FC2ブログ

肉食でカルシウム不足が起きる原因ははっきりしています。

最近、牛乳や乳製品を摂取しはじめて、
便秘薬の量が減ってきたとか、子供さんの皮膚症状がよくなってきたとかいう
書き込みを目にしました。

無糖練乳が合うというコメントもいただきました。
おいしそうですよね。今度買ってみようかな。

皆さん良かったですね~。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ところで、あの掲示板が見れなくなってしまいました。
私はネットの仕組みには詳しくないのでどういうことかわかりませんが。
アクセス拒否されたみたいです。
以下のような表示が出てきます。

>アクセスが遮断されました
>貴方がアクセスしたページは、アクセス制御によりアクセスが断られました。
>許可された条件のみアクセスが出来ます。今回あなたの情報からアクセスが遮断されました。何卒ご了承下さい。

きたないですよね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ところで、
回転式の記事で、ガラクトースの老化の実験のウソがばれましたね。
普通、口から摂取する栄養素を、マウスに皮下投与する実験はありえません。
口から食べさせることができるものを、わざわざ注射にしたのは
何かウラがあるんじゃないかとだれだってうたがいますよね。

どんな食品だって栄養剤だって少量といえども7週間もの間
皮下投与つまり注射を続ければおかしくなりますよ。

ヨーグルトで白内障が起きるという実験も、
無意味な実験だと、管理人自らが、暴露してくれました。
ヒトに換算して、24キロのヨーグルト摂取はありえません。

ネズミさん、かわいそうに・・・




ついでに、
2014年11月のスウェーデンの研究を
引き合いにして牛乳たたきをしている人が多いですが、
これについては当ブログで、種明かしをしました。

スウェーデンの牛乳はビタミンAを添加した加工乳であると
新聞記事中に書いてありますし、
JミルクのHPにもはっきり書いてあります。
牛乳(加工乳)をたくさん飲むスウェーデン人は
ビタミンAの過剰摂取の疑いが濃いです。
http://aoamanatu.blog.fc2.com/blog-entry-820.html

スウェーデンの「牛乳の摂取と
死亡率・骨折リスク コホート研究」について

http://j-milk.jp/news/berohe000000ju0i.html
また、スウェーデンの牛乳には、ビタミンAが添加されている。
(ビタミンAの摂取量が骨折リスクと関連することが知られている。)

ガラクトースの動物実験も、暗におかしいとほのめかしています。
ショウジョウバエがどうとかこうとか・・・萎えますわ。

このニュースはAFP通信が、
あやふやなので研究チームに問い合わせまでしているいわくつきです。


油性ビタミンの過剰摂取が危険なのは周知の事実です。
ビタミンA過剰は骨折の原因にもなります。
バターによるビタミンAの過剰摂取を黙認する、
ケトプロ食の危険性を再確認しないではいられません。。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ここからが今日の本題です。
乳製品には、乳糖以外にも、カルシウムが豊富であるというメリットがあります。


カルシウムは最低でも1日700mgほど摂る必要があるのですが、
実は、肉やマグロなどの魚は、カルシウムが極めて少ないのです。
そのうえカルシウムの吸収を阻害すると言われる、リンが多いのです。


主な食品100あたりのカルシウムとリンの量(mg)を表にしてみました。
カルシウムとリンの摂取量の割合は1対1が理想的。
早い話が、カルシウムの量が多くて、リンが少ないほうが良いことになります。
野菜はわりと、カルシウムが多くリンが少ない傾向にあります。
ベジタリアンの人は、カルシウム不足になりにくいと言われていますが、
食品成分表でわかりますよね。

肉よりご飯のほうがまだましと言えることが、おわかりいただけるでしょうか。
肉とバターだけでは危険であることがおわかりいただけるでしょうか。
チーズであっても、一切れ二切れでは足りないのです。


          カルシウム    リン   (糖質g)
キャベツ生      43      27   (5.2)
ニンジン       28      25
わかめ       100      36
りんご         3      10
白米ご飯        3      34

まいわし       70     230 
きはだまぐろ      5     290
豚ロース        4     180

牛乳        110      93   (4.8)
プロセスチーズ   630     730
クリームチーズ    70      85
クリーム       60      50
バター        15      15

コントレックス    47       -


余談ですが、ある掲示板では、牛乳を禁止にしてコントレックスを勧めていたりしますが、
コントレックスは評判悪いですよ。

「コントレックス」は下剤&石膏入り 
“見せかけ”のダイエット水

http://www.mynewsjapan.com/reports/630
ReportsIMG_I1185237746110[1]

カルシウムは石膏(つまり石)
硫酸マグネシウムは入浴剤や肥料に使われる、エプソムソルトですから、
これらのミネラルの吸収率は
牛乳とは比べ物にならないほど悪いだろうと容易に想像できるのです。

そんなものをわざわざフランスから輸入して、牛乳より高い値段で買うのは
ばかばかしくありませんか?


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

MEC食については、渡辺さんが、
チーズを120g摂るように言っていますから問題ないと思います。
(ただしクリームチーズでは800gとかは食べられないのでダメですが。)

問題は糖質制限食で、
江部さんは、糖質制限食では骨粗しょう症にならないと言っていますが、
カルシウム不足で問題となるのは、骨粗しょう症や骨折だけではないのです。

江部さんは、糖質制限食で、こむら返りが起きることを認めていて、
その原因が、カルシウムなどミネラルの不足であると認めています。
そして海藻などを食べるように勧めています。


こむら返りのほかにカルシウム不足で起きる症状に結石がありますが、
糖質制限食や、ケトプロ食をやっている人で、尿路結石になったという人はよく見かけます。


=============================引用はじめ

糖質制限をしていて尿路結石になった人がいるようです。

2012/10/30(火) 午後 10:45

「積極的精神で生きる」というブログがあります。本日の記事から、尿路結石になられたそうです。ブログ主は、年齢は40歳前後、2008年3月より癌治療をされている精神科のお医者さんのようです。糖質制限を本格的に開始したのは、2012年1月中旬以降という記述が、2012年5月3日にあります。尿路結石は、今回2度目で、前回は今年の7月前半にもあったとのことです。

============================引用終わり

他にも糖質制限食のブログ村の、上位の人でも結石になったという人がいました。
ケトプロ食の掲示板でも、尿路結石を繰り返す人がいました。
ケトン食の副作用として子供であっても腎結石になるということは知られています。

糖質制限食といえども、カルシウムパラドックスは防げないということでしょう。
糖質制限食は万能ではないです。

腎結石、尿路結石の主な原因として
カルシウム不足があるというのは、周知の事実です。

http://www.yobou.com/contents/rensai/report/r07_05.html


他にも、自己免疫疾患の原因として、カルシウム不足があげられます。
アレルギーも免疫の疾患ですから同じですね。

事実、昔は、じんましんの治療にカルシウム剤が使われていました。
今だったら、ステロイドが処方されてしまいます、これも同じでしょうね。



=======================引用はじめ

頚椎の治療に通っている病院の整形外科医に
「線維筋痛症の診断をされたが どうしたらいいか?」と相談したところ、

・3年前から全身痛いという若い患者が増えた。
・患者の血を調べると、ビタミンDとカルシウムが血中にバンバン出ている。
・骨を押すと痛がる。
・ビタミンDとカルシウムの点滴と薬で、車椅子で来院した患者が3週間で治った。
・先生の奥さんもなって、あわててビタミンDとカルシウムを飲ませて治った。

全身の筋肉が痛いのは、骨が弱っているからだそうです。
思い出したのは昨年、歩行訓練した頃、足の骨が痛かったこと。
血液検査をしたら先生の言うとおり、カルシウムが血中にでていて、
ビタミンDとカルシウムの点滴をしました。
隣のご老人も同じ点滴をしていました。

先生は、
「近頃、線維筋痛症の患者に抗うつ薬を飲ませるけど、朝起きたら体中痛くて一生治らないかと
 思うとそりゃ憂鬱になるよ。
 理由はわからないけどカルシウムとビタミンDが血中に出ているから補なう治療をして、
 抗うつの薬は出さないんだ。」って。

=============================引用終わり

私は、ここ数年、プチ糖質制限食のまね事をしていました。
肉などをバクバク食べていたんですが、
生理が止まると同時に、全身の痛みやむくみが出て、
自分の体がどうなってしまったのかと慌てました。
今から思えば、野菜中心だったらそうならなかったかもしれませんが・・・

危ういところで気が付いて、プチ糖質制限を続けながら、
牛乳のがぶ飲みを始めたら、すっかり治って元気になっちゃいました。
あれからもう1年以上たちますが、どこも痛いところがありません。


イメージ
20150831k0000e010171000p_size7[1]
(若い人には負けませんよ。
私は健康問題のほうで闘いまっせー・・・笑)


では、海藻や野菜や小魚を食べていれば良いでしょうか?
私は海藻や野菜や小魚のカルシウムでは足りないと思います。
こういうものは量が食べられないし吸収率が悪いのです。
いちばん吸収率が良いのは乳糖やたんぱく質と一緒になっている牛乳なんです。

特に女性のカルシウム不足が問題で、
私の母の時代は、海藻や菜っ葉や小魚などを食べてきた世代ですが、
みんな歯は抜け、膝腰が痛い人ばかりです。
それだけならいいけれど、悪くすれば要介護ですね。


今、糖質制限食をやっている人は、ネットが使いこなせるような、
比較的若い人が多いと思われます。
肉食によるカルシウム不足は今後出てくる問題かもしれません。

だからといってみなさん、牛乳を皮下投与なんて絶対しないでくださいね。
赤ちゃんに牛乳を注射すると死んでしまうそうですから。←皮肉だよ!!
http://www.oyajiman.net/oyaji/item-3145.html
スポンサーサイト



コメント

No title

フォミさんアク禁にされたんですか。ということは、向こうもここを詳細にチッェクしていたということですね。
掲示板アクセスすると、IPアドレスがわかるのでそこに制限をかけたんでしょうね。
スマホで見たらいいでしょう。友達のでもいいし。
相変わらず自分に都合のいいネット記事パクッて、乳糖は砂糖の10倍ふける記事のくりかえしW

No title

乳糖が砂糖の10倍老けるわけない。バッカじゃないかと思いますね(笑)。
乳糖はまず、分解されにくいので、一部はそのままビフィズス菌のエサになったり下痢になったりします。
分解されてラクトース→グルコース+ガラクトースになった後、小腸から吸収されますが、ガラクトースは門脈から肝臓へ入り、そこで酵素によってグルコースに変換されてしまいます。
だから体内をガラクトースがそのままぐるぐる回ったりはしないんですね。健康な人の血液にはガラクトースという形ではほとんど残りません。
もし摂取したガラクトースがそのまま体内を巡っている人がいたら、百万人に一人の病気です。
ガラクトースを皮下注射って(笑)ないわー。

No title

ONさん、

そうなんですよ。
ひどいでしょ。

スマホ持っていないし。
この人めんどくさすぎるのでまぁいいですけれど。

No title

通りすがりさん、

わかりやすく書いてくださってありがとうございます。

果糖も肝臓で分解されるのでしたね。
普通に牛乳や果物を摂る分には、何の問題もないはずです。
メイラード反応が危険だというのも説明が付きません。
当ブログ記事にしましたが、
あの人は自分に都合のいい記事は読んでも、
都合の悪い記事は読んでいないでしょうね。

カルシウム、ビタミンDの重要性とビタミンAの過剰摂取

私は現在、1歳の娘に授乳をしていて、さらに妊活もしています。
授乳する身なのにカルシウムが足りていないこと。妊娠したときに、ビタミンAの過剰摂取が胎児に影響があると言われているとこ。これらに気づかずにいました。(恐らく今の私の食生活はビタミンAの過剰摂取です)
フォミさんのブログを読んで気づきました。ありがとうございます。
それから掲示板ですが、回転式本部さんのトップページから掲示板を開くとアクセスできませんか?
私もフォミさんと同じようにアクセス出来なくなり、試しに上記の手順で開いてみたら大丈夫でした。

No title

フォミさん
いつものことながらよく書いてくださいました!
肉食の人で牛乳を軽視する人が結構いますが、私も危険だと思います。
昔から肉食では足りない栄養があるから、人は牛乳を飲用してきた歴史がありますし、
先住民食というなら、なおさら、牛乳を無視するのはおかしいと思います。
彼らは乳糖に引かかっているのでしょうが、乳糖の働きをちゃんと体験で理解していないですね。
私は牛乳を1週間飲まなかっただけで足がつりますし、便秘になります。
牛乳飲むのと飲まないのとではこれほど違うのです。


それにしても回転式。ひどいですね。
しかし、それだけ向こうは焦っている証拠ですね。
自分の嘘や誤魔化しが自分で認識出来ているからそういう行動に出るんですね。
何故牛乳にそこまで拘るのか逆に不思議です。

No title

たまごさん、

気が付かれてよかったです。
ビタミンDも、お日様に当たって(過剰摂取にならない)摂りたいですよね。
最近はいろんな加工食品に添加されているので、気を付けたいです。

アクセス拒否は、どうもダメみたいです。
ああいう暗いのは、あまり見ないほうがいいかもしれません。

No title

すみれさん、

カルシウム不足は肉食の人のほうが危ないので、
糖質制限食の限界があるのは事実ですね。

私も1週間牛乳を飲まないなんて、怖くてできませんよ(笑)

回転式さんは、ウソついていると自覚しているんでしょうね。
自分は正しいことを発信しているというプライドがあれば、
コメント欄を開放していても、怖いことはありません。

白内障 の原因は ガラクトース?

フォーミディブル様、はじめまして。
いつも更新ありがとうございます。
勉強させてもらってます。

回転式本掲示版がアクセスできなくなったとのことですが
掲示坂内で白内障についての質問があり、
小西氏より主原因はガラクトースである、と回答がなされていました。
海外からの(まだ日本語に訳されてない)情報で、
信頼できる情報なのだそうです。

http://www.kaiten.jp/byouki/lens.html

結果牛乳はやめよ、ヨーグルトも少なめに、
バターとギーならOK、との結びでした。


牛乳好きな私としては
こちらも根拠なき牛乳叩きの一環だと信じたいです。。


白内障

いつも為になる話題をありがとうございます。

回転式さんは最近ではもうギャクとしか
思えないですね、その意味ではかえって楽しみです。
(苦笑)

白内障がガラクトースが原因って、
大笑いしました。

回転式さんは「そこひ」という言葉をご存知ないんでしょうかね。
いい年なのに。

「白そこひ」即ち白内障、「青そこひ」緑内障は大昔から日本に
ある言葉です。

日本人が大昔に牛乳を飲んでいたとはあり得ませんね。

信者さん達、おかしいって思わないんですね。



No title

おしおさん、

>海外からの(まだ日本語に訳されてない)情報で、
信頼できる情報なのだそうです。

小西さんは、日本の大学や企業が行っている研究は信用しないで、
外国語の論文を信用するのでしょうか。
そしてそれは信用できると断定できるほどの、研究者なのでしょうか。

いつから結石は、性的エネルギーの処理の問題だとか、
支給は平和を愛する臓器だとか、そういう精神論より
エビデンスを重要視するようになったのでしょうか。


JミルクのHPからです。
==============================

わが国で白内障になる最大の要因は老化(加齢)で、65歳では60%が白内障症状であるという。白内障は加齢以外に疾病、光(活性酸素生成)、薬物、外傷、先天性代謝異常等が影響する。牛乳と関係し得る白内障は、先天性代謝異常である「ガラクトース血症」と関わるものと考えられる

(中略)

いずれにしてもこのような乳児には乳糖(ガラクトース)を含む通常の育児用コナミルクはもとより牛乳投与も有害で、乳糖もガラクトースも含まないミルクを出生後早期から投与することで、正常な発育が可能となった。

日本では昭和52年度から先天性代謝異常のマス・スクリーニングが実施されてきたが、ガラクトース血症患者の発生数には一定の経年的傾向は認められない。

なお、ラットにヨーグルトを与えて白内障が見られたという調査は、体重60kgのひとに換算すると、1日に21.6kg~24kgという、非常に極端な条件を設定した実験であり、通常の食生活における摂取と同列に論ずるべき問題ではない。

一方、ヨーグルトにはメカニズムは不明であるが、むしろ白内障に対して、予防的に作用するという報告もある。
わが国では、牛乳の乳糖と白内障に関する疫学的調査はない。

1990年1月1日
==========================
↑古っ!!(笑)

ガラクトース血症という珍しい遺伝病の人は
ガラクトースで白内障になるかもしれませんが
そういう人は専用のミルクが必要ですから
赤ちゃんの段階で診断がついているはずです。

No title

めいさん

そういえば私のおばあちゃんは白内障の手術をしました、
乳製品は乳臭いと言って嫌っていました。

ヨーグルトに白内障の予防効果があるというJミルクの記事↑は
本当かもしれません。

No title

今日、TVのミヤネ屋で79歳の現役ボディビルダーの放映を見てました。若いころ全日本をとり、引退後また50歳を超えてから復帰、年齢別はあるけれど計8回も王者になった。トレーニングジムのオーナーだそうで、毎日2時間の筋トレをしているとか。
食事は、健康を考えここ20年は肉を食べず、納豆と玄米が中心とか。細かいメニューを紹介してほしかったが、肉をたべなくてもあれだけの肉体と健康を確保できるのは新たな発見でした。92歳になった年齢別100メートル世界記録を持つ女性アスリートも、毎朝生卵を飲み焼肉とご飯は2膳、お昼も週二回ウナギ定食。
健康は食事だけではなく、運動やその他いろいろな要素があるんですね。乳糖5gに引っかかって(洗脳され)、ギーを作っている信者を想像するとどこかおかしいカルトの世界、洗脳の怖さが見えます。

No title

続けてすみません。こんなことも書いてますね。
>マサイ族のように、生まれてからずっと穀物や砂糖類を
食べていなければ、
乳糖や牛乳を摂っても問題ないでしょう。・・・
・・・
乳糖は腸内細菌のえさになって増やしてくれたり良い作用もありますが、
もうすでに糖化してしまっている腸の細胞には悪いです。
抗栄養作用があって栄養分の吸収、特に脂肪酸の吸収を阻害してしまい、
リーキーガットを起こします。

あれ、糖質制限者は乳糖不耐性になるのが正常じゃないの???

No title

ONさん、

情報ありがとうございます。

以前あちらの掲示板でも、ケトプロ食をやっているが、
登山でバテたとか書いていた人がいましたが、
スポーツ(あるいは頭脳労働)をする人には、糖質が必要かもしれません。
ただ運動をやめてしまってから何を食べるかが問題だろうと思いますが。

私も最近は、糖尿病の治療以外での、
厳しい糖質制限は無駄ではないかと疑っています。


No title

ONさん、

>もうすでに糖化してしまっている腸の細胞には悪いです。
抗栄養作用があって栄養分の吸収、特に脂肪酸の吸収を阻害してしまい、
リーキーガットを起こします。


管理人さん自身が、甲田療法だとか洗腸だとかやりすぎて、
こうなってしまっているのではないでしょうか。

言っては何ですが、1日に10回も洗腸を続けたら、
腸に穴が開いて再起不能に、ならないないほうがおかしいです。

以前から思っていたんですけれど、患者は先生のほうなんじゃないですか。
よっぽど相談者のほうが健康だと思います。

怪奇性が危険性に?

回転式掲示板へのアクセスが妨げられましたか・・・・。
当掲示板の参加者の方のアクセスも(一時的ではあるものの)遮断されたようですし、どうしたのでしょうね?
今のところ、私にはアクセス制限の表示はされません。

正直、何かの手違いであって欲しい気持ちはあります。
一時期ではあるものの、懇意にしていた経緯があるためである事はもちろんですが、手違いで相手を批判する行為は明らかに間違っているためです。
また、回転式掲示板が発信する情報は、他糖質制限サイトでも注目されており、それらの媒体での議題の熟成化の一環で取り上げられていたほどです。


フォミさんとの間で論争が始まってから久しいですが、私はやや静観気味でした。
議論や自説の主張行為そのものまでを否定する気はなく、その点で回転式代表者を叩く事は間違っていると襟を正していたつもりです。

ただ、徐々に「雲行き」は怪しくなっていますね。

・他サイトの情報を勝手な自己解釈で引用し、該当サイトが誤解されるような行為。
抗議を受けると更に異常言動(サイトに乗り込む、等)を繰り返し、その挙句態度を硬直化させる(整体に基づく「やわらかさ」の提唱とは裏腹に、自分自身が「硬くなっている」)
・さらに、閉塞化した空間を作りそこで閉じこもるようになり、一部の信者に慰めてもらっている(議論を戦わせるという言及は何処に行ったのでしょう?)。
・回転式を一時的にでも懇意にしていた方々が徐々に離れ、現役参加者の方ですら疑問を呈するようになっている。

当掲示板では、「もらいすぎ」や「引きこもり」などを取り上げております。
「未成熟な精神」に関しての改善法などをいわば「治療者」の立場として指導行為を行なっているのですが、肝心のご自身が「治療を要する」ようになっている感が見受けられます。

回転式掲示板への過剰な攻撃は健全ではないと思っていたので、論争に対してのコメントは控え気味にしておりました。
フォミさんのサイトを「荒らす行為」にもつながり、フォミさんを含め参加者の方々へのご迷惑になると考えていたためです。
アクセス制限(重ね重ねですが、これに関しては何かの手違いである事を願っております。現在は如何でしょうか?)を含め、回転式の動向が非常に怪しくなっております。

そのため、つい筆をとってコメントさせて頂きました。

この「怪しさ」が「危険性」へと変貌し、被害者が増えなければ良いのですが。

No title

ぐうずさん、

いつもありがとうございます。
お心遣いをありがとうございます。
アクセスできません。

>当掲示板では、「もらいすぎ」や「引きこもり」などを取り上げております。
「未成熟な精神」に関しての改善法などをいわば「治療者」の立場として指導行為を行なっているのですが、肝心のご自身が「治療を要する」ようになっている感が見受けられます。

これについては前から気になっていました。
本人だけでなくご家族も治療を要するような状態なのではないかと。

たとえば10杯以上も飲んでいたコーヒーをいきなりやめたら、
何らかの体調の変化があるだろうと思うのですが、
これについては何も書いていませんでした。

隠し事をしていると、感じました。


>この「怪しさ」が「危険性」へと変貌し、被害者が増えなければ良いのですが。

2ちゃんねるを見ればわかるのですが、
過去に被害者がいるようでが、
その失敗から何も学んでいないようです。

こればかりは病院でも治らないと、本人さんも自覚しているのではないでしょうか。

ありがとうございます

白内障についての考察、ありがとうございました。

私の検索の仕方が良くなかったせいか、ネットで
回転式掲示板だけでなくネガティブな情報ばかりひろってしまい、
少し動揺していました。
Jミルクのように説明しているところもあるのですね。

ネットに出回っている情報も玉石混合で、むしろ
ネガティブな情報の方が多く出回っているように見えます。
安易に流されず、見極められるように注意していきたいと思います。

No title

3,4日前ですが、私はこちらのブログにアクセスすることができなくなりました。
フォミさんと同じ表示がでました。
なぜ拒否されるのか戸惑いましたが、次の日の朝にはできるようになりました。
わけがわからないです。

牛乳を飲み始めてから40日程経過しましたが、体力がついてきています。
連休中にいろいろ出掛けて、数キロ歩くこともできるようになりました。
300m先も歩くのがおっくうだったのに、うれしいです。
あれほどほしかった体重も少しずつ増え始めています。
これは、解禁したナッツのおかげもあると思いますが、身体がしっかりして
きました。
私にとってたんぱく質、脂質よりもカルシウムの方がより必要だったようです。

お米もお菓子もお腹いっぱい食べられる現在では、糖質制限は健康のために
大切だという考えを変えるつもりはないですが、最低限の必要量は存在すると
思います。
フォミさんのおっしゃるように、極端な糖質制限はストレスになりますし、
生活の面でも非現実的すぎます。
主婦の立場では継続は難しいです。

まだビタミンAの影響からは完全に抜けていませんが、ケトプロよりゆるめの
糖質制限の方がはるかに身体に元気をくれたのは事実です。



No title

おしおさん、

誰しもネガティブな情報ばかり拾ってしまう
(拾わされてしまう)のは問題でしょうね
意図的に拡散されているのかもしれません。

昨年のスウェーデンの研究と同時期にこのような研究結果も発表されました。
牛乳や乳製品を摂る人は糖尿病になりにくいというものです。
1日1杯の牛乳が糖尿病リスクを下げる 死亡率は4割低下
http://www.dm-net.co.jp/calendar/2014/022459.php
ポジティブなニュースは話題にならないと話題に(笑)なっていました。

No title

はなさん、

2,3日前の夜にエラーになってしまってつながらないときがありました。
ほかのFC2のブログにアクセスしてもつながらなかったので、
FC2側のトラブルだったのではないかと思います。


はなさんの体調がよくなったようで、よかったです。
なんだかナッツが食べたくなってきました。

>お米もお菓子もお腹いっぱい食べられる現在では、糖質制限は健康のために
大切だという考えを変えるつもりはないですが、最低限の必要量は存在すると
思います。

私もそう思います。

おはようございます。
小西管理人にはびっくりですね、アクセスを遮断するに至るほどフォミさんが脅威なんでしょう。


>マサイ族のように、生まれてからずっと穀物や砂糖類を食べていなければ、乳糖や牛乳を摂っても問題ないでしょう。

小西管理人は調べもせずサラッとこういうことを掲示板に書いていま
すが、マサイ族は砂糖たっぷりのチャイを飲むそうですし、トウモロコシ(穀物)を使った料理を食べるそうです。
高地の原住民もそうですが、原住民であっても小西管理人の書いているように『生まれてからずっと』糖類や穀物を摂らないなんてことはないでしょう。
小西管理人は、フォミさんへの脅威や嫉妬で考察することが困難になっているのだと思います。
それとも、陶板浴で体がぽかぽかして一日中お寝むのような状態なんでしょうか。




No title

小西管理人の掲示板からの風景を見てさん、

>マサイ族は砂糖たっぷりのチャイを飲むそうですし、トウモロコシ(穀物)を使った料理を食べるそうです。

そうですよね。
今はもうネットでも何でも使いこなしているそうですから、
百年も前とは、違うはずです。

そうでなくても、乳糖の半分はブドウ糖ですから、
生まれてから継続してかなりの量のブドウ糖を摂っていると思います。

陶板浴があったかすぎるのか、ブドウ糖が足りないのか、
もう少し頭を使ってほしいですね。

「引きこもり=天才」ではありません。

フォミさん、ありがとうございます。

類希なる才能に満ち溢れていても現世では認められずに、後世になってから脚光を浴びる才人は歴史上数多く存在します。
また、自説を検証するために過激な「実験」を繰り返し、そこから新説が生み出される事は多々あります。
多くの天才は凡人には理解できない狂気を孕んでいた傾向があり、いわゆる「人格障害であった」という史実も決して珍しくありません。

しかし、本物の「天才・才人」の存在も一部でしょう。
ただ気取っているだけの、数え切れない「自称天才」がピラミッドの底辺で蠢いているのです。
そのような「自称天才」など、人に迷惑を掛ける存在でしかありません。
そして、認められなければ「拗ねる」「必要事情に慰めを求める」「過剰に攻撃的になる」など問題行動を引き起こします。

もう説明は不要かと思いますが、これらは「引きこもり」の人たちに共通する事象です。
「自己愛」が歪んでいるために生じる現象です。
我々は、単なる「引きこもり」でしかない者を「天才」などと崇める訳にはいきません。
しかし、そのような「崇拝行為」は残念ながら存在するのです。
不安定な心理状況や社会情勢から引き起こされるのですが、やはり「糖質制限そのものが不安要素を抱えている」ことに他なりません。

以前から繰り返し同様コメントをさせて頂き誠に恐縮ですが、糖質制限提唱者の先生方やサイト管理者は自分の周囲や賛同者だけが上手くいっているからといって、「影」となっている部分から目を背けないで頂きたいと思います。
その「影」はいずれ暗い闇へと変貌し、「澱んだ集合体」を産みだす事に繋がります。




No title

ぐうずさん、

>もう説明は不要かと思いますが、これらは「引きこもり」の人たちに共通する事象です。
「自己愛」が歪んでいるために生じる現象です。


まったく、大人の引きこもりと言っていいと思います。
食事の付き合いさえしなくていいと言っているのですから
大人の引きこもりです。

お客さんは向こうから来てくれるし、
ネット上にはたくさんの人がいるので、
人間関係をバンバン切っていくのでしょう。

ある、砂糖や牛乳は危険だと言っている医者で
何の罪もない一般の人たちを、次々と切って見せる
芸風を披露している自称天才?が崇拝されていますが、
これなども大人の引きこもりといっていいと思います。

>不安定な心理状況や社会情勢から引き起こされるのですが、やはり「糖質制限そのものが不安要素を抱えている」ことに他なりません



彼らは過去に自分が診療を通して巡り合った人たちが、
今頃どうしているだろうか・・・
ということに想いを馳せることができません。

まさに自己愛といっていいと思います。

まさにそうでしょう。




非公開コメント

プロフィール

フォーミディブル

Author:フォーミディブル
ふたりの息子を、ホームスクーラーで育ててきました。
母子手帳も捨てました。
2020年からは、大きな変革がやってきます。
社会のウソはあばかれ、
ホームスクーラー有利の時代になりました。
ワクワクの時代に乗り遅れないように
情報を分析し自分の頭で考えていきましょう。

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ