スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間の体は、ストレスがかかると血糖値が高くなるように出来ている

前回は、糖尿病(肥満や摂食障がいも関係あると思う)の原因として
糖質の摂取と、運動不足だけではないのではないか?という
趣旨の記事を書きました。

厳格な糖質制限食をやり、激しい運動をしているにもかかわらず、
血糖値が高い人がいるのはなぜでしょうか。


間違いなくストレスは血糖値が高くなる原因となります。
人間の体はストレスを感じると血糖値が高くなる。
(糖新生が亢進したり糖質を食べたくなる?)ように出来ているのです。



糖尿病ネットワーク
http://www.dm-net.co.jp/seminar/34_qol/
======================引用はじめ(抜粋)

糖尿病セミナー

34. 糖尿病とストレス
うつとの関連、QOLの障害

2002年3月 作成

stress02[1]

今は、誰も体験したことのないストレス社会
 日本は今、社会構造の急な変化が続いています。昨日まであたり前だったことが今日はもう通用しない、といったことは日常茶飯事です。人々はつねに感覚を研ぎ澄ませ、状況の変化に対応し続ける必要に迫られています。これは強い精神的ストレスとなります。
 このようなことは糖尿病であるかないかにかかわらず、誰も同じです。ただし、糖尿病の人はストレスについて、少し詳しく知っておいたほうがよいようです。なぜならストレスは、いろいろな意味で糖尿病に影響し、また、糖尿病の人では、さまざまなストレスから、うつになる人が多いからです。

【ひとことアドバイス】 考えごとは日中に。
 夕方や夜は、考えが湿りがちなものです。考えごとは、天気のよい日の明るいうちにしましょう。

ストレスが糖尿病に及ぼす影響

ストレスで血糖値が高くなる
 からだや心にストレスがかかると、血糖値を上げるホルモンが分泌〈ぶんぴつ〉される一方で、インスリン抵抗性※が強くなります。このため血糖値が上がります。※インスリン抵抗性:インスリン(血糖値を下げるホルモン)に対する感受性が低下した状態。インスリンはたくさん分泌されていても、血糖値が下がりにくくなります。
ストレス解消のための食べすぎで、
血糖コントロールが乱れる

 ストレス解消の手段として、過食に走ることはよくあることです。お酒を飲む人なら、その量も増えるでしょう。また、イライラしていたり精神的に不安定なときには、空腹でなくても、つい手近にあるものを口に運んでしまいます。このようなことが、血糖コントロールの悪化につながります。
ストレスが原因でうつになることも
 ストレスが長引くと、誰でも気が滅入ってきます。その度がすぎて、からだも心も疲れ果てると「うつ」になります。
 糖尿病の人の多くは、家庭でも実社会でもストレスの多い生活を強いられる年齢なので、うつになりやすい状況にあります。さらに、糖尿病によるさまざまな心配や苦痛(将来に対する漠然とした不安、合併症や糖尿病の治療に伴うQOL※障害〈次項参照〉など)が重なります。
 糖尿病の人の2~3割はうつを併発しており、糖尿病以外の病気でのうつの併発(約1割といわれています)より、頻度が高いといわれています。※QOL:Quality Of Life。クオリティー・オブ・ライフ。生活の質、生活の満足度、幸福度。
うつ状態では心とからだが互いに影響しあい、状況をさらに悪くする
 うつにより、ホルモンの分泌や自律神経のバランスに影響が出ます(合併症の神経障害とは異なります)。その症状は一般に「自律神経失調症」といわれるようなものです。それらの不快な症状が新たなストレスとなり、うつがよりひどくなるという悪循環が起こります。
 また、このような身体症状は、検査をしても患者さんの訴えの強さに相当するほどの原因は大抵見つかりません。このため周囲からは「気のせい」「大げさ」「怠けている」と見られがちで、その誤解が患者さんをさらに苦しめてしまいます。
 それらの結果、糖尿病の治療意欲がなくなったり、インスリン抵抗性が続くことで、血糖コントロールはより悪化してしまうことがあります。

ストレスで血糖値が上がるのは
大昔〈おおむかし〉の記憶?

stress03[1]
 ストレスを受けたときに血糖値が上がるのは、かつてはそれがヒトの生存に適していたためと考えられています。
 人類の長い歴史の大半は、狩猟をしたり、猛獣に襲われ闘わなければならない危険が多い生活でした。そのような場面では、神経を張りつめ筋肉を最大限に働かせるため、エネルギー源となるブドウ糖が大量に必要です。からだは血糖値を上げるホルモンを分泌し、危険に対処します。
 また血糖値以外にも、筋肉に血液を集中させるため血圧を上げたり、怪我をした際の出血を少なくするため血液を固まりやすくしたりします。このような反応のおかげで、人類は生き残ってきたのです。
 現在では生命の危険に遭遇することはまずありませんが、逆に精神的ストレスには絶えずさらされています。ヒトのからだに組み込まれた大昔の記憶のなごりが、さまざまな現代病の誘因になっていると考えられます。


【ひとことアドバイス】 不安を感じること自体は正常なことです。
 不安は状況の変化から身を守る防御反応の現れ。強い不安が長く続くときは適切な対処が必要ですが、不安に思うこと自体を隠すのは間違いです。

====================引用終わり(強調は管理人)

くどいようですが、人間はストレスにさらされると、
血糖値が上がったり血圧が上がったりするように出来ています。
そうでなければ生物として生きてこれなかったのです。

この記事では単純にストレス=うつみたいに書いてありますが、
まあ、今の若い人は、摂食障がいなども問題になっていますよね。
摂食障がいがあれば、
血糖値の高低や肥満、痩せすぎといったリスクは避けられません。


私の父親は、糖尿病でインスリン注射や透析、そして骨折などで苦しんで亡くなりました。
母はやはり糖尿病で薬を飲んでいましたが、脳出血で、要介護5になりました。
重度の痴ほうになり老人ホームに入って、
不思議なことに糖尿病の薬、血圧の薬を飲まなくてもよくなりました。

私の親の世代は、戦争で怖い思いをし、食糧難も経験しています。
母は明らかに機能不全家庭で育ち幼児のような性格で、
不平不満を父や子どもにぶつけていました。

私の父母は食べ物の好みもおかしいです。
洋風の食べ物に対する拒否感、
ご飯と、サツマイモと、トウモロコシには、目の色が変わる、みたいな・・・
食糧難の時代の悪影響がモロに出ていたのかもしれません。


糖尿病・・・というか、糖質制限食をやっている人の性格もありますね。
引用したサイトに書いてある言葉ですが、こんな人、多いと感じます。

人の頼みを断れない/
几帳面/
仲間や組織の中心となり活躍している/
融通がきかない

これらの性格は欠点となりえます。
完璧主義は病気です。
はっきり言って柔軟性がない厄介な性格です。


糖尿病や肥満や摂食障がいの人を、差別しているのではありませんよ。
「今は、誰も体験したことのないストレス社会」 であることは間違いありませんし、
完璧を求められる時代ですから、誰だって明日は我が身です。

完璧な環境で育った人なんて存在しません。
程度の差があるだけですから、
だれでも自分自身の育ち方を検証してみる必要があります。
(だれかに「お前の親は毒親だ」と言われることでもありません)


私自身、メンタルに関して危ないと感じていた・・・
つまり自分自身の育ち方を検証してみる必要があると感じていたので、
30年も前から勉強してきました。


AC関連、
アリスミラーシリーズほとんど、
毒親関連の著書、

日本では、
昔やっていたNHKラジオの教育相談
加藤諦三さんの著書、ラジオ、
大原敬子さんマドモアゼル愛さんたちの人生相談(音声動画が聞けます)

こういうのを若い時から勉強してきて、本当に良かったと、いまさらながら思います。
スポンサーサイト

コメント

よく「糖質を摂るとキレやすくなる」とか「糖質制限して肉食をすると穏やかになる」なんて言いますが、糖質制限系の方のブログやコメントを読むと、攻撃的・ヒステリックな物言いの人、結構いますよね。カルトと変わらないよな~と感じる方もチラホラ。

お人好しで真面目な人ほどそういった事にのめり込み厳しく実践し、「こんな素晴らしい事、多くの人に知ってもらわなくては!」と正義感を燃やしてます。善意で始めたはずなのに、いつしか固執してしまい排他的になってますね。糖質制限の本より加藤諦三さんの著書を読まれたほうが良さそうです。

フードファディズムはもうこりごりです(苦笑)糖質制限を信心してた頃の自分を思い出すと恐ろしくなります…しかし、どのように食事法やカルトにはまっていってしまうのか身をもって体験できたので、勉強になり良かったのかなとは思います。今後も不安を煽るような情報に気を付けなくては…

2ヶ月半ほどバランス食と言われるようなを食事をしてますが、調子良いです。お腹いっぱい食べてたのにサイズダウンしました。

王城さんのブログを読み、今は脂質を摂りすぎないよう気を付けてます。MECとか一体なんだったんだよ…という少しやりきれない気持ちです(笑)

  • 2015/12/12 (Sat) 08:05
  • うきうきうき #6facQlv.
  • URL
No title

うきうきうきさん、

攻撃的、ヒステリックな人、
気持ち悪いほど正義感に燃えた人っていますよね。

糖質によってメンタルの状態が悪くなるというより、
メンタルが初めからおかしい人なのだろうと思ってしまいます。

>お腹いっぱい食べてたのにサイズダウンしました。

良かったですね~


ちなみに王城さんのブログは、糖尿病の治し方であって、
健康な人には当てはまらない部分もあるようですので、気を付けてくださいね。

  • 2015/12/12 (Sat) 09:38
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
必須糖質はある、と思う

初めまして。私は数年厳しい糖質制限をして体調を崩し、こちらのブログをきっかけに今摂食障害気味の脳みそを治している者です。
こちらの記事がきっかけで、牛乳や糖質を少しずつ摂れるようになりました。

糖質をある程度(一日80~100グラム)摂ったほうが体調がよく、力が出るので驚いてます。
長い間、糖質は体を蝕む毒だと信じていたので。

糖質抜きでタンパク質をたくさん摂っていた時は、すぐに貧血が起こったり、筋肉だけ減って体脂肪がなかなか減らなかったのですが、糖質を摂るようにしたら、筋肉がつきはじめて体脂肪が落ちました。

あれだけ糖質を減らして健康体を目指していたのに、なんだこれ、という感じです。
精神的にもすごく安心感があります。
ブトウ糖がある程度入ってこないと、筋肉や血を作れないんだなぁと思います。
タンパク質がエネルギーとして代用されれば、それはもうタンパク質として利用出来ないですものね。

山田悟先生の緩いロカボと、糖質制限で自律神経失調症になってしまった方のブログを参考に、糖質一日130グラムを目指しています。
人間は一日130グラムの糖質なら簡単に消費出来る(むしろ必要?)そうで、100グラムを超えるよう頑張っているのですが、まだそこまで体が受け付けません。

「山田悟先生のページ」
http://www.gentosha.jp/articles/-/3989
>細胞は一般にブドウ糖と脂肪酸という脂をエネルギーにできますが、血液中にはブドウ糖だけしか栄養にできない、 赤血球という細胞があります。
また、脳には血液脳関門という障壁があって脂肪酸が入ってこないため、脳はブドウ糖を使いたがります。赤血球と脳が1日に使うブドウ糖の量を足し算すると、大体130g程度になるのです。
つまり、1日130g程度の糖質であれば人間は体内で、特に苦労なく消費できるということになるのです。


「スーパー糖質制限に警鐘をならすブログ」
http://s.ameblo.jp/sbmri/entry-11042400362.html

そしてこの方は、一日糖質を100グラム以上摂るようになって体調が回復してきた、とあります。
山田悟先生の理論と合致しますし、これを知って気持ちが楽になりました。

130グラム摂らなきゃダメだ!ってなったらまた同じなので、緩く糖質を摂っていきたいです。

既にご周知のことかなと思いましたが、色々書いてしまいすみません。
ずっと迷い道にいた気分だったのが、ここのところ少し広い道出た開放感があり、嬉しくて色々語ってしまいました。

(記事の内容とも合ってなくてすみません)

ちなみに、牛乳だけでお通じない時は、レモンラッシーにすると自分は百発百中でした。

  • 2015/12/12 (Sat) 14:14
  • 猫背 #-
  • URL
追記です

追記です。

糖質を摂り始めて体脂肪が落ちたのは、
糖質源として果物・油のない白米おにぎりを食べていることと、タンパク質量が減って脂肪摂取量も減ったからかな、と思います。

糖質を摂ったら(単純に)体脂肪が落ちた!というわけではないです。

  • 2015/12/12 (Sat) 15:42
  • 猫背 #-
  • URL
No title

猫背さん、

コメントありがとうございます。
参考になります。

>タンパク質がエネルギーとして代用されれば、それはもうタンパク質として利用出来ないですものね。

筋肉になる前に、エネルギーとしてつかわれてしまったらそうなりますよね。


山田悟さんは見た目もさわやかそうで、楽しくなりますね。

赤血球は糖質しか使えないようですし、
脳はケトン体も使えるというのは事実なんでしょうが、
だからといって糖が必要ないとは言えません。



>レモンラッシー

おいしそうですね~。

  • 2015/12/12 (Sat) 16:59
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL
No title

こんにちは。
以前、糖質制限とmecで体調不良になってしまった事でコメントさせて頂いたものです。
こちらのブログを参考に牛乳で糖質を取ることから始め、少しずつ体調が戻ってきたのですが万全とはいえず、恐る恐るサツマイモやカボチャで糖質を増やしていき炭水化物100グラム前後でようやく体が動くようになりました。
mecの時は、炭水化物10グラム以下にしていたのに6キロもふとってしまい、筋肉から糖新生していたのか、体もぶよぶよに(涙)
体調が戻ったので久々に山に行く気になり軽めの登山に行ったのですが筋力の低下が思っていたよりもひどくショックをうけてしまいました。
mec前は何ともなかった山が本当に辛くて辛くて...
これからは軽い運動もしながら気長に筋力もつけていこうと思っています。

それから、パレオな男さんのブログに「結局、糖質は一日にどれだけ食べるのがベストなのか?」という記事があるのですが、断食している間の糖代謝について健康な被験者たちに3日間の絶食をしてもらって、グルコースがどれだけ作られるか調べた記事がのっていました。
平均の成人男性は、1日に120〜160グラム、カロリーにして480〜640kcalのグルコースが作られていることがわかった。とありました。
やはり糖尿病でないのでしたら、これくらい食べるのがいいのかもしれませんね。
もともとパニック発作や低血糖のような症状を薬を使わずに改善したくてはじめたのですが、それらには糖質制限!という思いが残り、まだご飯を食べることが怖かったりします。
なので徐々に増やして慣らして行こうと思っています。

こちらのブログに出会わなかったら、きっと体調不良のまま、糖は毒と思いこんだままだったでしょう。

皆さんのコメントもとても参考になります。

糖質制限ブームの真っただ中ですが警笛を鳴らして頂いて本当に感謝しています。
ありがとうございました。









  • 2015/12/13 (Sun) 15:24
  • みんみん #-
  • URL
No title

みんみんさん、

少しずつ体力が戻ってきているけれど、
万全とは言えないんですね。

炭水化物10グラム以下とは、頑張ってやってこられたんですね。
大変でしょうが、もうひと頑張り、お願いします。



>平均の成人男性は、1日に120〜160グラム、カロリーにして480〜640kcalのグルコースが作られていることがわかった。

やっぱりこれぐらいの糖質は摂ったほうがいいのかもしれませんね。

パレオな男さんのブログは、
自分でいろいろ工夫していらっしゃるようで素敵ですね。
それにイケメンみたいだし…(笑)
http://yuchrszk.blogspot.com/

  • 2015/12/13 (Sun) 18:13
  • フォーミディブル #Ptq.3me.
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。