牛乳有害説の有害性は思った以上に深刻

先日の記事に多くのコメントをいただきました。
aoamanatu.blog.fc2.com/blog-entry-910.html
頂いたコメントは役に立つ情報満載で、
まるで情報の宝石箱・・・

fc305095[1]

長いですが、ぜひ最後まで読んでください。

==========================引用はじめ
すみれ ○2015/07/21○
No title

今日も素敵なエントリーありがとうございます!

「日焼け止めは毒」で検索すると
たーくさん出てきますね。
私も日焼け止めは使っていません。
でも、堂々と太陽を浴びております。
糖質制限と牛乳のおかげでしみも薄くなってきました。

日焼け止めと牛乳有毒説は実は密接に繋がっていますね。
ビタミンDも太陽を浴びて得るのが自然ですよね。
サプリを売りたいのでしょうし、他の毒も注入したいのでしょう。


フォーミディブル ○2015/07/22○
No title

すみれさん、

日本は北欧などに比べたら、
年中陽に当たれるからありがたいと思うべきですよね。

お与えを悪者扱いしたら、お天道様のバチが当たりますよ。


かみん ○2015/07/22○

はじめてコメントさせていただきます。

昨日のNHKの夜のニュースで、紫外線を防ごうキャンペーンをやっていました。
紫外線はシミやシワ、ひいては皮膚ガンの原因になります、小さい子供の内から日焼け止めクリームなどでしっかり予防しましょう云々……
しっかり化粧品会社も実名で出てました。
テレビはキャンペーンばかりですね。

3歳と1歳の息子たちには日焼け止めクリームは使わず、熱中症にならない程度に外で遊ばせています。

昨日のニュースで嫌な気持ちになったところで、タイムリーな記事だったのでコメントしてしまいました。

今後とも楽しみにしています。


フォーミディブル ○2015/07/22○
No title

かみんさん、

NHKがメーカーのちょうちん持ちやっていましたか、
常習ですね、困ったものです。

子どもに日焼け止め化粧品はいりませんね。


- ○2015/07/22○

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます


ふるたか ○2015/07/22○
No title

こんにちは。

松嶋尚美さんの「牛乳は毒」発言も内海先生や長尾先生達の影響かと思われますが
大体論点は決まっていて
1.乳糖から分解されるガラクトースをは不必要
2.カルシウムの吸収効率の低下
3.残留農薬の蓄積の問題
ですよね。
特に以下の長尾先生の乳糖に関しての言及は理論的ですが仮説なのかエビデンスがあるのか良く理解できない箇所があると思いますね。
https://www.facebook.com/notes/%E9%95%B7%E5%B0%BE-%E5%91%A8%E6%A0%BC/%E4%B9%B3%E8%A3%BD%E5%93%81%E3%81%AE%E6%91%82%E5%8F%96%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%E3%81%BE%E3%81%A8%E3%82%81/838315919579647?pnref=lhc


すみれ ○2015/07/23○
No title

ふるたかさん

私もいつも長尾氏が牛乳有毒説を書くたびに不思議に思うのです。
長尾氏は内海氏よりまともなことを書くことが多いのに
(内海氏の話は馬鹿らしくて読む気にもならない)
この牛乳に関しては一貫して内海氏と同じ理論を繰り返していますね。
何かあるんじゃないかと思っています。
牛乳に関してだけ、根拠がとてもあやふやで子供だましのような理由で非難しているのが彼らしくないと毎回思います。
長尾氏くらいになれば、牛乳の真実とラクトースの働きを知っていてもおかしくないのに、すごく変です。


フォーミディブル ○2015/07/23○
No title

上の非公開の方、

子どもに日焼け止めはおかしいですよね。

まあ、適度にですが・・・

白い肌に茶色い髪が見慣れてしまって、
日焼け肌に黒い髪が田舎くさく見えるのかな?
見慣れるって怖いかもしれません。

オセロのお二人さん依存傾向が強いのかもしれませんね。


フォーミディブル ○2015/07/23○
No title

ふるたかさん、

私も、長尾さんは、内海さんよりましかなと思っていましたが、
やっぱり同じ穴のムジナなのかなとガッカリです。

どうしてバターやチーズは無制限なのに、牛乳はいけないのでしょうか。
リーキーガット(これも意味不明ですが)になるのはグルテンではなかったのか?
乳糖でリーキーガットになるという説明は矛盾しています。

内海さんが、長尾さんはオーソモレキュラーだと、たしか書いていたのが記憶にありました、
そもそも私にはオーソモレキュラーというのがちんぷんかんぷんなので、
「オーソモレキュラー、牛乳」で検索をしてみたら、
同じようなことを言っている歯科医は多いみたいです。
http://ameblo.jp/aoi-shika/theme-10073513964.html

そういえばMEC食のちょうちん持ちをやっている歯科医の吉岡秀樹さん
(私は彼と人工甘味料をめぐってけんかをしているんですが)
牛乳には否定的?
http://ameblo.jp/cookie369/entry-11496836241.html
やっぱり牛乳じゃなく、ペット飲料(人工甘味料)を飲んでもらいたいのですよ。
乳糖は、カルシウムの吸収を促進するだけでなく、
キシリトールと同じような働きをするといわれていますからね。

長尾さんも吉岡さんも普通の歯科医だったということかもしれません。


フォーミディブル ○2015/07/23○
No title

すみれさん、

やっぱりおかしいと思いますよね。

えっ、長尾さんも、吉岡さんも、北海道大学?
灯台下暗し!、こんなんじゃあ困りますよ。


- ○2015/07/23○
No title

長尾さんの牛乳を否定する意図はわかりませんが、人工甘味料については明確に著書で否定しています。


フォーミディブル ○2015/07/23○
No title

上の方、

ご指摘ありがとうございます。

話をややこしくして申し訳ありません

この場を借りて整理しておきます。

内海聡さんは、サイエントロジー
長尾周格さんは、オーソモレキュラー
吉岡秀樹さんは、MEC食、
という認識でよろしかったでしょうか。

細かい違いはありますが、
牛乳摂取を認めていない
乳糖の利点を認めていない、という点では、
共通していると言っていいでしょうか?


- ○2015/07/23○
No title

ご返信ありがとうございます。

オーソモレキュラーとは分子栄養学のことで、高額なサプリメントでの自費診療をしているクリニックがよく取り入れています。(ビタミンの大量摂取など)

ですので、売りたいのは(人工甘味料ではなく)サプリメントだったらあり得ます。

内海氏とはサプリつながりかも知れません。


フォーミディブル ○2015/07/23○
No title

上の方、

そうかもしれませんね。


すみれ ○2015/07/23○
No title

サプリを勧める人はやはり信用おけません。
原始人食だと言いながらサプリを摂れ!って。
その人の口からサプリの言葉が出たら警戒するようにしています。


M ○2015/07/23○
No title

長尾さんも吉岡さんも溝口医師(オーソモレキュラー)の関係者から
栄養のことを語るようになったのです。

長尾さんははじめはサプリも試したが、
今はサプリは必要ないという方針だと言っていました。
自費診療の歯科で儲けていると思います。
長尾さんは野生肉、天然魚などへのこだわりもあるようです。

吉岡さんは基本はMEC食をすすめ、
症状がひどい場合に補助的に栄養解析とサプリはすすめているようです。
擁護するわけではないですが、
人工甘味料をことさらすすめているわけでないですし、
添加物を気にするよりMECをしっかり食べましょうという方針のよう。

牛乳については否定論が多いですね。
栄養療法でもパレオ食などでも、
カゼインが悪いということになっていて(チーズも)、
リーキーガット改善のためにグルテンフリーカゼインフリーということらしいです。


ヒバナマタキチ ○2015/07/23○
No title

綺麗な小麦色のお姉さんですね。健康であれば、またすぐ白い肌に戻るのでしょうね。

カルシウムについてオーソモレキュラーの記事がありました。
https://www.orthomolecular.jp/nutrition/calcium/
こちらではカルシウムの吸収について、ちゃんとCPP(カゼインホスホペプタイド)、乳糖と書いています。しかしこれが牛乳とはなっていません。
明らかにCPP(カゼインホスホペプタイド)、乳糖を含んでいるものは牛乳しかないはずです。

CPP(カゼインホスホペプタイド)の説明です。
http://www.248.co.jp/look/30ccp.html
よく悪者扱いされるリン(リン酸イオン)ですが、
牛乳に含まれる
「CPP(カゼインホスホペプチド)を同時に摂取すると、それらはカルシウムの天敵のリン(リン酸イオン)と結合します。カルシウムと結合するリン(リン酸イオン)の量が減少することで、カルシウムがより多く体内に吸収されます。
牛乳は、CPP(カゼインホスホペプチド)を含んでいることより、小魚や野菜よりカルシウム吸収率が高い(50%)と知られています。」

と説明されています。
先ほどのオーソモレキュラーの記事ではカルシウム吸収に不可欠な因子、
マグネシウム(自然塩)とも書いてあります。
また、
カルシウム吸収を
阻害する因子 リン酸、シュウ酸、フィチン酸、多量の食物繊維
これは玄米菜食はもっとも吸収が悪くなる事がわかります。

良い事は書いてますが、やってる事は全くとんちんかんです。
カルシウム吸収はやっぱり牛乳が一番だと思います。


フォーミディブル ○2015/07/23○
No title

すみれさん、

そうですよね。
長尾さんがサプリを売っているかどうかはわかりませんが、

オーソモレキュラー自体が、ビタミンなどの多量摂取をやっているみたいなので、
信用できません。


フォーミディブル ○2015/07/23○
No title

Mさん

長尾さんは、狩猟の免許を取ったとか言ってましたが、
こういうのは面白い取り組みだと思います。

吉岡さんが人工甘味料について語っている、動画がありますが、
動画で言っていることは間違っています。
それについて指摘したのがこの記事です。
http://aoamanatu.blog.fc2.com/blog-date-20140816.html
多分この動画が、私の記事への返事でしょうね。
「やっけーブロガーパワー?
基本コンセプトが同じなら、えぇじゃないか! って、思いませんか? 」
https://youtu.be/HQtFbNQcf9Y
答えになっていませんので、
吉岡さんは、人工甘味料を勧めているかどうかという以前の問題として
指摘されてもしょうがないと思います


フォーミディブル ○2015/07/23○
No title

ヒバナマタキチさん、

CPPについてわかりやすく書いてくださってありがとうございます。
明治あたりではもう製品化されているようですね。
(牛乳から摂れば、問題ないのですが)

リーキーガットはカゼインが原因だとすると、
わけがわかりませんね。
まさにやっていることはとんちんかん。

牛乳(母乳)という一つの食品で、
人間(動物も)が育つように、うまくできているんですよね。


ふるたか ○2015/07/23○
No title

フォミ様、皆様、ご返答ありがとうございます。
色々参考になります。

しかし何故医者はここまで乳製品特に牛乳を目の敵にするのか
もはや脅かしに近い読み物もあります。
そうなると松嶋さんみたいにちゃんとネットで調べてないような芸能人が
人ずてに聞いた話を短絡的に信じてそれをメディアで公言する事って怖い
ですね。
この方幼稚園で自分の子供にだけ牛乳を飲ませないように先生に言って松嶋
さんの子供だけコーンフレークに麦茶かけて食べたとか(笑)
明らかにコーンフレークの方が体に悪い気がしますしまずいと思いますが。

「炭水化物は人類を滅ぼす」の著者で医者の夏井先生も乳がんや前立腺がんの
原因は乳製品と良くわからない事を言ってますが論理的なだけに信じてしまう
人も多いと思います。

http://www.wound-treatment.jp/new-data/2013-0903.htm
兎に角、医者とか管理栄養士は利害関係で平気で物を言いますから要注意ですね。


すみれ ○2015/07/24○
No title

<牛乳有害説>まとめ
■牛乳有害説から知る、不安の煽り方
http://d.hatena.ne.jp/bathrobe/20070418/p1
■牛乳有害説から見る、詭弁の基本
http://tail.s68.xrea.com/blog/2006/08/post_33.html
■ダマされるな!牛乳有害説の有害性
http://tairakun.blogspot.jp/2014/04/blog-post_6652.html
■とらねこ日誌
http://d.hatena.ne.jp/doramao/20131207/1386390298
■牛乳は人間が飲むものではない?
http://blogs.yahoo.co.jp/drjohnny0626/6351386.html


すみれ ○2015/07/24○
No title

■さらば「牛乳=有害説」。
http://ume-kobucha.cocolog-nifty.com/
■「牛乳有害説」の根拠
http://yoshibero.at.webry.info/200706/article_17.html
■まだ「牛乳有害論」を信じている人が居るのね~・・・!?
http://ameblo.jp/inugamiakira/entry-10574884548.html
■牛乳は体に悪いのか? 牛乳有害説の報告の占める割合に驚き
http://1000nichi.blog73.fc2.com/blog-entry-6758.html

すみれ ○2015/07/24○
No title

牛乳有害説を言う人の主張
---------------------------
1)体が酸性に傾き、それをアルカリ性に直すために、骨からカルシウムが奪われるから骨粗鬆症の原因になる。
2)成長ホルモンを与えられて育った牛のお乳なので、乳がん・子宮がんなど婦人科系のがんの原因になる。
3)牛の赤ちゃんにとって消化しやすいようにできているが、人間の赤ちゃんやましてや成人している人間向きの成分ではないし、他の動物の赤ちゃんの飲み物を飲むのは不自然。
4)他にタンパク源のなかった山岳民族の人たちは200年かけて乳糖分解酵素を体に持つようになったが、日本人は乳糖不耐性の人も多くお腹を壊す原因になる。
5)牛乳は戦後アメリカの政策によって植民地日本にもたらされたもの。そろそろ卒業してもよいのでは?

山田 豊文(杏林予防医学研究所所長)
------------------------------
↑ この方は糖質制限を否定しています。
  断食を推奨されています。
  粗食を推奨されています。
  日本の伝統食がもっとも健康食だと言ってます。
  1日1-2食を推奨されています。

・・・・・もう充分ですね。これだけ揃えば、
もうこの方のいうことに耳を傾ける必要がないことがわかります。

かなり無理のある「牛乳を飲んではいけない理由」ですね。
どの理由も調査、研究、実績に基づいていないし
理論的でもありません。
ただの子供だましです。


フォーミディブル ○2015/07/24○
No title

ふるたかさん、

コーンフレークに麦茶かけてですかwww

夏井さんも、牛乳NGでしたか、
夏井さんは理論的な方だと思っていましたが、
佐藤さんに疑問を持たなかったのでしょうか。

本人たちは絶対得をすると思っての言動でしょうが、
信用だとか人脈だとか良心だとか、
そういうお金に変えられないもの、一度失ったら戻らないものと、
お金や目立つことと引き換えにしていると、
気が付いていないのでしょうね。


フォーミディブル ○2015/07/24○
No title

すみれさん、

情報ありがとうございます。

もうこうなってくると、生物学の論争ではなく、
言葉遊びのレベルですね。

ドラえもんが存在しないことを大の大人に証明しなければならないような・・・
犯罪社会学のレベルの問題かもしれません。

たとえば、内海さんの動画では、
GHQが日本に「余った牛乳」をおしつけたというようなことを言っていますが、
そうではなくて「家畜のエサレベルの脱脂粉乳」だったはずです。
「牛乳」と「脱脂粉乳」では天と地ほどの差があります。

内海さんの親の世代は、その「死ぬほどまずいGHQの脱脂粉乳」を飲んで
やっとこさ栄養失調をまぬがれてきた世代だろうと思うのです。
それを知らないで栄養指導とは・・・?

主語がすり替わると、議論にも何もなりません。
まぁ、当ブログは次々湧いてくるゴキブリみたいなものを、
ひとつづつつぶしていくという、
「ネタ」には困らないわけですが。


こんな報道もあったんですね。

>今回のものは学術誌に載ったものでそれよりはレベルが上なわけですが、内科医の方は「牛乳有害論の論文は話題になりやすいのですが、逆に牛乳が有益であるという研究結果はこれほどまでに拡散しない」と指摘しています。

「例えば、このスウェーデンの研究の1か月前にはウィーンで開催された欧州糖尿病学会で牛乳などの乳製品をよく食べるで人は、全く食べない人に比べ、2型糖尿病の発症リスクが23%低下するという結果が出ています」

======================引用終わり


次回は、オーソモレキュラーについてで。
スポンサーサイト

コメント

乳糖の効用の現れ

フォミさん、こんにちは。

牛乳の積極的摂取を再開してから、1ヶ月程度経過しました。
少しずつの変化でしかないのですが、快腸状態を取り戻しつつあります。
しかし、時々腹部の膨張感があるので、残念ながら2日に1回程度の便秘薬の併用を続けています。
(重ね重ねですが、いずれは手放したいものです)

同様に乳糖含有量が高いヨーグルトも摂取しておりますが、私感では牛乳の方が僅かに効用が高いように思います。
これは、ただの気のせいかもしれません。
液体吸収の機能がある大腸に効率的に作用するためには、液体である牛乳の方が優位性があるためでしょうか?

牛乳の常飲をするようになってから、積極的な高脂質摂取をしなくとも(徐々にですが)酷い空腹感が落ち着いてきました。
それに呼応して、高脂質摂取後にいきなり増量した体重も元に戻りました。
改善は決して右肩上がりの状態ではありませんが、私にとっては少なくとも「乳糖悪者説」は信じなくとも良さそうです。


悲しいかな私は学識がないので、医師や学者の乳糖に関しての研究についてはわかりません。
ただ単純に、自身の体感や身体の変化が現れたらそれに関して言及し、フォミさんやサイト参加の皆様のご意見を伺えればと思う次第です。


  • 2015/07/29 (Wed) 16:32
  • ぐうず #-
  • URL
No title

ぐうずさん、

体感を書いてくださってありがとうございます。
体重が戻ってよかったですね。

学識があるかかないかは関係ないと思います、
私も専門知識を持っているわけではありません。

ただ、牛乳は悪者であるという、
確たる証拠がないのに悪者にされているというだけです。

ケトプロ掲示板でも、フェイスブック糖質やブログで制限について語っている先生たちも
カルシウムについては、言及されていないのが不思議なくらいなんですが、
カルシウムは私たちに最も大切なミネラルであり、
http://www.healthcare.omron.co.jp/resource/column/life/85.html
牛乳から摂取するのが一番効率が良いのは間違いないです。


>液体吸収の機能がある大腸に効率的に作用するためには、液体である牛乳の方が優位性があるためでしょうか?

それはあるかもしれませんね。
私の場合たった2~3時間で、トイレに行きたくなるというのは、
不思議なくらいです。



この場を借りて牛乳に対しての私の体感について書きますと、
牛乳を飲むようになって一番よかったのは、
カルシウムの効果だと思うのですが、体の痛いところがなくなったことです。

牛乳は便秘に効くというのは実感しました。
ただ、私の場合、牛乳には慣れが来ているようです。
慣れが生じるだろうとは予想していたことではありますが。

しかし一時的にであっても、便秘解消に使えるのは事実だし、
私自身、毎日もしくは2日に1度は便通があるので、
どちらにしても薬は使わなくても行けるだろうとは思っています。

便秘には牛乳より確実なのは、酸化マグネシウム製剤だろうと私も思います。
ケトプロの掲示板ではどんなにひどい便秘であっても
マグネシウム製剤でも使ってはダメだということになっているようですが、
どうしてそうなっているのか私にもわかりません。

酸化マグネシウムが効かなくなって便秘がひどくなるということはあるのでしょうか。

牛乳を飲むと、おなかがすきにくくなるというのは私も感じていました。





  • 2015/07/29 (Wed) 17:46
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
体験談を交えての解説返信、ありがとうございます。

フォミさん、返信ありがとうございます。

ご指摘のように、糖質制限を取り上げるマスメディアやサイトにおいて脂質の重要性は説いても、乳糖に対して該当する媒体の存在が現在皆無に等しいですよね。
(フォミさんのサイトが筆頭でしょうか?)

ここしばらくは、フォミさんのサイト投稿欄にお邪魔することを控えておりました。
(決して某掲示板に対してのように「距離を置きたい」と思っていたわけではなく、閲覧自体は続けていました)

牛乳摂取の効用が形となって現れてから、近況を申し上げる意向であったためです。
そうでない限りは、中身がない投稿を続けても散文になりがちになり、投稿自体に何ら意味を持ちません。
(サイト上ではその性質上、論証が限りなく不可能な虚偽内容の投稿は論外です)

それならば、(たとえ回数が少なくとも)内容が伴った投稿をする方が賢明かと思いました。

サイト管理者であるフォミさんは一つの作品を作り上げるように毎解説を掲載されておりますが、投稿者も同じように参加しないと解説項目の主眼もぼやけてしまうような気がします。
(私の場合、「てにをは」をも間違ってしまいそうなので「投稿の乱発」を避けたいと思います)


あと、非礼を承知でリクエストしたいのですが・・・。

もしフォミさんに余裕があればなのですが、「糖質制限紹介関連サイトの真偽」をテーマに取り上げて頂きたいと思います。
糖質制限がセンセーショナルになってから一定の時間が経過しますが、マスメディアでは百花繚乱の状態となっています。
特に、インターネット上では様々な情報が飛び交っておりますが、「(某掲示板のように)怪奇的なサイト」も存在します。

「怪奇的なサイト」であったとしても、糖質制限がうまくいかず悩んでいる方々は藁をも掴む思いで、つい飛びついてしまいます。
途中で抜け出せれば良いのですが、信じきってしまうと新興宗教と同じでますます泥沼にはまってしまいます。

警鐘を鳴らすためにも、論証するための解説項を掲載して頂ければ幸いです。
(勝手ばかり話して、申し訳ございません)





  • 2015/07/29 (Wed) 20:10
  • ぐうず #-
  • URL
No title

ぐうずさん、

気楽に書き込んでくださって大丈夫ですよ。
間違ったら訂正すればいいのだし・・・

私も「てにをは」なんていい加減です。
地方なので方言があるのでなおさらです。
誠意から伝えたいという気持ちは、文章が下手でも
誠意のある人に伝わっていくと思います。

混乱させるために、わざと「てにをは」を紛らわしく書く人(特に有名な人や偉い人)がいるので、
気を付けたほうがいいと思って書いたまでです。



「糖質制限紹介関連サイトの真偽」についてですが、
これは私も気になっていました。
某掲示板に書き込んでいる人の症状は、ひどいですね。
それでも毒出しで押し切るのは、おかしいと思います。

今日オーソモキュレーターの食事法についての記事をUPする予定です。
オーソモキュレーターの食事法は糖質制限食のようではありますが、
本来の江部さんの糖質制限食とは別物のようです。

  • 2015/07/30 (Thu) 08:52
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
No title

フォミさん、こんにちわ。

「牛乳」について、ひとつ我が家で気づいたことを書かせてもらいます。

我が家の息子(7歳)は、便秘ではないのですが、とにかく大便のあとの
トイレの臭さといったらひどいものでした。どれぐらいひどいかというと
トイレから何mも離れた場所にいても「あ!いまトイレにいてるな」と
分かるほど...家族から「換気扇!」「消臭スプレー!」と幼稚園児の頃から
言われ続けておりました。

母としては「便秘でもないのになぜ?」でも腸内の環境が良くないのであろうことは
想像できました(家族同じものを食べているのにどうしたものか、と)

それがフォミさんの牛乳(乳糖)関連の記事を読んでから自分だけでなく息子にも
積極的に牛乳を飲ませるようにしたところ、気が付けば「あれ?臭くない」のです!
牛乳以外なにも生活、食事も変えていません。

きっと腸内でビフィズス菌が優勢になってきたのかしら?と牛乳の威力にまたもや
驚きました。臭いだけでなく、明らかにトイレにこもる時間も短くなっており
(以前は「まだー?早く出て!」と家族から最速されるほどこもっていた)これは
腸内環境が良くなったに違いない!と思っています。

  • 2015/07/30 (Thu) 15:35
  • あじさい #-
  • URL
No title

あじさいさん、

体験談をありがとうございます。
参考になります。

息子さんのトイレのにおいと、こもる時間が短くなって良かったですね。

若い人はきっと良い変化が現れるのが早いのでしょうね。

  • 2015/07/30 (Thu) 18:36
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する