の「バターが主食」を実践したら、ものすごい勢いで3kgも太り、驚いてしまいました。MEC食に戻したら体重もすぐに戻り、「そりゃそうだよね」と反省。

最近はフォミさんが載せて下さってた北島達也さんの動画やブログを毎日読み漁ってます。人工甘味料OKという点だけは私は真似しませんが、体作りに関する話はもの凄く説得力がありますね。目から鱗落ちまくりです。長年トップクラスの世界に身を置き、見聞きし経験した事を話してくださってますから、いつも病人を対象にしてる医師の方々とはまた違うレベルの事を知れるな~と感じました。美しさとは、健康のそのまた上をいったところにあるわけですもんね。

色んな医師や指導者などの発言に疑問を感じる点があると、いつもそれをフォミさんがブログで取り上げてくださるので大変有難いです。

  • 2015/06/16 (Tue) 15:02
  • うきうきうき #6facQlv.
  • URL
No title

ぴっぴさん、

MEC食やっている女性ブロガーは、「熱い」人が多いようですから、
宗教っぽいと思わせてしまうようなふしはありますね。

当の渡辺さんは、裸足とMEC食とかいうフェイスブックの非公開グループの宣伝をしていました。
裸足ランニングが良いというエビデンスは無いと思いますよ。
私の世代は「短命だったアベベ・ビキラを思い出すからやめてよ」と言いたいです。

  • 2015/06/16 (Tue) 16:22
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
No title

うきうきうきさん、

>私はケトプロ食の「バターが主食」を実践したら、ものすごい勢いで3kgも太り・・・

そうでしたか、がっかりされたことでしょう。
でも戻られてよかったです。

私たちの周りには食べ物があふれていますから、
何をどれだけ食べたらいいのかわからなくなってしまいます。
目安になる数字は、ある程度必要だと痛感しました。

北島達也さんの動画やブログは、読者の疑問に真剣に答えていらっしゃるようですね。
プロテイン、サプリをプロデュースしているようですからその点は割り引いて
見るようにしています。

  • 2015/06/16 (Tue) 16:36
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
当たり前のことを気がつかないのが「宗教化」

>MEC食やっている女性ブロガーは、「熱い」人が多いようですから、
宗教っぽいと思わせてしまうようなふしはありますね。

確かに、そのような傾向はあると思います。
実際にいくつかのブログやサイトを閲覧すると、話が飛んでいたり、一貫性がなかったり、文章が支離滅裂だったり、面倒くさくなったのか急に行方不明になったり。

「困ったさん」はいるものですね。

ただ、女性に限ったことではないとも思います。
ある集合体が「宗教化」してしまうと、そのコミュニティーに存在する限りは冷静且つ客観的な視点を保つのは困難であり、それは性差は問いません。

途中で怪しいと思ったり、不具合が発生するようなら、距離を置くことが最善でしょうか。
こちらが金銭を支払っている立場ならば多少の闘争の発生は致し方ない部分はありますが、そうでない限りは不毛な戦いは避けた方が賢明であり、一時期懇意にしていたからといって義理に思う必要など全くありません。

今回の議題で、いくつかのご意見が寄せられました。
私を含めて、恐らくみな「同じ道」を辿ったのではないでしょうか?
その「同じ道」を辿る過程において、最初は良かったのかもしれませんが、途中で怪しいと感じたり、「相性が合わなかった」というレベルでは済まされない不具合が身に起きたのではないかと想像されます。


「奇抜な体験談」を嘘だとは言いません。
その人にとっては、本当に起こったことなのでしょうから。
ただ、それを他の人にも共通する(であろう)という感覚を持っていることに、私は疑いを持ってしまいます。

・余剰摂取の脂質は排斥される。
・脂質を多めに摂取すれば、そのサイクルが促進される。
・肉やプロテインをガンガン摂取しましょう→あくまでもバター摂取を主眼としましょう。
・脂質で体が満たされればケトン代謝は軌道に乗るので、しばらく食事摂取をしなくても大丈夫。2日に1回くらい脂質多めの摂取が妥当。

「いい加減にしろ!!」、と言いたくなります。
明らかに話がおかしくないでしょうか?
まあ、これだけの(まだあるでしょうが)ドンデモ話が次から次へよく出てくるものだと、逆に感心しますね。

仕事などの諸事情での一時的な欠食や、お付き合いでたまの過食は許容されても良いと思います。
しかし、一部の「超能力者」を除いて、我々「一般人」は日常的に3食摂取を定常化させる方が賢明かと思います。
(というか、普通に考えて「当たり前」だと思いますが)


とは言ううものの、私も「非常識」のまばゆさにばかり見とれていた部分もありました。
フォミさんのサイトを閲覧するたびに、それを痛切させられます。
「それって当たり前ではないか」というものを、何で気がつかないのかな。

最近は自問せずにはいられません。



  • 2015/06/16 (Tue) 17:51
  • ぐうず #-
  • URL
No title

ぐうずさん、

ご意見ありがとうございます。

そうですね、困ったさんは女性に限ったことでもないし、
ブログ内容が支離滅裂だったりしますが、

今回私が、首をかしげたのは、6月24日に新しいMEC食のマンガ本が出るらしいのですが、
発売前なので当然ブログの管理人さんは読んでないし書評もないが、
複数の管理人さんが記事にしているのは、
なんとなくステマっぽいじゃないかと思ったりしています。

ケトプロに関しては、すでに食事法掲示板の体をなしていないようです。
管理人さんに問題があるんでしょう、脳内妄想でやっていては???
もう少し慎重にやってほしかったですね。



渡辺さんの、「野菜中心をやめなさい」という本の中で
「カロリー理論の間違いを伝える2冊の優れた本」という項目で紹介されていたのは、

「ヒトはなぜ太るのか」
http://www.wound-treatment.jp/next/dokusyo/194.htm
夏井さんの書評を読んだ限りでは、
糖質制限食を知っている私たちには、ありきたりの内容という感じです。

もう一冊が、江部さん監修の
「痩せたければ脂肪をたくさんとりなさい」
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-3060.html

それからイギリスのブロガーの1日に5000キロカロリーを21日間摂っても太らなかった話なども出てきますが

「野菜中心をやめなさい」の中では、
「余剰摂取の脂質は排斥される」については、
私が納得できる説明は見当たりませんでした。




  • 2015/06/16 (Tue) 19:25
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
ありがとうございます。

フォミさん。
まず、冒頭に謝罪いたします。

人様のサイトなのに、感情的に書き殴るような投稿をしてしまったことをお詫び申し上げます。

ケトプロの掲示板は、体をなしていないですね。
むしろ、「無秩序状態」になっています。
当掲示板を参考にした期間は、半年くらいです。
バターもプロテインも購入しました。
ただ、いずれも大量に残っております。

「体に必要な糖は糖新生で賄う」というのと同様に、生体維持に必要な脂質やタンパク質は肉等の食材に含有されている量で、本来は補えるはずです。
体を酷使する肉体労働者やスポーツ選手ならば、身体修復を補完する意味でバターやプロテインの追加摂取も良いかもしれませんね。
私も、在庫分に関しては、消費期限が許す限り「必要に応じて」使用したいと思います。

しかし、当管理人は「本来補助食材であるものを食事のメインと位置づける指導」を提唱し始め、しかも次第にそれをあたかも治療手段と受けとられない発言をしています。
だんだん雲行きが怪しくなってきたので、距離を置きました。

>管理人さんに問題があるんでしょう

そのためか、「困ったさん」が集まっています。
ケトプロ程度の議論に留まって入ればまだ良いのですが、「怪奇現象」の話も始まっています。
そのような人を「引き寄せてしまう」のでしょう。
(「DV被害を受ける女性は、何故か暴力的な男性を引き寄せてしまう」というパターンに似ているような)

過去の発言経歴や、ご本人が主張される「軋轢」をみると、言動内容は変われど何らかのトラブルはこれからもあるでしょう。
我々は対岸に避難し、これから起こるかもしれない「火事」を眺めていましょう。

MECも、通常の糖質制限で発生しがちであった「栄養不足」を補完する意味では良かったのですが、これも少々雲行きが怪しくなっている気がします。

不足分は必要に応じて補えば良いのであり、3食摂取ならば不足分の発生も低くなると思います。

これからも良識的な議題を楽しみにしています。
ご迷惑でない範囲内で投稿させて頂ければ幸いです。
よろしくお願い申し上げます。

  • 2015/06/16 (Tue) 20:14
  • ぐうず #-
  • URL
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2015/06/16 (Tue) 20:37
  • #
No title

上の非公開の方、

そうだと思いますよ。
思いつきみたいなアドバイスだったってことでしょうか。
玄米菜食をやっていたころから、変わっていないのでしょう。
人間、いろいろの経験から、変わることができるのかと思ったら、
なかなか変わるっていうのは、難しいみたいですね。

  • 2015/06/16 (Tue) 20:47
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
No title

こんにちは。
ケトプロ数ヶ月間試してみましたが体調は悪くないですが
太りました(笑)やっぱりバターの取り過ぎは良くないです。
「過ぎたるは猶及ばざるが如し」とは良く言ったものです。
いくらMECだ糖質制限食と言っても一食でドカ食いや食べ
過ぎはダメですね。

  • 2015/06/16 (Tue) 21:32
  • ふるたか #-
  • URL
No title

ふるたかさん、

そうでしたか、私も体調は悪くないですが、
これ以上痩せないように、適度にバターは食べています。
魚などカロリー低めの時はバターを多めに食べるようにしています。


  • 2015/06/17 (Wed) 09:33
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2015/06/19 (Fri) 11:56
  • #
No title

上の方、

たしかに、あの掲示板は、不思議な人が多いですね。

こういう場合、管理人さんはちゃんと一貫性をもって方向性を示していかないと、
ごちゃごちゃになってしまいますね。

毒だしという言葉もそうですね、
たとえば、アトピーの人の脱ステロイドも、
毒だしと言えなくもないですが、

この場合、ステロイド離脱、脱ステ、リバウンドなどの言葉が
一般的には定着していますから。
何でもかんでもひっくるめて毒だしという表現は幼稚に感じます。

脱ステで重い症状が出ている人は、
一般的に言われている「良心的な脱ステ医」に相談されたほうがいいと感じました。


  • 2015/06/19 (Fri) 14:19
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2015/06/20 (Sat) 09:13
  • #

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。