FC2ブログ

牛乳は猛毒、砂糖は麻薬は、狂言の世界

0219-1[1]
(ほとんど”狂言ぶす”の世界…お借りしたイメージです)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


医療界の革命児、内海聡さんがこんなデタラメで、
信者を洗脳していたとは知りませんでした。
まだ中学生の作文でも読んでいたほうがためになります。

ですからネタにさせていただきます。
9784883205929[1]


キチガイ医、こと内海聡さん、
やってくれましたね。
さあて、牛乳論争は再燃するか? (2)

http://plaza.rakuten.co.jp/shokuikublog/diary/201312120000/

例えば、「社会毒」のひとつが牛乳だ。牛乳は健康を維持するために必要な栄養素を豊富に含んだ「完全食品」とされている。しかし、実際には、本来、牛乳を摂取すべき子牛にとっては理想的な食品だが、人間、特にアジア人(成年)は牛に含まれる乳糖をカルシウムに分解する分解酵素が体内で分泌されないために、うまく吸収できないケースが多いのだ

乳糖を分解してもカルシウムにはなりませんね。
乳糖が分解されると、ブドウ糖とガラクトースになります。
ひょっとしたらこちらの記述の間違いかもしれませんが、
「分解酵素がないのに牛乳を飲み続けるとどうなるか。乳類に含まれているカルシウムが吸収できないだけでなく、他の食品から摂取したカルシウムを体外へ排せつしてしまうというデータがすでに1960年代に報告されています。」ー内海さんのフェイスブックよりー
これじゃあ信者が混乱するもの無理ないです。


「牛乳は骨を強くする」という俗説もウソ。反対に骨を弱めてしまうという。「牛乳はビタミンCを弱める。ビタミンCは骨を健康に保つコラーゲンの合成に不可欠。したがって牛乳は骨を弱める」「実際、世界で一番、牛乳を飲んでいるノルウェー人の骨折率は日本人の5倍といわれて」(同書)いる。

牛乳はビタミンCを弱めるという意味がわかりません。
馬乳酒などは乳糖が発酵することにより、ビタミンCが増えると言われています。
北欧の人が骨折が多いというのは、最初に、
日照量によりビタミンD不足を疑うのが普通です。


「私は牛乳については、タバコや酒のような嗜好品として楽しむもので、決して健康を求めて飲むものではないと考えています」と内海医師は警鐘を鳴らす。

牛乳を否定する人はこういう言い回しをよくしますよね。

内海さんはお酒がお好きなようで、たくさん飲まれているようです。
内海さんお酒は健康を求めて飲んでいるのではなく嗜好品として楽しんでいるので、
どれだけ飲んでも決してアルコールの害は起きないのでしょうが、
内海さんは牛乳を飲むときは、健康を求めているので、すぐ病気になってしまうでしょう。

タバコが原因でがんになった人は、タバコさえ吸っていれば
健康で長生きできると思っていたに違いありません。
↑   ↑
皮肉だよ!!


確かに、脳はブドウ糖(グルコース、炭水化物が分解を重ねてブドウ糖になる)を必要としているのは間違いないが、直接的に血糖値を上げる直接糖である砂糖を必要としているわけではない。

炭水化物が分解を重ねてブドウ糖になる、というのは正しくない気がします。
でんぷんが分解を重ねてブドウ糖になる、ではないでしょうか。

内海さんは、どうも砂糖というものを理解されていないらしい。
砂糖はブドウ糖と果糖が結びついた2糖類ですが、
砂糖がブドウ糖のように体の中にそのままあるわけではありません。

口から入った砂糖は、ブドウ糖と果糖に分解されて違ったふるまいをします。

それに普通はブドウ糖も砂糖も調味料以外の何物でもありません。
ブドウ糖は主に加工食品に使われ、
砂糖は家庭での調味料として使われます。
ブドウ糖も砂糖も、お茶碗やどんぶりに盛って、
ご飯を食べるように、3度3度食べる人はいないでしょう。

調味料として使われた場合であっても、ブドウ糖単独より、
2糖類であり、血糖値が上がりにくい果糖と結びついている、
砂糖のほうが、血糖値が上がりにくいのは誰が考えたって明らかです。

江部さんのブログから主な糖のGI値です
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-872.html

果糖(Fructose) 15±4
ショ糖(Sucrose) 65±4
ブドウ糖(Glucose) 103±3
蜂蜜(Honey) 61±3
ちなみに、白いご飯やパンは、80~100ぐらいらしいです。
中華麺は61ぐらいらしいです。


(時々、ショ糖=砂糖が100以上の表があったり、肉が50とかいう表があったりしますが、
それは全くねつ造された表です。
江部さんのブログを参考にするのが、正確だろうと思います。)

果糖は単糖類の100%の糖であっても血糖値が上がりにくいのは事実のようです。
もちろんどんな食べ物によって、血糖値が上がるかは人それぞれなので、
血糖値が気になる人は、自分で血糖値を計るのが確実な方法だと思います。

内海さんの好きなラーメンも、同じ小麦からできているパンより、
血糖値が上がりにくい人が多いと言われていますが、
はちみつや、砂糖とそう変わらないみたいですね。


しかし最近、果糖の取りすぎは肥満や脂肪肝の原因になると警告を促す臨床研究が相次いでいる。

何をいまさら・・・
最近じゃないでしょ? 大昔(笑)から江部さんは、
果糖は太ると言っているんです。
アメリカ人に太りすぎが多いのは、異性化糖の取りすぎだろうと、
健康オタクならとっくに気が付いています。


日本でも(略)多くの人が体重を落とそうとして頼りにしている低脂肪ダイエット食品には往々にしてフルクトースが大量に入っていますが、そうした加工食品では繊維が除去されているため糖分が吸収されやすく、非常に健康に害があるのです」(同書)

私は果糖を大量に使ったダイエット食品があるとは、知りませんでした。
果糖を大量に使ったダイエット食品を知っている人がいたら、
どのような商品か、教えてもらいたいです。

それにその食品の食物繊維が除去されていなかったとしても、
果糖が果糖としての仕事をすることは、避けられないでしょう。


それにしても(半分が果糖の)砂糖を摂っていない
内海さんのおなかが、なんであんなに出ているのか、
どうしてカメラの前でぐらいシャキッとできないのか。
私は不思議でなりません。
201503151351098ff[1]
(お借りした画像です、本文とは関係ありません)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

やたらと”毒と”いう言葉を使いたがる人は、信用しないほうがいいです。
田舎のおばあちゃんが「××は毒やで~」と言うのとほとんどレベルが変わりません。


繰り返して言いますが、単独のブドウ糖も砂糖も調味料以外の何物でもありません。
お茶碗に盛ってバクバク食べる人はいません。
家庭で淹れたコーヒーに砂糖をたくさん入れて飲む人も少ないでしょう。

問題があるとしたら、ペットボトル飲料や缶コーヒー、
ジャンクフードの甘味料として使われている、
異性化糖(ブドウ糖果糖液糖)のほうだと思います。

ペットボトル飲料や、ジャンクフードを食べすぎるのはやめたほうがいいと私も思います。
こういうものを子供に食べさせる場合は制限を設けたほうがいいと思います。

しかし家庭料理の味付けに砂糖を使うのは別の問題だと思います。
私は今のお母さんが忙しすぎて、
家庭料理や手作りのおやつを食べさせてあげられないほうが問題だと思います。

こういうおかしな先生方は、本当の意味でおふくろの味を知らないのではないでしょうか。
家族みんなですき焼きを囲んだ記憶。
ほんのり甘い卵焼き、肉じゃが、煮魚。
お母さんの手作りのおやつ・・・
中学生の息子が、クッキーの作り方を教えてくれと言った日。

甘味を寂しさを埋めるために使わないほうがいいと思います。
家族の楽しい思い出として、甘味があるなら
決してこんな変な先生にはならなかったのではないかと思います。

ーつづくー
スポンサーサイト



コメント

No title

>果糖を大量に使ったダイエット食品を知っている人がいたら、
どのような商品か、教えてもらいたいです。

例えばこういう食品です。
http://www.yakult.co.jp/products/item0231.html
一般に脂肪を減らした食品は、その分異性化糖や人工甘味料を含む砂糖類を増やして魅力を減らさないようにしています。

見たことはないけれどどこかに心の専門家がいて、任せておけば摂食の問題が解決できるようなご説にいつも違和感を感じます。
本当に、他人の「心のケア」ができる人間がいるとお思いですか?
「先生」と呼ばれる人たちが、言われるるような人格者でないことは内海氏の例を引くまでもなくわかり切ったことではないのですか?

なお、安保さんは著書で「毒出し」という言葉を使われています。

肉ばかり食べていると攻撃的な性格になるというのは本当のようですw

No title

匿名の方、

私はその商品を知っていますし、
もらって飲んだこともありますが、
ダイエット(一般的な意味での)とはうたっていないようです。
HPにも書いてないし、商品のパッケージを拡大して見ても書いてないようですね。

自社の従来品とくらべてカロリーが低いとはうたっていますが(一般的な清涼飲料水などと比べているわけではない)
こういう商品をダイエット(一般的な意味での)商品と思い込むのは
・・・つまり思い込みは危険だと思います。


>見たことはないけれどどこかに心の専門家がいて、
任せておけば摂食の問題が解決できるようなご説にいつも違和感を感じます

いいえ私はそんなことは書いていません。
一般的にですが、それを解決できるのは親、特に母親でしょう。

誰だって摂食障害になる可能性はあります。
中高年であっても例外ではありません。
もちろん私だって例外ではないし、
私はそれ以外にもパニック発作がまた起きるかもしれません。

私たち母親は、子供を依存症にしないカギを握っていると思っています。
それが私の究極です。そのためにブログをやっているようなものです。
←カテゴリ、メンタルヘルス、はすでに111件にもなりました。

過去記事に、私なりにこうした心の問題をどう解決したらいいか
勉強した記録として記事を書いてきました。

読んでいただいて、HNを書いていただいて、ご意見などいただけたら幸いです。
できれば具体的に書いてください。


No title

糖質のカロリーは1g=4kcalで脂質は1g=9kcal
・・・ということは、脂質を糖質に置き換えるだけでカロリーオフのダイエット食品が作れます。
カロリーオフにダイエット以外の目的があるとでも?

「心のケア」という言葉は実体のない言葉だから使うと見せ掛けだけの善人というのがばれてしまうね。

No title

一番上の人、リンク張るならちゃんと読んでから書きましょうよ。

商品名 内容量 エネルギー(kcal) たんぱく質(g) 脂質(g) 炭水化物(g) ナトリウム(mg)
Newヤクルト 65ml 50 0.8 0.1 11.5 12
Newヤクルトカロリーハーフ 65ml 25 0.8 0.1 6.0 14

どこの脂肪を減らして砂糖類を増やしたって?

No title

通りすがりさん、

数値を書いてくださってありがとうございます。
脂質を減らしていないし、糖類を増やしてはいませんね。

No title

では、あなたが言う「心のケア」とは何ですか?

いい大人が、親に傷を癒してもらえと?

あなたがよく持ち出している自助グループはカルトです。

>当時、ペンシルヴァニアは禁酒法施行中にも関わらず、学生は酒に溺れ、大学の秩序は乱れきっていた。そんな中、ブックマンは独特の洗脳的テクニックを駆使して、酒の密売人を含む学生数人を改心させる。(この方法は、後にその洗脳効果だけを抽出した、Alcoholic Anonymousというカルト的なアルコール中毒治療グループとして知られることになる。)

http://black.ap.teacup.com/fukashinogakuin/564.html

アルコホリック・アノミマスはアルコール依存症のグループですが、摂食障害のグループもこれが原型です。
(日本の断酒会もAAを参考に作られています)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%AD%E9%85%92%E4%BC%9A


「親に付けられた傷を癒してもらいたい」などと考えている大人がいるとしたら、スピリチャルカルトの罠に嵌るのがオチでしょうね。

事実「抱きしめてあげたい、自分」などという歌を歌っていたXJAPANのToshl氏は親への憎悪を、ホームオブハート側に焚きつけられて洗脳されました。
親に見立てたサンドバッグ状のものに暴力を振るう実習があるんですよ?

内海氏をカルトだという非難を繰り広げておられる。
「心のケア」はまやかしです。
ご自分もカルトを信望していると、いい加減気付いて下さい。

No title

ゆっこさん、

当ブログを読んでいただけばわかっていただけると思うのですが、

アリス・ミラーの日本語に翻訳されたものをできるだけたくさん読んでください。
当ブログで紹介した翻訳本を全部読んでください。
私の原点はそこです。

それと、あれもダメこれもダメでは何にもなりませんよ。
自分の力で、前向きに治す方法を模索しないで、どうやって治すのですか。


これだけは言えます。
あれもダメ、これもダメ(あれも毒、これも毒)では何もならないのです。
失敗してもいいからやってみようという勇気がないから、
自分だけは安全な場所にいて、人の足を引っ張ります。
何かをやったとしても、失敗を恐れるあまりに、
人がやっていることにケチを付けずにはいられない。

これこそが依存症者の悪い癖です。
その悪い癖を直さない限り、依存症は治りませんよ。

誰かが作ったものばかりを当てにしているから依存症なんです。
自分でホームページでもクリニックでもつくって
宗教じゃないオフ会でも井戸端会でも美人塾でもやればいいじゃないですか。


あなたもまずはブログをやって、自分を正直に表現してみなさい。
何をやっても格好をつけて良い子ちゃんを演じ
人のふんどしですもうをとることばかり考えていては治りませんよ。




フェタチーズ

う~ん、あんまりキチガイとかいう言葉は使わない方がいいのでは?

牛乳は賛否両論あるようですが、自分はチーズの方が好きで、牛乳はあまり飲まない派です。別に否定はしませんが、父は牛乳を飲むと下痢する体質ですね。
色んなナチュラルチーズを試すのが好きで、最近ではイスラム食材店でトルコ産フェタチーズが美味しかったです。カッテージチーズの塩漬けみたいな感じで。
あまり本文とは関係ない話ですけど。

No title

小米粥おいしいさん

>う~ん、あんまりキチガイとかいう言葉は使わない方がいいのでは?

激しく同感です。

内海さんは私と同じFC2ブログをやってますが、
ブログのハンドルネームが「キチガイ医」で
タイトルが「キチガイ医のシロウト的処方箋」なんですよ。
同じブロガーとして、正式には内海さんではなく「キチガイ医さん」と書かなくてはなりません
気分が悪くてたまらないので、
内海さんに直接言ってやってください。

私がコメントしても無視されるでしょうから。

自分で言ってた訳ですね。それは失礼しましたね。
非公開コメント

プロフィール

フォーミディブル

Author:フォーミディブル
ふたりの息子を、ホームスクーラーで育ててきました。
母子手帳も捨てました。
2020年からは、大きな変革がやってきて、
社会のウソはあばかれ、
ホームスクーラー有利の時代になりました。
ワクワクの時代に乗り遅れないように
情報を分析し自分の頭で考えていきましょう。

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ