スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康情報いろいろ

コメントでいただいた情報です。
週刊文春10月15日号のトンデモ記事です。

概要はというと・・・
10.15週刊文春最新号見出しと
「乳製品をやめたらがんが治った」

http://shinanooiwake.com/bunsyun-20151015-13
週刊文春のこの記事を担当するジャーナリストもそこは気になるようで、あえて生産者側の「Jミルク」を取材します。すると牛乳の摂取で乳がんと大腸がんのリスクは下がり、前立腺がんのリスクは上がると答えます。 


これについてJミルクが反論しています。
週刊文春「乳製品をやめたら、
がんが治った!」に対するコメント

http://j-milk.jp/news/berohe000000o3w9.html
補足2:記事中の「前立腺がんの発症リスクの上昇をJミルクが認めた」という記述に関して
Jミルクとしては、取材に対し「そうした研究結果があることを承知している」とコメントしたものであり、「前立腺がんの発症リスクの上昇」そのものを認めたわけではない。



この記事に出てくる佐藤章夫という人は、トンデモ学者で、
各方面からの苦情、反論が多いようですが、まともな返答はないらしいです。
この人には気を付けたほうが良いと思います。
あと、雑誌社もお手軽なネタで、売ることばかり考えてもらったら困ります。

http://www.j-milk.jp/gyokai/news/berohe000000l8qd.html
http://aoamanatu.blog.fc2.com/blog-entry-693.html
http://www.eps1.comlink.ne.jp/~mayus/


もちろん
キムチに繁殖している菌と、乳製品によって腸の中で生きている、
お母さんからもらったビフィズス菌は全然違うものです。、



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


次・・・
この記事は、ほとんど近藤誠さんの放置療法と一緒といっていいと思います。
成長したり転移しないがんもある(要するにがんもどき?)もあるんですよね。
なんでも切ればいいというものではないということは、
切ることのリスクが大きいということですよね。

BN-KU933_1020wa_J_20151019112435[1]

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151021-00009741-wsj-int
初期のがん、治療すべきか
―議論促す日米の研究結果


ウォール・ストリート・ジャーナル 10月21日(水)15時7分配信
===========================引用はじめ(抜粋)
 がんを治療すべきか、すべきでないかについて、議論が白熱しつつある。

 ごく小さな甲状腺がんにさえ積極的な治療を施す状況が何年も続いているが、米国と日本の有名な研究者たちは論文で、古い慣行を見直すよう勧め、多くの早期がん患者は経過をみながら待つのが効果的かもしれないと述べている。

 米国甲状腺協会の専門誌「Thyroid(甲状腺)」掲載の二つの論文によると、小さな甲状腺がんを持つ患者を検査・診察しながら見守るこの方法は「活発な監視療法」とも呼ばれ、成長したり転移したりしそうにないがんの摘出手術に代わる可能性がある。

 米国がん協会のオーティス・ブローリー最高医療責任者(CMO)は「いつも、がんは恐れる対象であり、全てのがんは悪だと教わってきた。全てのがんは手術すべきだとも教わった」と述べた。だが、今では、前立腺がん、乳がん、甲状腺がんなどいくつかのがんの初期段階に対する治療に対し、かつてないほどの疑問が持たれているという。
(以下略)

============================引用終わり


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



安全性が高いと言われている便秘薬で、死亡例。
薬は薬ですねー、高齢者とはいえ、長期に使い続けるのは危ないようです。

やっぱり便秘解消は、食べ物で工夫したいです。
ちなみに私は、朝の200~300mlの牛乳で快腸です。

============================引用はじめ

酸化マグネシウム製剤で死亡例
 厚労省、注意喚起を指示


朝日新聞デジタル 10月21日(水)8時1分配信 
便秘などの治療に使われる「酸化マグネシウム製剤」をのんだ後、血圧低下など高マグネシウム血症を起こして死亡したとの報告が2012年4月以降4件あったと、医薬品医療機器総合機構が20日、発表した。1件は因果関係が否定できないという。

 厚生労働省は、特に報告の多かった高齢者の服用について、薬の添付文書で注意喚起するよう、医療用医薬品を製造・販売する17会社などに指示した。

 機構によると、死亡例も含め29件の副作用報告があり、19件で因果関係を否定できなかった。酸化マグネシウムは、長く使うことなどで血液中のマグネシウムの濃度が高くなり、心停止などにつながる恐れもあるという。吐き気やめまいなどの症状が出た場合はすぐに服用をやめ、医療機関を受診するよう求めている。(竹野内崇宏)

===============================引用終わり


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

コメントで紹介いただいた書籍です。
キャラクターがかわいいです。

「たべることがめちゃくちゃ楽しくなる!
栄養素キャラクター図鑑」

http://www.nihontosho.co.jp/2015/02/post-499.html

www.nihontosho.co_[1]

続編の、添加物についてもあるそうです。
『気になるあの成分のホントがよくわかる!
 食品添加物キャラクター図鑑』 
 
http://www.nihontosho.co.jp/2015/10/post-604.html

子どもやダイエットをやりたい人には、
まず様々な栄養素について勉強してもらって、
それからそれを過不足なく摂取するようにしてもらって、
食べ物の毒性や添加物、特定の成分については、その後で十分でしょうね。

子どもやダイエットをやりたい人に、「○○は毒」だとか
あるいは特定の成分について、「○○は体に良い」などとは言わないほうがいいと思います。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




コメントでお話に出ていた王城恋太さんのブログを紹介します。
なかなかおもしろいブログです。
糖尿病も3ヶ月で完治するダイエット
薬不要、毎日の運動不要、有酸素運動不要、カロリー制限不要、糖質制限不要、カーボカウント何それ?でも糖尿病は完治できる!
http://ojyokoita.blog.fc2.com/

こちらのブログは、なかなか難しいのですが、私なりの理解では・・・

ブログの見出しには、
毎日の運動不要と書いてありますが
それなりの運動は必要だと言っています。
カロリー制限不要と書いてありますが、
カロリー必要量をオーバーしてはいけないとも言っているようです。
糖質制限不要と書いてありますが、
たんぱく質をしっかり摂るように言っています。
王城さんはプロテインを飲んでいらっしゃるようですから、
必然的に糖質を減らさなけれらばならないということになるようです。

肥満や糖尿病には、こういうアプローチもありかもしれません。
やっぱりカロリーオーバーは太るんです。
糖質も少しは必要です。


糖毒馬鹿が問題なのは、モヤシ教祖が最初に「満腹ダイエット」などと大風呂敷を広げたことを、そのまま鵜呑みにしていることです。
当然のことながら、MECおばはんも豚のまま何も変わりません(笑)
 
 王城 恋太 #- | URL | EDIT



ダイエットのうたい文句の、
カロリー計算不要とか、
おなかいっぱい食べて痩せられるとか、
「○○で痩せられる」とか

そんなうまい話はないということでしょう。
カロリー計算やちょっとした運動をやる覚悟がないのに、
中途半端にダイエットをやっても無駄、ということだろうと思います。
スポンサーサイト

コメント

No title

某HPのどこかに「糖質をあんまり摂らないマサイ族は云々」とありました。
1日に牛乳2,3リットル飲んでたら、平均で100〜150gは摂ってますよね、しかも乳糖で。
正解は「農作物をほとんど摂らない」でしたよね?

牛乳が主食のしかも乳糖がたっぷりの彼らの食生活で例えるなんて…と思いましたw
語るに落ちてるなぁorz

  • 2015/10/22 (Thu) 18:24
  • #-
  • URL
No title

上の方、

糖質制限食の先生方の間では、マサイ族は糖質をあまり摂っていないないことになっているようですね。

牛乳だけだと4割ぐらいは、糖質になります。
お砂糖を入れたお茶を飲んでいるという情報もいただきました。

  • 2015/10/22 (Thu) 19:19
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
No title

フォミさんこんにちは。
牛乳論争は果てしなく続きそうですねw
吉冨信長さんという方のフェイスブックに面白い
考察が書かれていたのでご存知かも知れませ
んがシェア致します。
マサイ族とハチミツについての考察も面白いです。
何か内海先生もコメント書かれてるみたいですが
この方いったい何時診察されてるんでしょうかねw

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=488705237976516&set=a.122416054605438.20617.100005111323056&type=3&theater

  • 2015/10/22 (Thu) 20:05
  • ふるたか #-
  • URL
糖質制限が「モヤシ化生活」になってしまいました。

玉城恋太さんのブログを拝見しました。
まだ少し目を通した段階なので「モヤシ教祖」がどなたかはまだわかりかねますが、少なくとも「モヤシ信者」は自分の事かと思いました(汗)

当ブログで紹介されている「愚行」は、ほぼやりました・・・。
糖質制限で懸命に「自分自身をモヤシ化」させていたのです。
要は、私も「糖質制限の狂信者」だったのです。
唯一の救いは、糖質制限を周囲の方々に勧めなかったくらいでしょうか?
(自分で勝手にやっていただけです)


糖質制限の「落とし穴」を論理的に喝破されております。
これは非常に強みですね。
先日もお話しましたが、某掲示板のようなサイトならば人々は勝手に離れて行くのでさほど問題はないのですが、夏井医師のように緻密な論理を(銃のように)突きつけられると、「身体は悲鳴を上げていても、頭がその悲鳴を許容しない」という問題に突き当たります。
しかし、玉城さんのブログは「身体の悲鳴」を論理的に説明しており、これはご自身が糖尿病に罹患しているという、「負の側面」からのアプローチが功を奏しているためと思います。
「自分や賛同者(というより、信者)が成功したから」、という「正の側面」だけの論理だけでは、単なる「自己都合」でしかありません。

ただ、私はその「正の側面」の論理と対峙できるほどの知識や思考を持ち合わせておらず、何とも言葉にならない「体感(苦痛)」でしか説明できなかったのが致命的でした。
だから、メール上で夏井医師に叱責されても何も反論できなかったのです。

・糖質への渇望
・体力の著しい減退

上記2つがずっとつきまとっていました。
脂質を日常的に摂取しているので、体重は減らなかったのです。
これが私にとって最大の「落とし穴」だったのです。
実際に身体は衰弱していたのですが、体重に変動がなかったため身体からの「悲鳴」を無視し続けていました。

スーパー制限からスタンダード制限に移行して1ヶ月以上経過しますが、1年以上の糖質制限生活のためか、情けない事に自身の糖質摂取許容量がわかりませんでした。
そのため成分表示とにらめっこだったのですが、これは数値よりも体感重視で良いかもしれません。
(奇しくも、著書内で夏井医師も同様の事を述べております)

体質のためかライフスタイルのためか分かりませんが、私は許容量が少し高めかもしれません。
さすがに丼大盛りご飯の糖質量は支障をきたしますが、調味料はもちろんブランパンの糖質量では身体がもちません。
9月冒頭の再摂取当初は、その勝手が認識できず「暴食↔空腹」の繰り返しでしたが、糖質制限期の生活は「適正量」がわからなくなるほど体感を鈍らせてしまう結果をなったようです。

まあ、「体感が鈍る」という表現は的確ではなく、実際は身体からの悲鳴を無視し続けていた顛末なのですが。

これが玉城さんが指摘するところの、典型的な「糖質制限狂信者の行為」なのでしょうね。


  • 2015/10/22 (Thu) 21:28
  • ぐうず #-
  • URL
No title

ふるたかさん、

はちみつのありかを小鳥に教えてもらうんですね。
マサイ族って、なんだかかわいいです。
吉冨信長の考察だと、相当糖質を摂っている可能性がありますね。

内海さんって、昼間フェイスブックを見ると、すごい数の記事が投稿してあって、
素人に説教たれるヒマがあったら、医者として自分の勉強やれよって思いますね。
不思議な方です。

  • 2015/10/23 (Fri) 07:36
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
No title

ぐうずさん、

>そのため成分表示とにらめっこだったのですが、これは数値よりも体感重視で良いかもしれません。

あまりまじめにやらないで、体感重視でも良いかもしれませんね。

私の場合だと、性格にずぼらなところがあるので、
極端に走らなくてよかったかもしれません。


性格も人それぞれなんで、同じ情報でも受け止め方が違うのでしょう。
一概にこれが正しいとは言えないかもしれませんね。

  • 2015/10/23 (Fri) 07:47
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

こういうブログって何が目的でやられてるんですか?
科学的根拠の乏しいものの羅列で。
本でも出されるのかな?

  • 2015/10/25 (Sun) 12:21
  • 名無し #-
  • URL
No title

名無しさん、

このブログの目的は、本文中に時々書いています。
読んでください、

ウォールストリートジャーナルや朝日新聞や女子栄養大学クリニックの情報が、
科学的根拠が乏しいというのなら、直接そちらへ苦情を言うべきです。

  • 2015/10/25 (Sun) 12:52
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。