フォルテオの副作用について

2ef1ef76faf263b98d0cc156b7609731[1]

桃井:女たちよ!ちゃんと見てる~?自分の背中。
字幕:(桃井かおり63才)

ナレーター:背中が曲がった・背中が縮んだ・腰が痛い、など
骨粗鬆症による「いつのまにか骨折」かもしれません。

でも、骨はいくつになっても代謝を繰り返して作られています。
お医者さんにご相談ください。

桃井:まっすぐ!あるこう!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

E38395E382A9E383ABE38386E382AA[1]
問題の薬はフォルテオといって、
遺伝子組み換え副甲状腺ホルモンの注射薬です。
1日1回自分で注射するのだそうです。
1か月約5万円かかるそうです。

桃井かおりがCMやってる、
骨粗しょう症薬は使えるか?

http://aoamanatu.blog.fc2.com/blog-entry-811.html

この記事にいただいたコメントからです。

============================引用はじめ
けん ○2015/08/04○

フオルテオのせいで父親を死なせてしまったのではないかと夜も寝れません。無理して使い低栄養になり肺炎になったのではないか、と途方にくれてます。重大な副作用なしを信じてしまったのではないかと怖いです。


けん ○2015/08/04○

forteo death
「forteo death」で英語で検索すると余りに沢山のフォルテオによるであろう死のケースが出てきて愕然としました。
日本語検索では深刻なケースが出てこなく安易に父に使ってしまい死に追いやってしまったのではないかと震えています。


フォーミディブル ○2015/08/04○
No title
けんさん、

コメントありがとうございます。
私としましては、なんとも言葉がありません。

まだ日本では副作用の報告なども少ないようですが、
英語圏では、あるのでしょうか。

これからも注意喚起していきたいと思います


けん ○2015/08/04○
フオルテオが原因と思われる死亡が950件世界中から報告されてます。それもずいぶん前からです。日本からの報告もあります。日本語ではフオルテオ死亡例で検索すると副作用一覧がでてきます。そのなかに死亡例もあります。
父は嚥下障害を発症し食欲不振になりました。僕は父に骨粗鬆症症治って欲しいあまりにその後も打ち続けてしまいました。なにかわけわからない症状をいくつも発しました。アメリカでも甲状腺肥大みたいなことになり嚥下障害起こし、誤嚥性肺炎おこして死亡したけーすがあることがあったことを先ほど知りました。父と同じようなケースだと思います。今更ながらなんて自分は馬鹿だったのかと、父に泣きながら詫びています。


けん ○2015/08/04○
そこのあるブログにある最後のコメントは僕のコメントです。こちらにコメントしたり動いてないと気が狂いそうです。ほとんど薬害です。


けん ○2015/08/04○

No title
>まだ日本では副作用の報告なども少ないようですが
上にも書いたように
http://www.druglib.com/reported-side-effects/forteo/seriousness_death/
には日本からの死亡報告が沢山あります。
全てがこの薬の所為ではないかもしれませんが、根っこにはこの薬の副作用があると思ってます。
200x年から、薬の副作用があるのにたいしたことないと思ってるのか、


フォーミディブル ○2015/08/05○

No title
けんさん、

お父様のご事情はだいたいわかりました。
さぞかしお力落としのことと思います。

まだ使っている人の数はそれほど多くはないだろうと思っていたので
ご紹介いただいた英語のサイトの、死亡例の数とその頻度は
予想以上の数で驚いています。
日本人も多いようですね。

早速記事にしたいと思います。
============================引用終わり


けんさんが紹介してくださったサイトを見て驚きました。

Forteo (Teriparatide) - Death
- Suspected Cause - Side Effect Reports

http://www.druglib.com/reported-side-effects/forteo/seriousness_death/
より、950件もある中から日本人と思われる例の抜粋です。

=========================引用はじめ(抜粋)
Possible Forteo side effects in 75 year old female
Reported by a consumer/non-health professional from Japan on 2012-08-15
Patient: 75 year old female
Reactions: Death, Drug Dose Omission, Feeling Abnormal
Adverse event resulted in: death
Drug(s) suspected as cause:
Forteo


Possible Forteo side effects in male
Reported by a consumer/non-health professional from Japan on 2012-08-15
Patient: male
Reactions: Death
Adverse event resulted in: death
Drug(s) suspected as cause:
Forteo
=============================引用終わり


日本語の副作用例のほうも探して見ましたが
数も多いし、がん、心不全、てんかん…と重篤なものが多いように感じます。
死亡例もありました。
http://www.info.pmda.go.jp/.../fukusayouMainServlet?...

今は骨粗しょう症治療も油断がなりません。
街中の小さなクリニックでも骨密度の測定機械が置いてあって、
中年女性たちが測定してもらっているようです。

kotsumitsudo_sokuteiki-thumbnail2[1]


骨密度が少ないととてつもなく副作用の強い薬を処方されます。

検査を受ける前に牛乳を飲みましょう、
1日に最低でも500mlは飲む必要があります。
アレルギーだの乳糖不耐症だの生乳でなくては駄目だのと
子どもみたいに駄々をこねている場合ではありません。

d5289-9-459400-4[1]

ちなみにクリームチーズ、バター、生クリームでは
カルシウムは十分ではありません。

野菜や海藻で摂るにはキロ単位の量が必要です。
豆乳では2リットル飲む必要があります。
ぜひCPPや乳糖のある牛乳、(または硬質チーズ)でカルシウムを摂ってください。
(カルシウムの吸収率、牛乳:約40%、小魚:約33%、野菜:約19%)


そして陽に当たってください。
日焼けがいやだとか何とか駄々をこねている場合ではありません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

それとこの薬にはもう一つの大きな問題があります。
この薬は骨粗しょう症による骨折の予防の薬なんですが
実際には事故などによる骨折の治療に使われていることです。
骨折の治療に使っていいとは説明書には書いてありません。

過去記事のほうで参考にさせていただいた、
石原藤樹のブログより
http://rokushin.blog.so-net.ne.jp/2010-12-04
コメントを引用します。

========================引用はじめ

昨年(2012年9月3日)、仕事中に左脛をコンクリートにぶつけ、骨折し、個人病院でギブス固定しましたが、50日後の検査で、つながらず、総合病院に転院してプレートを入れる手術をしました、一週間後くらいから、フォルテオ自己注射を始め、今年の6月中まで治療していました、医者から、「骨のつきをよくする、最高2年しか打てない薬」と言われていましたので、どんな副作用があるのか不安もありネットで調べこのページにたどり着きました、今年初旬ころから、肩がやみだして、手首や指の関節が少し腫れ、血液検査したところ、関節リウマチの診断結果がでましたので、フォルテオの副作用かと思っていましたが、違うようですね、ちなみにリリカは今も1錠ずつ1日2回、飲み続けています、ほかにも持病がありますので、これからも、参考に読みたいと思っています。
by hiro (2013-07-11 14:16)
=========================引用終わり

こういう使い方はありえないはずです。
この薬の副作用による甲状腺機能低下で、
関節リウマチになる可能性はあると思うんですが・・・
フォルテオ→リリカ→ステロイド?  もうありえないラインナップです。



最後に・・・
私も「父は糖尿病治療で死んだ」と悔しい思いを持っています。
騙されていたのです。
私たちは親と同じ轍を踏まないことが親孝行だと思います。
そして、私たちの身に起こったことを世間に公表することで、
社会に貢献していきましょう。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2015/08/05 (Wed) 16:09
  • #
No title

上の方、

びっくりするほど早いですね。

本文中に引用した、石原藤樹のブログのコメントのhiroさんは、
年配の女性という雰囲気ではないのですが、
9月に骨折をして、次の年の6月まで”ハードな”治療??
若い人や男性でもこういう人って多いみたいです。

糖尿病なのか、ステロイドを使っているのかわかりませんが・・・

  • 2015/08/05 (Wed) 17:50
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

けんさんのお父様についてはご冥福をお祈りすると共に、決してけんさんのせいではなく、思い悩まないで頂きたいという願いで書き込ませて頂きます。
掲載情報が少し断片的に感じております。詳細で正確な情報は医療関係者でもないと知る機会がないと思いますので致し方ないですね。
まず死亡例の報告が900件以上あるとの事ですが、どの様な経過で死亡に至ったか、さらに何人使ったうちの900人なのか?が重要ですね。
(100万に使われていれば900人は0.1%未満です)
そもそも骨粗鬆症治療薬なので、高齢者に使われる事が多い薬です。
使っている間に骨粗鬆症だけでなく、合併症になって不幸にもお亡くなりになられる方も、若い世代に使われる薬よりも多い傾向になるでしょう。
一例を挙げると、高齢者で風邪から肺炎になって亡くなる方は多いですが、肺炎の治療薬として抗生剤が使われている事が多いと思います。
そうなると抗生剤を使っていた死亡例は何十万件、何百万人にもなるかもしれません。
ガンの死亡例の報告もあったとの事ですが、その報告はフォルテオが直接の原因と報告の本文で考察されていたのでしょうか?
ガンなどは高齢になるほど数は増えます。肺炎もしかりですね。
骨を増やす薬剤なので骨肉腫などであれば直接的な可能性の高さは疑われるかも知れませんが。
しかも今の法規制下では、100%関係性を否定出来ないと、副作用に計上される仕組みになっていたかと思います。
つまり極端な例だと胃薬を飲んでいて、たまたま風邪を引いて熱が出た場合も、100%関係性を否定出来る要素を証明出来ないと、副作用の件数に含まれるという事です。
あと、本題には関係は薄いですが月5万円というのは無保険の10割負担の場合で、極めて稀なケースです。
後期高齢者だと10分の1なので誇張された記載ですね。
あと骨折があって骨がくっつかないリウマチの方がフォルテオを使われた話が引用されていましたが、リウマチの方は骨粗鬆症になり易いステロイドを使われている事が多く、ステロイド性骨粗鬆症という言葉もあります。
骨折に使ったというより、ベースに骨粗鬆症があり、骨折するぐらい進行していたから使われていた可能性は考えられないでしょうか。
けんさんのお父様の話に戻すと、骨粗鬆症以外に持病があったり、健康診断などの検査値で異常値はなかったでしょうか。
お亡くなりになられた時の医師の診断が薬害であると結論付けられていたのでしょうか。
蛇足ですが、そうであればPMDAという公的機関で保障を受ける事も出来ます。
いずれにしましても、記載されていた内容だけでは、ご自身を責めるのはあまりに直接的で、ともすれば短絡的かと思います。
言葉が適切ではないかと思いますがけんさんのせいではないと思います。

  • 2016/03/25 (Fri) 00:39
  • 通りすがり #-
  • URL
No title

通りすがりさん

薬の副作用だけでなく、
医者の乱処方もあるのでしょう。

CMもまだ若い桃井さんを使うというのはどうかと思います。
実際若い人にも処方されているようですし
問題だらけなんですよ。

けんさんは、賢明な方なので
いつまでも自分を責めたりしていませんよ、きっと。
今ごろは前を向いて強く歩んでいらっしゃるはずです。


私が言いたいことは
「私たちは親と同じ轍を踏まないことが親孝行だと思います。」
これにつきます。

  • 2016/03/25 (Fri) 07:38
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
フォルテオ

初めまして、フォルテオに関して調べてたらこのサイトにたどりつきました
先月の事ですので、自分自身まだ納得いかなくて何かにすがりつきたい気持ちで
書きますが、率直なご意見をお願いいたします
私の母は2013年に間接リュウマチと診断され専門医での治療を始めました
当初は食事も細くなり杖を使用しないと歩けませんでした
大きな総合病院にいっても原因がわからず紹介された内科医の所に行って
もしかしたらリュウマチかもしれないのでと専門医を紹介されました
翌日、リュウマチの専門医に行って診察して薬を処方されて飲みましたら
次の日には普通に歩けて食欲も普通に戻りました
正直、凄い病院で凄い先生だと思いました
そんな治療が続いて普通に先月まで生活してきました
今年、6月に足が痛いと専門医に行って検査をしましたら、骨粗しょう症の
疑いがあるので、骨を丈夫にする薬をしましょうと言われて
始めたのがフォルテオでした、はじめは母も自分で注射するのがイヤと
注射を打てなかったので私が打ってました、1週間位でやっと自分で打てるように
なり仕方なく打ってたという感じでしたが、私も骨が丈夫になるんだから、ちゃんと
やろうね進めてました、7月から初めて中旬位に調子が悪いと言うので
専門医に行って検査をしたときに、先生が血液検査などをして、特に異常はないので注射を続けましょうねとまたはじまりました、そして、8月9日にまた母が調子が悪いと言ったので今度はいつもかかりつけの病院に行ったところ、合併症が起きてるのですぐに救急車を呼ぶからと総合病院に入院、翌日先生に告げられたのが間質性肺炎で肺の8割が侵されていて手の施しようがないと宣告されました
それから1週間後に母は亡くなりました、呼吸器の先生に今までの治療方法など話したのですが、やはり合併症の可能性がありますと言われました、そもそもリュウマチの患者さんは感染症になりやすいため定期的な血液検査、特に肺炎は要注意なので、胸部レントゲンは非常に大事とおっしゃってました、今回は、リュウマチの病気により、骨が弱くなったのでフォルテオを使用するようになったんだと思いますが、新薬ををしようするにあたって慎重に検査などするべきだったかもしれませんとおっしゃってました、この話を専門医に話したら7月中旬の検査での血液検査では特に異常がなかったのでフォルテオを続けましょうと判断したらしいです、じゃあ胸部レントゲンは撮ったんですか?と聞いたら撮ってませんと(怒り)
その時点で胸部レントゲンを撮っていたら少なくとも肺炎に侵されてたとしても死に至る事はなかったんだと今でも悔しくて悔しくて仕方なく思ってます
後で、母の遺品整理をしてたら、その時の血液検査結果が出てきました
6月の血液検査と一緒にあったんですがCRP値(感染症の疑いの数値)が6月の時は0.27で7月中旬の時の結果が0.53↑になってました、専門医にこの数値に関して聞いてみると0.53の数値だと様子を見るくらいの数値らしいです、少なくとも、新薬を始めたんだったら感染症の疑いがある数値が上がったんだったら、肺炎の疑いがあると思って胸部レントゲンを撮るべきだったんじゃないかと聞いたら
過剰な診察は監査に引っかかるので普通はしないと言われました
、私は医療についてはわかりませんが、今回の母の死は命よりも病院の評価を優先した犠牲者と思ってます、納得はしてませんがフォルテオと母の死の因果関係を証明するものはなにもありません、ただただ母の体調の異変を早く気付かなかった自分自身を責めて責めて毎日が苦しい日々で仕方ありません
後悔しても母は帰ってこないですが・・
フォルテオの因果関係は立証出来ませんが、事実として敢えて書かせていただきました、長々と申し訳ありませんでした。

  • 2017/09/05 (Tue) 16:03
  • たか #jC3ZQd9k
  • URL
No title

たかさん、

お母様のご逝去、お悔やみ申し上げます。

わかりやすくコメントを書いてくださってありがとうございます。
私にはリウマチの合併症とか定義はよくわからないのですが、

リウマトレックス等の、リウマチ薬には、
間質性肺炎、骨粗しょう症などの副作用が説明書には明記してあります。
リウマチによく使われるプレドニン等ステロイドの副作用には、
肺の感染症や、骨粗しょう症があります。
タクロリムス等、免疫抑制剤は何が起きてもおかしくなく、調べるまでもありません。
ほかの新薬もです。

フォルテオには肺炎は書いてありませんが、呼吸困難の副作用があるようですね。


お母様の肺炎や骨粗しょう症の原因が何かはわかりませんが、

私個人の意見としては、
今は、どんな病気も、効果は強いが副作用も強い薬が使われる傾向があり、
その副作用を抑えるための薬が増えたり、
さらに強い薬、新しい薬が使われる傾向があるように思います。

特に新しい薬は、どんな副作用があってもおかしくなく、
あとから副作用がどんどん追加されるという印象です。

これらが私としては納得できない点であります。
たかさんも薄々感じていらっしゃったかもしれませんね。

お力落としのことと思いますが、
これからはご自分を大切に、
お母様の分も長生きしていただきたいと思います。


それとすみませんが、
この記事は古いので、たかさんのコメントを新しく本記事に上げたいと思います、
ご了承願います。

  • 2017/09/05 (Tue) 19:38
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する