喘息は冷えと水毒、ステロイドは体を冷やします。

500x0_5454899a-c3cc-4c1b-85e8-36b90a0100b9.jpg
(ぜんそくは冷えと水毒。
ぜんそくの治療目的で、水泳などを始める人も多いようですが、
水泳で薬を使わなくてもよくなるのであればよいのですが・・・
ぜんそくだったイアン・ソープは、各種薬物がやめられなくて
今や、身も心も人生も、ボロボロらしい。)


================================引用はじめ
ぜんそく持ちのカナダ人、
実は3分の1は誤診の可能性

2008年11月19日 15:15 発信地:オタワ/カナダ
.
ぜんそく持ちのカナダ人、実は3分の1は誤診の可能性 写真拡大

img_ab9d25dec328bcda048ed3c939e0fc2782826[1]
ニューヨークのチャイナタウンで、呼吸器系疾患用の吸入器をもつ男性(2006年9月1日撮影)。(c)AFP/Getty Images/Spencer Platt 【メディア・報道関係・法人の方】写真購入のお問合せはこちら .

【11月19日 AFP】ぜんそくと診断されたカナダ人のうち、3分の1は医師が誤診したものである可能性が高い――。カナダの医学雑誌「Canadian Medical Association Journal(CMAJ)」上で18日発表された研究報告で明らかになった。

 この研究では、「医師がぜんそくと診断した人の約3分の1が、ぜんそくではなかった」とされ、「調査の結果、カナダなどの先進国では、簡単にぜんそくと診断される傾向が強い」と指摘。ぜんそくの症例が増えているのは、適切な検査が行われていないからだとしている。

 こうした誤診のおかげで、世界中で数百万人もの人がぜんそくの治療のために、高価な医薬品を服用したり、不必要に生活を変えている可能性があるという。(c)AFP/Michel Comte

==============================引用終わり

AFPの報道ですので、信頼性は高いと思いますが、
写真も印象的ですね。
ヤクをやっている浮浪者のような印象・・・

この写真からは、
情報弱者、貧困者から、薬代をむしり取る、
ぜんそく薬ビジネスという印象を受けるのですが、
それは私だけでしょうか



アサヒコムの報道からです。
==============================引用はじめ

http://apital.asahi.com/article/news/2015033100001.html
重いぜんそくに新吸入薬 
吸入ステロイドの補助的な薬

2015年3月31日


長時間作用性抗コリン薬

気管支ぜんそくの治療用として、昨秋、新たな吸入薬が承認された。ステロイドなど従来の吸入薬では効果が不十分な患者が対象で、呼吸機能をよくし、激しい発作を防ぐ効果があるという。一方、従来の薬が患者に正しく使われていない側面があり、その改善が課題になっている。

 横浜市に住む保土田(ほどた)江里さん(43)は7、8年前から、坂や階段を上る時に息切れをしたり、寒い日に胸が痛んだりし、軽いぜんそくと診断されていた。

 気道のはれを治すステロイドと気道を広げる長時間作用性β2刺激薬を一つにまとめた吸入薬などを使い、症状を抑えていた。しかし、昨秋ごろから、せきが止まらなくなり、重症化してきた。その後、これらの薬の量を増やすとともに、「長時間作用性抗コリン薬」という薬を使うことになった。
(以下有料)

============================引用終わり

これはアサヒコムの報道ですが、
よーく読んでみてください、

坂や階段を上るときに息切れしたり、寒い日に胸が痛んだり、
そんなことは健康な人でもなることはあります。
なにより喘鳴があったとは書いてありません。

それでも軽い喘息と診断されて、
吸入ステロイドとβ2刺激薬の合剤を使っているうちに
重い喘息になってしまい、さらに新薬を使わなければならなくなった、
それは患者のステロイドの使い方が悪いからだと、
大新聞社が白昼堂々と、患者のせいにしているのだから、たまったものではありません。



20141108-OHT1I50051-S[1]
(ウインタースポーツの選手に重い喘息が多いと思うのは私だけ?
ユヅくん。フィギュアスケートというより綱渡りを見ているよう。)



じゃあどうしたらよいか?
当ブログにいただいた、コメントです。
=================================引用はじめ

- ○2015/06/23○
No title

何度もすいません。
以前喘息について調べていたときに見つけたブログ貼り付けておきます。
ご存知でしたらすいません。
http://zennsoku.1remon.com/entry14.html

あとアメリカの心臓外科医の人の講演からの抜粋をアミーチョサロンの
KENさんが載せてますが肺にも飽和脂肪酸のパルミチン酸が良いみた
いですね。
http://dietforlife.blog.fc2.com/blog-entry-26.html

==================================引用終わり

ぜんそくを防ぐには、やっぱり肉食でしょうか。
漢方では、ぜんそくは「水毒、冷え」らしいので、
スムージーを飲むより、
むくみをなくし体を温める、焼き肉を食べるほうが絶対に良いですね。
カルシウムも摂ったほうがいいと思います。

糖質は血管や内臓をボロボロにするので、
そういう意味でも糖質カットは理にかなっています。

糖質制限食で、鼻炎、腸炎、痔が良くなるという話もありますから、
気管にも良いはずです。



すごい情報を見つけてくださいました。
コメントで紹介いただいた、アミーチョサロンからの抜粋です。

5肺
肺の表面活性物資が、我々を、喘息、咳などの呼吸障害から守ってくれるのだが、そのために必要なのは、パルミチン酸である。
この表面活性物資は完全にパルミチン酸で出来ているためである。


パルミチン酸は、動物の脂に多く含まれている飽和脂肪酸の主成分です。
パルミチン酸を主成分とする飽和脂肪酸が、
私たちの身体をガードしてくれているのは明白です。
皮下脂肪しかり、皮脂しかり・・・
きわめて酸化しにくい脂でもあります。
ですからパルミチン酸は化粧品の原料としても使われているんですね。
きっと粘膜も保護してくれているんでしょう。間違いないです。

パルミチン酸は、肉の脂に多いですが一番多いのはバターです。
ココナッツオイルには飽和脂肪酸が多いのですが、
ラウリン酸が主成分で、残念ながらパルミチン酸は少ないです。


ですから、ぜんそくには動物性の油脂をしっかり摂って、粘膜を丈夫にして、
だんだん薬を弱いものにしていくというのが、フォミの私見です。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2015/06/28 (Sun) 19:00
  • #
No title

上の方、

そうですね。
ぜんそくって儲かるのかもしれません。
息子さんのお友達も、治らないのはおかしいですよね。

アトピーだと入院する人は多くはないだろうし、
命にかかわるとは、思わないでしょうが、
ぜんそくは「息が止まる」という脅し文句があるので、
自分(家族)が判断するということが難しいかもしれません。

会長さんは元気ですよ。
会長さんにもお肉や牛乳を摂ってもらっています。

  • 2015/06/28 (Sun) 20:37
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

フォミさん、こんにちわ。

子供がアトピーです。それで色々調べていましたが、アトピーの子供はアトピーの症状が治まった後、喘息に移行しやすいと書いてありました。
前回と今回のフォミさんの記事の読後、「薬を使わせ続ける為のでっち上げかな?」と考えてしまいました。それにしても吸入型ステロイドの副作用も恐ろしいですね。ステロイドに限らず、やはり薬は安易に使用するものではないですね。

  • 2015/06/29 (Mon) 10:57
  • ぴっぴ #-
  • URL
No title

ぴっぴさん、


>アトピーの子供はアトピーの症状が治まった後、喘息に移行しやすいと書いてありました。

薬を使わせ続けるためのでっち上げというより、副作用隠しかもしれません。
脱ステ医としてネットで有名な、たらお皮膚科のHPには、こう書いてあります。

> 気管支喘息のため、時々フルタイド(ステロイド吸入剤)を使用されたために発生したと考えられる顔面の紅斑で、ステロイド外用剤や内服薬は使用していません。ステロイドは外用剤だけではなく、点眼薬や吸入薬や点鼻薬でも、体質や使用期間、薬の種類によっては、皮膚に紅斑やカサカサなどの症状(ステロイドの副作用)が出ます。

ぜんそくのステロイド吸入薬の副作用でアトピーのような症状が出るというのです。

この反対で皮膚用のステロイドの副作用でぜんそくのような症状が出ると言っている人もいます。

私の長男は、乳幼児のころにアトピーがひどく、ステロイド軟こうを使いましたが、
ステロイドがアレルギーの原因と知ってからは、
何があっても一切ステロイドは使わないと決め、リバウンドはありましたが、
30歳になる今は、アトピーもぜんそくも花粉症もありません。

  • 2015/06/29 (Mon) 15:46
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
ステロイド

初めまして。いつも楽しみにフォミさんのブログを読ませて頂いています。
そして、フォミさんのブログによって少しでも多くの人達が真実を知り、救われるといいな思います。

本当に恐ろしいです。ステロイド。地獄を見ることになります。
私の母はステロイドの使用によって重度の喘息になり地獄の苦しみを経て亡くなりました。ステロイドに殺された、と言っても過言ではないです。

始まりはただの咳だったんです。でも抗生剤など薬を飲んでもっと咳が酷くなり、ステロイドも使う様になり、どんどん薬が効かなくなりどんどん強い薬に変わっていき、もちろん吸入器も使い続けて効かなくなり、ステロイドの注射も打つ様になり、それも最後には効かなくなりました。
何十年もステロイドを使用してきて、母が喘息の発作で医者に救急車で言った時、医者が母にこう言ったんです、 「この注射打ったら死ぬかも知れないよ。それでも打ちますか?」って。喘息で薬ずけにされもうどの薬も効かずに発作を起こして死にかけて救急車で病院に行き、医者にそう言われるんです。その注射の中身が私には何だったのか分からないですが、死ぬかも知れないって言われても、拷問の様な苦しみ中どうしろと?打つしかないよね。死にかけるほど苦しんでる中、医者にそんなこと聞かれて、母に何の判断ができると?ただただ恐怖だったと思い、涙が出ます。私はその時はそばにいなかったので、父と姉が母の看病をしていて、いつも彼らから聞きました。
その時は何とか母は命を取り留めましたが、その後はそんなに長くなかったです。

母は亡くなるまで30年くらいステロイドを使い続けました。そして亡くなる数年前に進行性のパーキンソン病だと診断されました。そんなの嘘です!副作用なんです。誰も信じなくてもいい、声を大きくして言いたい、副作用です。何十年もステロイドを使い続けてきた副作用です!
もちろんステロイドだけでなく他の薬も医者の言われるままに飲んでいました。色々な薬の副作用です。
パーキンソン病が発症したんじゃなくて、薬の副作用でパーキンソン病の様な症状が出るんです。私はパーキンソン病と言う病気は薬の副作用だと思っています。ステロイドだけではなく、色々な薬がパーキンソン病の様な症状の副作用になるんだと思います。しつこいけど、副作用です!

結局、ステロイドを使い続けた成れの果てはパーキンソン病にもなり、それは恐ろしい拷問の様な苦しみを味わって死んで行くんです。

どうして医者はどんどん病状が悪化して行くのに何も気付かないんだろうか?どうして何も知らないんだろうか?知っているけど知らないふりをしているんだろうか?
私の様なただの一般人、全く医学の知識がない私でも、今の時代インターネットで検索すればある程度ステロイドの恐ろしさを簡単に知ることが出来るのに。

母が亡くなるまで何も知らなかった自分が悔しくてならないです。家族揃って母にちゃんと薬飲まなくちゃ病気治らないよって、言ってた事が今はなんて恐ろしいことを言ってたんだと、後悔してならないです。

母は亡くなる前、もうすでにステロイドで身体がボロボロになってしまった時に「ステロイドは、生きるか死ぬかと言う時しか絶対に使ったらあかんで」と何度も何度も苦しみの中私に伝えてくれました。

この言葉が全てなんだと思いました。

何十年もステロイドを使い続けて治ると思っていた病気が悪化して、ボロボロになり、地獄の苦しみの中ステロイドを使った事が間違いだと、今のこの苦しみはステロイドがもたらした事だと身を持って気付いたんだと思います。苦しんでる本人が1番分かりますよね。間違っていたと。でももう手遅れだと。

フォミさん、ごめんなさい、人様のブログのコメント欄に自分の感情をぶつけて書いてしまいました。
ステロイドに対してとても思い入れ(憎しみ)があるので、フォミさんの記事を読んで書かずにはいられなくなりました。母の経験を伝えることによって少しでもステロイドの怖さを伝えたくなりました。
もし不適切な言葉などあればご迷惑をお掛けして申し訳ありませんが、削除してください。よろしくお願いします。

私はフォミさんの様に真実を語って下さるブログによって、一人でも多くの人が救われて欲しいです。
そしてそういったブログを書いてくださっているフォミさんにとても感謝しています。私もたくさんの情報を頂いて日々救われています。ありがとうございます。

  • 2015/06/30 (Tue) 05:41
  • Happy #GMnhe4P2
  • URL
No title

Happyさん、

体験談をありがとうございます。
さぞ、つらかったことでしょう。

私も父を糖尿病の標準治療で亡くしました。
私たちは、親と同じ轍を踏まないことが、親孝行だと思いますし、
少しでも健康でいる期間が長いことが、子供への孝行だと思います。


勝手ながら、
皆さんに気が付いていただきたいので、
このコメントを、本文のほうで紹介させていただきたいと思います。

  • 2015/06/30 (Tue) 07:29
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
No title

フォミさん、お返事をありがとうございます。
どうぞ私のコメントで良ければ紹介して下さい。
フォミさんもお父様のこと、お辛かったですね。きっと色々な思いがおありだとお察しします。

  • 2015/06/30 (Tue) 09:05
  • Happy #GMnhe4P2
  • URL

ステロイドの副作用で喘息…納得できます。ステロイドを使用すればするだけ泥に足を突っ込む事になりますね。気が付いたら脱け出せなくなっている…。Happyさんのコメントが全てを物語っていると思います。

  • 2015/06/30 (Tue) 12:11
  • ぴっぴ #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する