リーキーガットに副腎疲労、毒出しも十分イリュージョン

RIMG0024.jpg
(鶏もも肉のカレーピカタは定番です)

朝起きたら牛乳を300ml飲む→少し時間を空けて朝食→トイレ
→残り200~300mlの牛乳は、お茶代わりに昼間か寝る前に飲む。
というリズムでやっています。

牛乳をお茶代わりに飲むと腹持ちがよく、
お菓子をつまみたいと思わないのが不思議です。
ミルクセーキだと完璧!!

(私は昔、過食症の人は母の愛つまりおっぱいを求めて甘いものを過食する、
という話を聞いたことがあります。
乳糖が足りないと甘いものを過食するという仮説はなり立たないでしょうか、
あくまでも仮説ですからここは突っ込まないでください。)



このところ、腸内の善玉菌が安定してきたのか、
お通じがいい感じです。
いきなりお腹が急降下とか、出そうなのに出ないとかいうことがなく、
決まったリズムでトイレへ行き、ちょっといきめばするっと出るので、
とても気持ちがいいです。

牛乳は毒だといっている先生たちに、この気持ちよさを試していただきたいぐらいです。


もうね、
更年期障害なんてどっかへ吹っ飛んじゃって、
もちろんどこも痛いところはないし、この暑いのにホットフラッシュさえありません。
塩分の少ないサラサラの汗が出て肌がべたべたじゃなくしっとり。
頭もくるくる(右回りに)回転しています。
RIMG007853.jpg
(FC2ダイエットブログランキング、江部さんあらてつさんの下に喰らいついています)
牛乳の研究が面白くて、根を詰めすぎて、たまに肩がこるぐらいのことはありますが
夏バテなんてしているヒマないです。
自転車が来るのが楽しみ!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

うきうきうきさんに紹介いただいたサイトです。

長寿の人が食べているものが知りたくありませんか?
細かい表はUPできないのですが、ぜひクリックして見てください。
長寿国の老人は腸内細菌が若い
http://www.seiwa-bussan.co.jp/tyoujuy-2.htm

長寿国の腸が若いお年寄りたちの食べ物の表が興味深いのですが、
牛乳の摂取量が群を抜いて多いですね。
バター、肉。卵は思ったほど多くない。
あと、野菜より果物のほうが多いのは個人的になんとなくうれしいです。
90歳以上の人は、ワインも少ないですね。

こういう人たちは、腸内の善玉菌が若い人並みに多いのです。
心身もきっと健康なのでしょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



すみれさんに紹介いただいた、1連の情報です。

=========================引用はじめ

面白いサイトを見つけました。

病気の診断のために、裏付けのない検査を闇雲におこなったり、治療と称してサプリメントやデトックス(解毒)を推奨したりしているケースがあります。
そして、その検査や治療をおこなうために高額な費用がかかることも……。

「Recipe for a New Fad Disease
(新たに病気をブームとするためのレシピ)」


1.Pick any symptoms-the more common the better.
(なんでもよいので症状を選び出しましょう - よくある症状の方がより良いです)

2.Pick any disease-real or invented.(Real diseases have more potential for
confusion because their existence can’t be denied.)
(なんでもよいので病名を選び出しましょう - 実在するものでも、でっち上げでもどちらでも構いません。実在する病気の方が存在を否定できないので混乱させるのにはより効果的です。)

3.Assign lots of symptoms to the disease.
(その病気には多くの症状が当てはまるようにしましょう)

4.Say that millions of undiagnosed people suffer from it.
(その症状に苦しんでいる、まだ診断のついてない人々が何百万人もいると言いましょう)

5.Pick a few treatments. Including supplements will enable health food stores and chiropractors to get in on the action.
(いくつか治療法を選び出しましょう。サプリメントなどは、健康食品店やカイロプラクターが行動を起こすのに一役買います。)

6.Promote your theories through books and talk shows.
(あなたの理論を本やトークショーで宣伝しましょう)

7.Don’t compete with other fad diseases. Say that yours predisposes people to the rest or vice versa.
(ほかのブームとなっている病気とは競合しないようにしましょう。あなたが提唱した病気は、人々をほかのブームとなっている病気にかかりやすくなるし、またその逆もありうると言いましょう。)

8.Claim that the medical establishment, the drug companies, and the chemical industry are against you.
(医学界、製薬会社、化学産業が、あなたに敵対していると主張しましょう)

9.State that the medical profession is afraid of your competition or trying to protect its turf.
(医師たちは、あなたとの競争を恐れている、あるいは自分達の縄張りを守ろうとしていると明言しましょう)

10.If challenged to prove your claims, say that you lack the money for research, that you are too busy getting sick people well, and that your clinical results
speak for themselves.
(あなたの主張を証明するよう要求されたら、研究資金が足りない、病気で苦しんでいる人を救うのに忙しすぎる、患者自身が臨床成績を代弁していると言いましょう)

日本語(http://apital.asahi.com/article/kiku/2014052700008.html


アメリカの医師が運営しているサイトだそうです。
http://www.quackwatch.com/01QuackeryRelatedTopics/fadindex.html

===============================引用終わり

この記事は、いい加減な記事ではないですよ、
アピタルの記事ですよ、朝日新聞が警告しているんです。

あの先生も、この先生も…と思い当たる先生はいっぱいいますよね。
マジやばい ってことですよ。



具体例ともいうべき、リーキーガット副腎疲労
毒出し も十分当てはまるのではないですか?

===============================引用はじめ

以前、フォーミディブルさんがリーキガットについて「怪しい」と
言われていたので、すごく気になってあれからいろいろ探してみました。

私も治療方法にサプリメントを推薦する部分がどうも怪しさ満点と思っていたら、このようなページを見つけました。
アメリカのサイトで英語ですが、
http://honyaku.yahoo.co.jp/url_header?both=T&ieid=en&oeid=ja&url=http%3A%2F%2Fwww.badgut.org%2Finformation-centre%2Fa-z-digestive-topics%2Fleaky-gut-syndrome%2F


リーキガットの「もう一つの問題は、この非確認の状態であるのも関わらず、これらをサポートする人気のメディアの多くの人々がリーキガット(漏れる腸症候群)の治療として特別な製品を売ろうとするということです。彼らは、証明されていない処置を医学的な基礎を持っていない状態に対して提供します。その上、これらの補助食品の多くがよく研究されていないのに、あなたに多くのお金を支払わせることが出来ますが、しかしあなたの症状を治すこともないので、危険でさえあります」

こちらのページ(アメリカの医者が「流行」診断の指標として公表しているページ)にもリーキガットが新しい病気を作るレシピに基づいて作られていると書かれています。
http://www.quackwatch.com/01QuackeryRelatedTopics/fadindex.html

このスティーブン・バレット博士という人もこういうサイトを作っているので、かなり叩かれているみたいですが。

リーキガットの治療には糖質制限が基本らしく、
乳製品を一切禁止しています。特に乳糖を。
乳製品に関しては新谷先生も禁止していますね。

アメリカでもまだ論争中のようです。

今、流行の副腎疲労もサプリの治療が中心です。
オーソのクリニックでは多くの人が副腎疲労の診断を受けている模様。スティーブン・バレット博士はこれも作られた病気って言っていますね。結局、食物遅延アレルギー検査も信憑性がないとばれてしまったし。

================================引用終わり
私は、リーキーガットはありえないし、
副腎不全ならわかるけれど、副腎疲労は意味不明と思っていたんですね。


誰でも医療の犠牲者になります。どんなセレブでも。
================================引用はじめ
こんなニュースを見つけたので。。。

安倍氏が服用している、潰瘍性大腸炎の特効薬「アサコール」には、「主な副作用として、腹痛、下痢、腹部膨満、吐き気、頭痛、潰瘍性大腸炎の悪化、大腸ポリープなどが報告されている」とある。「えっ、潰瘍性大腸炎の悪化だって?」つまり、特効薬で、逆に症状が悪化することがあるということ。すなわち特効薬なんかではないのだ。単なる対症療法。最近の浮腫もその現象の一つだという。
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/162590
================================引用終わり

yjimage[1]
潰瘍性大腸炎に腸内の細菌が関係ないとは言えません。
まさか安倍さんは、うん○の移植を受けるなんて言い出さないでしょうね。
なっちゃんやレッドブルじゃなくて、牛乳を飲んでいたら
こんな大変なことにはならなかったかもしれません。
スポンサーサイト

コメント

回転式の掲示板から「牛乳を飲んで便秘が良くなった」と数人から書き込みのあったスレッドが、削除されてました。これこそイリュージョンじゃないですか。

『「超」糖質制限食の危険』
http://tasty-memories-akemi.blogspot.jp/2013/01/blog-post_26.html?m=1

こちらの記事に、「粘液を作るのに糖が必要」とありました。厳格な肉食糖質制限で胃腸の調子が悪くなったり食欲不振に陥る方がおられるのは、消化管の粘液が不足する事も原因のひとつなのかもしれないと思いました。

プレバイオティクスダイエットは、ただ便通が良ければいいというわけじゃなく、腸内細菌のバランスを整える事を大切にしてるのですよね。主体は便を出す事でなく腸内細菌。腸内環境によって性格まで変わるとも言われてますね。


http://wired.jp/2015/05/01/bacteria-and-mental/

『腸内細菌が性格を決める

クライアン教授によれば、マウスを使った研究では、腸内細菌が行動にまで影響を与える場合があることがわかっている。例えば、腸内細菌をまったくもたないように繁殖させたマウスは、通常の腸内細菌をもつマウスと比べて非社会的な行動が多くなり、ほかのマウスと過ごす時間が少なくなるという。

同様の影響は、動物の糞を別の個体に移植して腸内細菌を移す「糞便移植」を 行ったケースでも見られている。不安傾向の強いマウスに大胆な性格のマウスの糞便微生物を移植したところ、移植されたマウスはより社交的な行動をとるようになったことが確認されたそうだ。』

また、免疫細胞の7割は腸にあるとも言われており、それも腸内細菌と関わりが深いらしい。腸内環境が悪いまま長期間厳しく糖質を排除し続けたら、どんどん免疫が落ちて弱い体になってしまうのではと思ってしまいます。

それより何より、毎日黄色っぽくなめらかな便がするっと出てくれるのは、本当に気分がよく体も軽いですね!腸内細菌、調べるほど面白いです。

  • 2015/08/13 (Thu) 18:06
  • うきうきうき #6facQlv.
  • URL
No title

うきうきうきさん、

あれ、削除されてましたか。
私はあれを読んで感動してしまったのですが・・・

牛乳ではダメだったけれど、乳糖を飲んだら効いたとか、
便意がなくても出るとか、
いろいろ書いてありましたよね。


>厳格な肉食糖質制限で胃腸の調子が悪くなったり食欲不振に陥る方がおられるのは、消化管の粘液が不足する事も原因のひとつなのかもしれないと思いました。
そうかもしれないですね。
やっぱり日本の糖質制限食はストイックすぎるのでしょうか、少なくとも20~30%は摂ったほうがいいのかもしれません.


最近糞便移植の研究が進んでいるようですが、
要するに腸内細菌を移植するということですよね。
脳と大腸は関係が深いと言いますから、性格に影響するということもあるでしょう。

免疫力の7割!!
潰瘍性大腸炎やクローン病、腸の病気にとどまらず、糖尿病や肥満にまで効果があるというのですから、
親からもらった健康な善玉菌は無敵っていうところでしょうか。

>毎日黄色っぽくなめらかな便がするっと出てくれるのは、本当に気分がよく体も軽いですね!腸内細菌、調べるほど面白いです。
まったくその通りですね。

  • 2015/08/13 (Thu) 19:54
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
No title

腸関連で先ほどこのようなニュースも

糖質制限で過敏性腸症候群は改善されない?
http://www.nutritio.net/linkdediet/news/FMPro?-db=NEWS.fp5&-Format=detail.htm&kibanID=50626&-lay=lay&-Find

  • 2015/08/13 (Thu) 20:29
  • すみれ #ql4Ssy4Q
  • URL
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2015/08/13 (Thu) 21:08
  • #
No title

チキンピカタ美味しそうですね。
いつもフォミさんのお料理の写真に感化されて、家の食卓でも同じメニューが登場しています!

今、私は「おしゃべりな腸」ジュリア・エンダース著 サンマーク出版 という本を読んでいます。

腸内細菌の話や、牛乳について、そして腸と脳の関係についても書かれています。
面白いです!


  • 2015/08/13 (Thu) 22:59
  • なつ #-
  • URL
No title

すみれさん、

この食品を見るとオリゴ糖みたいなものがいけないと仮定したのでしょうか。

それで糖質制限をしてもうまくいかなかったんですね。
これをやるときは、エビデンスがないと患者に説明しなければならない。

腸内細菌という視点が全く抜けていますね。

  • 2015/08/14 (Fri) 06:54
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
No title

非公開の方、

ケトン臭については私にはよくわかりません。

当ブログでは、厳格な糖質制限食に疑問を呈しています。
一般的な糖尿病の方や肥満の方は、血糖値を計ってみてから
どの程度の糖質制限をするか決めてもいいのではないかと思っています。

私はお勧めできる立場ではありませんが。

  • 2015/08/14 (Fri) 06:59
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
No title

なつさん、

ありがとうございます。
料理は手抜きで飾り気もないのでお恥ずかしいのですが、
糖質制限食系の食事法をやっている人はちょっと???な
私にはまねできないようなレシピが多いです。


「おしゃべりな腸」の本のご紹介をありがとうございます。
牛乳についても書いてあるんですね。

本の説明から
============================
繊細で、責任感が強く、有能な器官、それが私たちの腸。アレルギーも体重も気分も、腸と深く関わっています。
実は脳よりもかしこい器官である、という説まであるほど。
そんな腸について、私たちは何も知らないと言ってもいいかもしれません。
本書は、ドイツの若き研究者がまとめた、驚くべき「腸についてのすべて」。
腸という器官がどのように働き、どのように私たちを守っているかを、最新の医学研究結果を交えて詳しくわかりやすく、そしてユーモアをたっぷりと交えてまとめました。
読むほどに、腸をはじめとする各器官への興味がわくとともに、自分の体がいとおしくなること請け合い。
本国ドイツではミリオンセラーとなるほか、イギリス、フランス、オランダ、デンマーク、ノルウェー、スウェーデン、ポーランドなど世界各国でベストセラーになっており、待望の日本語版の発売です。
腸がわかれば、自分がわかる。腸と正しくつきあう方法と健康な生き方へのヒントをあなたへ。

  • 2015/08/14 (Fri) 07:18
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
No title

やはり牛乳最強ですね。安倍総理も薬飲むより牛乳を飲んだほうがよさそうです。

「牛乳のプロバイオティクスが子供たちの虫歯、過敏性大腸症候群と炎症性腸疾患、呼吸感染症の予防に役立つことを示している。」
http://www.takepart.com/article/2014/08/20/more-raw-milk?cmpid=foodinc-fb(この記事は生乳について書かれています)

あとこんなページも

リーキーガット症候群の嘘
http://takejiro100.blog.fc2.com/blog-entry-59.html

  • 2015/08/14 (Fri) 14:19
  • すみれ #ql4Ssy4Q
  • URL
No title

すみれさん、

牛乳は、虫歯予防になるらしいです。
乳糖がキシリトールのような働きをする。
もちろんカルシウム豊富なので、歯が丈夫になる。

腸の病気の予防になるのはもちろんですが。

呼吸感染症まで予防できるとはすごいですね。



紹介いただいたブログは面白いですね。
今サクッと読んだのですが、

>だいたい著名人(船瀬俊介、内海聡、長尾周格など)はまさにそう。特に内海は普段は上記のようなことを主張していながら、平然と(食品添加物や毒の油いりの)ラーメンを食べ、大酒をくらい、それをSNSにアップしてるくらいだから呆れる。

実名でたたかれている(笑)

>オルトレキシア

不健康と思われる食べ物を排除して、結局健康を害したり
人間関係がおかしくなったりするのを、
摂食障害の一種で、オルトレキシアという。
「不健康食拒食症」

この場を借りてメモメモ(笑)

  • 2015/08/14 (Fri) 17:16
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
No title

こんにちは。

医者や製薬会社にとって原因不明の不定愁訴等の体調不良程良い商売は
ないですね。
症状に対して大学病院にお金ばら撒いて適当な論文書かせて新たに病名
つけさせてそれらしい新薬を作って医者に処方させれば立派なビジネス
モデルですよね。
まあ裏のシステムはもっと巧妙だと思いますけど。
それにしても昔に比べるとやたら訳のわからない病名も多いし薬も多い
ですね。
高齢者が原因不明の病気を持ちながら薬漬けになってダラダラ生きて
いくのが医者や製薬会社にとって一番ありがたいのでしょうね。
製薬会社の網にかからないで且つ医者に騙されないで健康に生きてい
くには正しい情報を個々で取得して実践するしかないと思ってます。

ブログ人気凄いですね、糖質制限上位ブログの方はそれぞれ個性的で
誠実に追求されてるから支持されてる感じがします。
これからも楽しみにしております。

  • 2015/08/15 (Sat) 08:31
  • ふるたか #-
  • URL
No title

ふるたかさん、

昔に比べるとやたら訳のわからない病名も多いし薬も多い ですね。

昔はこんなではなかったです。
町医者の受付で、乳鉢でゴリゴリと薬を処方していました。
今は薬が強すぎて複雑すぎて、こういうのは絶対無理でしょう。


ランキングは、私の場合はスポンサーも、組織も肩書もないし、
仕掛けみたいなものも使っていませんので、純粋に読者の皆さんのおかげなんです。

この場を借りて・・・
読者のみなさん、ありがとうございます。

  • 2015/08/15 (Sat) 09:50
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する